2000年10月15日の平安浦
「善意の釣り大会」


全日本サーフ兵庫協会の「善意の釣り大会」に参加しました。釣行記というほどの釣りをしていないので、大会レポート。(^^ゞ
大会は0時から開始ですが、翌日がしんどいのでクラブメンバー5人で4時に出発。平安浦で、キス・ベラ狙い。
最初は、密かにカレイを釣ってやろうと、置き竿+マムシ+カレイ鈎12号。ところが、ものすごいフグの猛攻で仕掛けが30分で底をつくありさま。カレイは諦めて、真面目に?キス釣り開始。場所は、先週のレインボーカップで良く釣れていた川の少し北。最初から魚信はあり、順調に釣れました。12時に検量開始なので、11時に納竿しましたが、キス47尾とベラ(小さめ)を多数釣りました。今日の大会は総重量勝負で、全日本サーフ投げ釣り対象魚から、ノドクサリ(テンコチ、ガッチョ)とイシモチを除き、アジ、タコ、タチウオ、アナゴを加えると言う変則ルール。要するに、施設に寄付するので「喜ばれる魚」という趣旨です。注:関西では、イシモチは喜ばれません。ノドクサリが入ってないのは、捌く手間の問題か?
さて検量開始。早めに持って行きましたが、同行のクラブメンバーでは、鎌野氏と森本会長がそれぞれ2.4kgと2.1kgで2kgオーバー。私は1.6kgでした。ベラが対象となるので、今回は平安浦の南が有利だったようです。
さて、驚いたのは賞品の数。100位まで用意されてました。しかし、参加者も相当多くざっと見た感じで200名くらい? 1.6kgは賞品もらえるのか不安(^^;

豪華賞品の数々。2位の賞品が、ニューサーフリーダ425BX−T。一位はエアロキャストスーパーと?。画面右(写ってない)には、クーラーが並んでました。100位以内に入賞できなかった人も、「抽選」で豪華賞品がもらえます。抽選の中にも、ニューサーフリーダーがありました。
尚、この大会もオープン大会で、一般の人も参加可能です。

検量の合間に、釣れた魚や、当日釣れた大物の魚拓を取る様子を見学してました。

やっぱり気になる、「カレイ」。200人くらい釣って、10匹。ランク物(30cmオーバー)1匹とは・・・
協会長も期待外れと言っておられました。
他の魚です。キス・ベラ以外は15cm以上が提出可能。だから、チャリコがいっぱい(^^;;
キス・ベラは10cm以上が提出OK。
カレイでは、この日唯一?のランク物マコの魚拓を取る阪神サーフ藤原会長(魚拓係)。勉強になりました。釣ったランク物は、魚拓を取ってもらってから、寄付します。

[魚拓の取り方]
@魚の周囲を中心に墨を塗る(中央は塗らない)。口と尻鰭はしっかり墨を塗る。
A魚体の墨を布でポンポン叩いて、弱める。(背鰭も少し拭く)
B尻鰭の方から魚拓用紙を乗せて押さえていく。
Cタイ系の魚は背鰭を、ピンで止めて立てるときれいとのこと。

さて、表彰式。一位の人は、6kg余りの「アジ」をサビキで釣った人。2位以下も上位は「アジ」狙いの人だったようです。クラブごとアジ狙いをされたようでした。
でも、後援?が「兵庫県」なんで一位は、「兵庫県知事賞」、二位は「県会議長賞」なんです。(@_@)
私の所属する神戸投翔会では、鎌野さんが18位でした。私は・・・・

38位です。(^^ゞ
でも、賞品はダイワのリール(4000番)、シマノのパワーフィンガー、そして釣り用ゴミ袋。38位でこれなら大満足です。(^^)v
さて、もらったリールで来年アジでも釣るか。(^^;

【釣行日 】2000/10/15
【時間  】5:00-11:00
【対象魚 】キス・ベラ
[ポイント]平安浦(兵庫県洲本市)
[水深  ]不明
[気象状況]くもり(肌寒い)
[水温  ]?℃(高い)
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]がまかつ ジーシス33号、Super Aero EV
[仕掛け ]固定Lキャッチ30号
      道糸PE0.8号、がま投げキス5号7本鈎
[餌   ]イシゴカイ
[釣果  ]キス47尾、ベラ多数
[備考  ]