2000年5月22日の明石海峡大橋


Nifty FFISHS MES8のククレカレイさんの発言(大橋下で40オーバーが立て続け3枚)を読んで、姫路に行くつもりが、明石海峡大橋の下になりました。

朝6:00、煙樹ヶ浜の夜釣りの為に準備して手つかずのエサに、マムシを¥1000だけ追加して、アジュール舞子駐車場に車を入れました。ここは、駐車料金が時間¥200と安めですが、長くいるとそれなりにかかります。釣りを始めて1年目に良くタチウオ狙いとアジのサビキで通いました。
さて、入ったポイントは、大橋の土台まわりのベランダの東角。今日のエサはタップリあるので、昼過ぎまではやるつもり。でも10:00頃からは、下げに入るので激流になったら舞子タワー下を攻めるつもりで最初から東角を狙っていました。
さて、朝マズメ。チロリから使いはじめます。(何を期待しとるんや!) りさるあさんに煙樹ヶ浜で習った、チロリのダンゴ付け。ですが、何にも釣れません。やっと釣れたのが、小型のサバフグ(^^; お帰りいただきます。途中から、2本針の下鈎にチロリ、上鈎にマムシを付けて投入。
8時を過ぎた辺りから、ようやくポツポツアブラメの新子が釣れだしました。土曜日に、OLMに行く前に明石の新波止でやってましたが新子が入れ食い。橋の下はそれほどではありませんでしたが、結構釣れました。全てキープ。(から揚げで丸ごといただきます)9:00頃ガシラが釣れましたが、これも新子サイズ。(^^;
10:00頃になってようやく、18cmほどのクジメ。しかも沖向きではなくタワーの下。あんまり釣れないので、来ておられるはずのククレカレイさんを探しに西に向かって釣果検査に出発。朝の内、西の方には投げ釣りらしき人が数人おられたのですが、行った頃には、二人だけ。ベラが釣れていたのを見てビックリしました。これは、さすがにこの辺りもキスのシーズンインでしょう。結局、ククレカレイさんらしき人は見当たりません。(って会った事ないのに分かるんかい(゚O゚)☆\(^^;) バキ!)

釣り座に戻って、11:00になったので、昼飯。このあたりで、相当暑くなり、集中力もなくなってきました。エサは残っていましたので、姫路に転進しようかとしてプロサーフを巻いたら、少しだけ締めこみ。手のひらちょっとのマコでした。(^o^)v
マムシとイシゴカイのミックス掛けで、投点は1色。先日購入したおニューと、キス健さんとのトレードで昨日入手したのとどっちか確認したら、おニューの方でした。40オーバーではなかったものの、まだカレイが釣れることははっきり分かったので、がぜん本気で打ち返し。しかし、その後はタワー下で24cmのクジメと、外向きで18cmのガシラを追加しただけでした。ま、3枚出たら普通40オーバーは終わりでしょう、この付近では。(^^;
来週は須磨海岸の予定です。鈎は12号で、半分キスも期待モード。

【釣行日 】2000/5/22
【時間  】6:00-14:30
【対象魚 】カレイ、アブラメ
[ポイント]明石海峡大橋下東角
[水深  ]不明(波止にしては浅い)
[気象状況]晴れときどきくもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
[仕掛け ]遊動Lキャッチ30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス8号、ハリス5号
[餌   ]マムシ、チロリ、イシゴカイ
[釣果  ]マコガレイ22cm 1尾、ガシラ 2尾、クジメ 2尾
      アブラメ新子10尾、サバフグ 1尾、ハオコゼ 多数、ウミウシ2
      ヒトデも多数、ナマコ 1
[備考  ]舞子より東はハオコゼが多い。