2000年4月22日の南部


カレイフェチと言う事になってますが、今日は趣旨変えで、キスを釣りに行きました。
(一方、キス健さんは、カレイ狙いで境水道に行かれたとか。)

早起きできたら、実は有田川河口とかで置き竿して、キビレとかを狙ってみようかとも思っていたのですが、寝坊してしまいバツ。
御坊ICについた時点で既に10:00(^^;
煙樹ヶ浜も魅力的ではあったんですが、波が高そうだったので、パス。で結局行った所が、南部の砂浜。

約1ヶ月と少し前には、OLMがありましたが、あの時は食いが渋かったものの4月の中旬過ぎたらもうすこし上向くかともくろんで行きました。10:30頃から釣り始めますが、向かい風が結構きつく、前日の雨の影響もあり本来?釣れるはずの2〜3色をさびきますが、一向に反応がありません。手前は濁りが入っていました。ならばと言う事で、遠投に切り替えます。向かい風の為に、5色丁度が限度でした。たまたま風の弱いタイミングで、飛んだ時だけ、キスが2尾釣れました。続けようと思っていたら、隣に家族連れが入ってきて、子供が走りまわって危ないので、やる気がなくなり撤収。

昼食の後、田辺市の扇が浜に向かいます。扇が浜でテトラの間の砂浜から、第1投。いきなり根掛かり。煽ると、力糸の根元でプッツン。さっきの家族連れといい、ここといい! 元来短気の私は、プッツンしてしまい、扇が浜はそれで切り上げて、白浜に向かいました。白浜では、白良浜で一回投げてみたかったので、行って投げてみました。しかし、ここはさすがに観光地。人は多いし、水上バイクは岸から50mくらいの所を走るしで、結局釣りは出来ませんでした。

仕方なく、南部に戻って再開したのがPM3:00。
午前中よりは、風が弱くなり、隣にいた家族連れも撤収中。再開第1投でいきなり釣れたので気を良くして、打ち返します。所々海草があり、海草を釣ってしまう合間に5.5色から4.5色の間でキスが釣れてきます。約2時間で9尾と、全くもの足りない釣果でしたが、前回OLMよりは釣れました。後半、遠投練習メインでやりましたが、並継ぎ竿で初めて6色を少しだけ越えました。タラシの長さを一番手元のガイドより10cm長くしたら超えることが出来ました。
再び白浜に戻って、会社の旅行の宴会にちょっとだけ顔を出し、明日の結婚式出席に備えて早々に退散。
帰りに須磨のエサ光で、G社の竿がセールで安かったので、ジーシス33号を買ってしまいました。(^^)v


【釣行日 】2000/4/22
【時間  】10:30-11:30,15:00-17:00
【対象魚 】キス
[ポイント]和歌山県南部町
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れのちくもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]濁りあり
[タックル]シマノ プロサーフSF425BX、シマノ スーパーエアロEV
[仕掛け ]Lキャッチ30号(固定)
      道糸PE1.2号25m+0.8号、市販キス仕掛け5号5本鈎、力糸ナイロン2−12号、13m
[餌   ]イシゴカイ(野辺さんにもらった先週のOLMの残り)
[釣果  ]キス11尾(12-15cm)
[備考  ]

※今年釣ったキス・・・23尾 目標まであと477尾

(KODAK DC280J)