2000年9月9日の神鋼ケーソン
ええ話はそんなに続かない(^^ゞ


もう一回ええ目しようと、再び神鋼ケーソンに行きました。
今回は神鋼ケーソン情報をいただいた「かずさん」との釣行です。一番船は5:00出発。土曜日だから多いのかと思いましたが、客は4人。しめしめと思いつつ、釣り場に到着。
常連さんばっかりなのか、みなさん迷わず自分の決めたポイントに足早に歩いていきます。
さて、前回を反省し、まず竿3本を全てセットアップしてから、投入。魚信を待ちます。
ところが、前回と違い竿先はピクリとも動きません。夜が明けるに従って前回60m付近に出来ていた潮目が遥か沖合いにありしかも、潮が殆ど動いていないと言う事が判明。先日の開始から一時間半、息つく暇がないと言う状況がウソのようでした。魚信がないまま1時間半が経過、今日はダメかなと思い始めたその時!

竿尻があんなに跳ね上がったのを見たのは、今年の春に鳥取一文字でサメに見せてもらって以来でした。もう殆ど竿が飛ばされそうな勢い。実は密かにチヌを期待していたので、ワクワクしながら巻き上げると・・
30cm丁度のシログチでした。(T_T)
サイズが5cm足りないので、リリース。
その後小さい魚信でようやくキスをゲット。しかしその時、同行のかずさんは既に4〜5匹キスをGET。
さて、私は一匹だけキスが来た後は、シログチを2匹。最初に釣れたのより僅かに小さいサイズ。
どうも右の方が良いみたいなので、15m程移動。しかし、1匹だけキスを追加した後は、エサ取りもいない状況。
朝降った雨が完全に上がり、日が射してくるとエサがなくなりはじめます。ようやく潮も動き出し、少し気合を入れ直して魚信を待ちます。ところが、それからが大変。魚信は結構出だしたものの、全て30cm以下のシログチ。(^^;
数えてませんが完全にツヌケはしたと思います。最初の方でキープした1匹を除いて全てリリース。
帰る時間が近づいた11時頃、ようやくキスが3匹続けて来ました。24cmの良型も一匹混じり、何とかオカズ一品分はキープ。
結局かずさんは、小さいサイズ混じりながら13匹をGet。私は3倍近い差をつけられてしまいました。
やっぱり、今度から師匠と呼ばせてもらいましょう。

帰りに、山陽釣具のバーゲンで、パワーエアロを買いました。大きいクーラーも欲しかったのですが、これはそんなに安くなかったので須磨まで足を伸ばしてクーラーをゲット。あとは大物を釣るだけです。(^^ゞ
ないめんさんに諌められたので、控えめに18リットル。でもシマノのスペーザなんで、60cmまでの魚は何とか入りそう。鱸を釣ったらまたその時考えましょう。

【釣行日 】2000/9/9
【時間  】5:20-11:30
【対象魚 】キス
[ポイント]神鋼ケーソン
[水深  ]不明
[気象状況]雨のち晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]濁りあり
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Super Aero EV
[仕掛け ]遊動Lキャッチ30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス6号、ハリス3号
[餌   ]マムシ、イシゴカイ
[釣果  ]キス 21-24cm 5匹、シログチ(イシモチ)25-30cm10匹以上
      ※シログチは1匹だけキープ、残りはリリース
[備考  ]