2000年4月29日の鳥取一文字花見カレイOLM


本日は、鳥取一文字OLM。キス健さんを御迎えにあがり、一路鳥取を目指します。
前日は公的、私的色々あって、睡眠ゼロ時間でのドライブとなってしまいました。
みなさんは、こんなことにならないように、安全運転しましょう。(^^;

さて、AM5:50頃、先乗りされたひかるさんから携帯Tel。
「渡船の時間、6時に変更になってますよ〜」
げっ!。この一言が今日の全てだったかも。取り敢えずひかるさんとご友人には、先に乗っていただき、キス健さんの御弟子さんたちと、渡船の前にたどり着いたのがAM6時半頃。
前回、前々回の釣行からして、場所がないのではと思いましたが、意外と人は少なく、良く釣れるとされる階段の両脇に入ることができました。潮が長潮だったのが、釣り人が少なかった理由でしょう。

前回釣行で、時合いは10時頃と分かっていたのですが、とにかく3本の竿を出します。今日は、ひかるさん直伝の東北、北海道系超派手仕掛けも使っています。錘も蛍光レッドに塗装して、少なくとも陸の上では目立ちまくり。

ポイントは、前回ジモティーから教えてもらった、4−50m(2色)。全ての仕掛けをそこに投入して魚信を待ちます。しかし、しばらくして巻き上げても、エサも取られておらず、前回と相変わらずのつれないそぶり。

最初に、キス健さんが手のひらクラスをゲット。先日の境水道の釣果をそのままひきずった様な19cm。しかし、ここはイシガレイが多いはずなのになぜかマコ。

続いて、鳥取時合いの10時前後にひかるさんのご友人のまっちゃん、そしてひかるさんにも同等サイズのマコ。ひかるさんのは、なんと胴付き仕掛けの足元狙いの竿に食っていました。



一方、私は相変わらずエサも取られない状態。頼みの派手しかけがむなしく輝くばかり。

しばらく釣り座を離れて、戻ってくると、ひかるさんから、私の竿に魚信が、あった事を教えてもらいました。合わせると、重い! 巻き上げると締め込み。上がってきたのが50オーバー。どうも遠投の方が、魚の気配があるので、潮目の辺り(120m)を狙ってフルキャスト。5号ナイロンを使っているので、ほぼ目一杯の距離です。

又暫く釣り座を離れ、竿を煽ると異常に重い!巻き上げにかかりますが、強烈な締め込み。ポンピングしないと巻けなくなり、やっとの思いで寄せてきて、まっちゃんに力糸を手繰って引き上げてもらいます。なんと50オーバーのタブル! 重いわけや。超派手仕掛けに食っていました。一日50オーバー3尾は新記録です!(キッパリ)

その後、キス健さんの弟子2号(Shin-chan)さんが、外向きに投げて、ガシラ、弟子1号(チェロキー)さんが、18cmくらいのキスを釣られました。


潮目の感じなどはとっても良い感じで、大物が十分期待できそうな状況に見えましたが、結局釣果はここまで。3時の船に乗りました。
私の釣ったのが「サメ」でなくて、カレイだったらな〜(T_T)

来年のリベンジを誓い、鳥取一文字を後にしたのでした。
カレイはだめだったけど、次回はキスで挽回しよう。


全員の集合写真です。(私を除く)
Shin-chan、ひかるさん、キス健さん、チェロキーさん、まっちゃん