2000年11月18,19日
「第5回育波カレイOLM」


第5回育波カレイOLMに行ってきました。
朝6時、自宅を出発。淡路島でカレイを釣る自信が全く無い為、何処でカレイを狙うか(播磨とか二見で釣ってから行こうかな等と・・)最後の最後まで悩みましたが、せっかくなので結局淡路島に渡りました。エサは、マムシ\6,000分とイシゴカイ\500を準備。午後からは、キスも真剣に狙ってみるつもりです。
釣りを始めて3年目、淡路島カレイ狙いはこれまでに10回くらい来たでしょうか。しかし、今までの所たった2匹しかカレイを釣っていません。カレイが釣れるポイントはピンポイント、その場所を掴めない内に、エサ取りの猛攻に合い、敢無く玉砕がこれまでのパターン。狭い漁港の中での、ブッコミ釣りはしたくないと言うわがままも、釣れない理由?
さて、結局竿を出したのは交流の翼港。私が唯一カレイを釣った場所の対岸に当ります。当時は、翼港への橋がまだ掛かっていなかったので、ここにくれば以前は全く届かなかったポイントが狙えます。竿を2本出して、様子を見ますがエサが3秒持ちません。錘が底について3つ数えて巻き取っても、上がって来るのは鈎だけ。(^^;
出来るだけエサ取りの少ないところをと、探っていきますが何処に投げても殆ど変わらず。近投の竿だけがチャリコとショウサイフグを釣らせてくれました。(^^;;

江井ヶ島にイヤになるほどいる「ショウサイフグ」
フグ調理師の資格のある人に捌いてもらうと食べられます。

結局、竿2本一時間強で\1500分のマムシを消耗。たまりかねて、久留麻漁港に転進。しかし、ここではベラ系のエサ取りが多く、数投でギプアップ、早目にOLM会場に向かう事にしました。
スーパーでOLMで使う物を買った後、丁度12時頃、育波に入りました。育波では、インターネット系参加者の方々(トラネコさん、のんちさん・・・)が数名釣っておられました。私は、昨年のOLMで数枚カレイが上がった荷揚場の100mほど北のポイントで竿出し。しかし、キスとハゼは釣れるもののカレイは不発。そうこうしている内に、りさるあさん、Nobuさん、ククレカレイさん、キス健さんYASUさんなど続々と参加者が到着。マムシを半分使いきった所でキス釣りに専念します。
キスの活性は低く、超ゆっくりサビキでようやく18cmの魚信がわかりました。数も出ずトータル6匹の貧果。キスよりハゼの方が元気いっぱい。Nobuさんの釣果も徴収して、キスを天ぷら用に捌きました。

さて、今回OLMのメインである前夜祭がスタート。
詳細は・・・だれかのホームページを見て下さい。(゚O゚)☆\(^^;) バキ!
北西の季節風が強く、メチャクチャ寒かったですが、みなさんの心づくしのOLM料理と、心温まるお話の数々で寒さは・・・・やっぱり寒かった。(^^;

夜11時頃、メチャクチャ気合の入っているククレカレイさんにプッシュされて、ひかるさんに教えていただいた風裏の津名港に向かいました。釣り場だけ確認して、睡眠モード。
翌朝5時、釣りの時はいつも4時起きと言うククレカレイさんのモーニングコールでお目覚め。暖かいものなど頂いた後、戦闘開始。水深の無いところですから、船が通ると底が掻き回されます。そこに向けて投げ込みますが、竿先を揺らすのはチャリコばっかり。
しかし、夜が完全に明けた7時半頃、一番左の竿が激震。即合わせで上がってきたのは、23cmのガシラでした。

ガシラ23cm、子持ちでした。ガシラの出産って3月とちゃうかったかなー??

続いて、またまた一番左の竿が激震、かなり周期の短い振動だったので、ククレカレイさんが釣っておられたショウサイフグかな?と思って合わせてみます。グッと重く、巻いてると急に又重く。あっ、やっぱりフグか・・・
すると、フーッと軽くなりハリスを切られたか?と思ってたら、またグーッ。
えっ、ひょっとして?
水面には平らな茶色い魚体。(^^) 見た目27〜8cm。
特に気にせず抜き上げたら、12号のカレイ鈎が口に皮一枚で掛かってました。計ったら30cmジャスト。思わず、(^o^)

マコガレイ30.3cm。一瞬ショウサイフグかと思ってしまった。(^^;;

さっきのガシラと言い、釣れる魚に対して鈎が全然小さいので、慌てて全ての仕掛けをカレイ15号にチェンジ。さすがに、それまで釣れてたキスやチャリコなどが掛からなくなりましたが、小さいハゲはなぜか釣れてしまいました。
9時半頃、お腹が空いたので車まで食べる物を取りに帰り、竿を見ると一番右の中投した竿の糸が大きくフケています。
あれっ?と思って合わせると、グッと乗る重み。27cmでした。(^^)
ここまで、ククレカレイさんはマダコ、良型ベラなどをゲットされてましたが肝心のカレイはまだ。次私が3枚目を釣ったら私の横に移りますと言ってた直後、ククレカレイさんにもカレイの魚信。

ククレカレイさん、25cmをゲット。またもおニューの竿との事でした。

その後は、ハゼが釣れただけで、昼になり納竿。
帰りに、弟子2号のonitikuさんが釣ってる久留麻に寄ったら、スカリの中にカレイが4枚!
サイズも、30にほんの数mm届かないのが筆頭。(^^;;
思わず、横で竿を出したくなりかけましたが、子供から「帰って来い」コールが入り、相当後ろ髪を引かれながら淡路島を後にしたのでした。

来週は、いよいよ全サの全日本カレイ選手権大会。明石会場No1を目指してがんばります。

釣行データは、19日の分だけです。(^^ゞ

【釣行日 】2000/11/19
【時間  】6:00-11:30
【対象魚 】カレイ
[ジャンル]投げ
[ポイント]淡路島津名港
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れときどきくもり(強風)
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]濁りあり
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Super Aero EV
[仕掛け ]5本入り\298の遊動Hit天秤(気に入りました。)
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス8号、ハリス5号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ30.3cm、27cm、ガシラ23cm、キス、ハゲ、ハゼ(隣で釣ってた人に差し上げました)
[備考  ]港内も、大きな港なら今後はやります。

本日の釣果です。上のカレイは、白い面に当っていたので白っぽくなりました。