2000年7月1日の江井ヶ島


SDさん、ひかるさん、それに明石だこさん(INET/SD氏釣友)と、江井ヶ島一文字に行ってきました。
8:30、江井ヶ島の砂浜を出航、この時間ですでに暑い! その暑い中を、汗だくになりながらボートを漕いで一文字に到着。
江井ヶ島一文字のコンクリートは、目地の細かい白い色のコンクリート。照り返しが強烈で、始める前から既に卒倒しそうな状況。(^^;
取り敢えず、ひかるさんにカレイ実績の最も高い一文字中央に入っていただき、SDさんがその西、私がひかるさんの東に陣取りました。
「これー、仕掛けは何にします?」とひかるさんから聞かれました。「カレイ12号」と答えました。そういえば、今日の対象魚は何だっけ? (^^;
カレイの旬の話が盛り上った後で、マコガレイが釣れたらそりやぁもう嬉しいわけですが、時期的には極めて厳しい状況。恐らく、ベラ主体、ひょっとしたたらキス、ものすごくついていたらカレイ、でもたぶんテンコチ爆釣と言う、極めていい加減な何でも来い仕掛けです。(^^;
カレイ12号に対するひかるさんの「微妙なとこですねー(^^;」という答えは、今日の釣りの趣旨が何狙いか今一つはっきりしないと言う、「同感です」と言う意味だったかも。

さて、何が釣れるかワクワクしながら、第一投。満潮時間は既に過ぎていて、潮は下げに入っていました。残り2本の竿は、大潮の下げを恐れて、一文字内側に近投で投入。ひかるさんも得意の胴付き仕掛けで、足元に放り込んでおられます。

最初に私が、15cmのアイナメをゲット。新子と言うには大きく、煮付けには小さく、でも鈎は飲み込んでいるので、クーラーへ。
続いて内向きでも、同サイズ。続いて外向きで同サイズのダブル。あれー?ベラは絶対釣れるだろうと思っていたので、意外でした。ひかるさんも同サイズを釣られてましたが、ベラは釣れていない様子。

昨日の残りのタイムシを2本鈎の片方に付けていましたが、掛かるのは全てマムシの方。タイムシは、やっぱり夜釣りのエサみたいです。

結局、アイナメ、クジメ合わせて11尾の釣果でした。本来釣れるはずのベラは、ひかるさんは2匹?(赤、青)釣られてましたが、私は釣れず。アナゴとショウサイフグはリリースしました。
ひかるさん、SDさんは内向き近投で、良型(25cm級)のアイナメをゲットされてたようです。

帰りにみなさんで食事した後、山陽釣具に行き、私は昨日の夜釣りで破損した竿のトップガイドの交換、他の方も思い思いの買い物をして解散しました。

狙いははっきりしない釣りでしたが、取り敢えずおかずの確保は出来たし、みなさんと色々なお話をして、楽しい一日でした。(^^)
でも、暑かったので、グロッキー気味(^^;
夏行くのはチョット厳しい場所かも。

【釣行日 】2000/7/1
【時間  】9:00-13:00
【対象魚 】不明・・・こんなんありかよ(゚O゚)☆\(^^;) バキ!
[ポイント]明石市江井ヶ島一文字
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れときどきくもり 途中から完全に夏の空
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]濁りあり
[タックル]旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV ×2
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
[仕掛け ]遊動Lキャッチ30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス6号、ハリス4号
[餌   ]マムシ、タイムシ
[釣果  ]アイナメ、クジメ 15〜20cm 11尾
      アナゴ、ショウサイフグ各1(リリース)
[備考  ]