2001年3月25日の雨中の房島(鳥取県)


3/25日、日曜日。2週間前にやろうとしていた掲示板の仲間との鳥取釣行を実施しました。
集合は朝6時半、R9沿いのローソン。私は、前日に続いて実家からの出撃。妙に早く目が覚めて、5時前には到着していました。本日は途中から雨の天気予報なので今まで使ってきたボロ合羽に代わる合羽とエサを買いに、R9沿いのかめや釣具に向かいます。
買う前に店内をウロウロしていて、10本500円の格安遊動天秤を発見。一部問題はあるものの、節約委員会ニューアイテム追加です。(^^)
(詳細は節約委員会コーナーを見て下さい。)
さて、前日の結果から今日のエサは青イソメとユムシに決定して多めに仕入れ。前から考えていたレインウエアもたまたま店にあり、すかさずゲット。(^^)
カードって便利やな〜(^^;;

店を出た所で、エサを買いに入ってきた、ロンリー号に乗ったロンリーさん、しおざきさん、onitikuさん兄弟と合いました。みんな気合入ってる〜。早めにローソンに行って、食料の買出し。程なく前日の釣行でご一緒したかずさんと、前日夜入りのククレカレイさんが到着。これまたお早いお着きです。
渡船店には、前日から電話を入れていて、我々以外にポイントに入る人がいないことを確認していました。「貸切」です。(^^)
(雨の予報が分かっていながら来る人も少ないと思いますが・・・)
今日は地元鳥取の磯釣りクラブの大会があるらしく、渡船乗り場には続々と磯釣り師のみなさんが集合。磯釣りの人を渡し終わった後の3番船でポイントに向かいます。午後からのはずがちょうど船に乗るころから降り出した雨。厳しい釣りになりそうです。

さて、船に乗ること15分くらい?、本日のポイント房島に到着です。海水浴で有名な白兎海岸の沖にあり、島とは言うものの直径50mほどの平らな岩場。釣れた情報はあったものの、詳細情報まではありません。どこに入るかが運命の分かれ道。全員初めての釣り場です。釣果で明暗を分けるのは問題なので(^^;、今日は横浜方式で行きましょうと決めてました。(釣れた場所の三脚をみんなで使う)
渡船店の話ではスニーカーで行く人もいるとの事でしたが、磯場であるためすべるすべる。スパイクブーツは必帯です。何人かしりもちをついた人がいました。(しりもち+?で済んで良かった(^^;;)
今日は雨なのと、メンバーが多いので竿は4本にしました。とりあえず沖向き。

沖向きにまず3本。この後一本追加して東側で投入。

さて、最初に釣ったのはかずさん。手前まで寄せてきて「タモー、タモー」とまるで子供のようなはしゃぎ方。かずさんの自己新記録となる33cmのイシガレイでした。

かずさん自己新記録。\(^o^)/

おるやないの!と言う事で、全員気合入りまくり。慌てて2本の竿をかずさんの横に投入。荷物ごと移動して行った人もおりました。(^^)
かずさんの写真を取り終わった直後、今度はかずさんの隣で釣っていたククレカレイさんがGet。飛び上がらんばかりの喜びよう。さっきのかずさんのと同サイズ。

ククレカレイ氏、イシガレイを釣る。満面の笑み。

さぁ、次は私と気合を入れ直し、新しいエサに変えて魚信を待ちます。ところが、ジアイが終わってしまったのか、パッタリと反応が無くなってしまいます。
「今日は年の順ですよ」と言うお慰めの言葉に、気を取り直して丁寧に誘い。雨は徐々に強まり、バッグも竿ケースもビショビショ。(^^;
かずさんのお言葉とは裏腹に、又も釣ったのはかずさん。

オイオイ、2枚もかよ〜。「次、釣ったらケリが入るで〜」とみんな言うてましたね。(^^;

これを見て、釣れるポイントは殆ど一ヶ所と判断、最初に入った位置でがんばっていた人も徐々にかずさん、ククレさんの入ったポイントに寄ってきます。
そして、3人目に釣ったのが私。釣り座を離れていて、戻ってきたら大きな糸フケ。磯に道糸が引っ掛かっており、道糸を切らないように慎重に外してから軽く煽るとズシッと乗る重み。(^^)v
でも、かずさん、ククレさんのより小さ〜い。一応Aランク。(^^)

前日に続いて、ゲッチュー(^^)v

ここまで、釣れたのは全てイシガレイのランク物、恐らくここではこれが標準サイズなのでしょう。「すごい釣り場ですねー。全部30オーバー。もう完全に淡路島に行く気なくなりました。」と、ショックなご様子のonitikuさん。確かに、橋を渡る費用を考えると、ここの方が安い。
やっぱり今日は年の順? 前回境水道にみんなで行った時は、若い順でしたから、たまにはこういう日が無いとね。(^^)
釣果が明暗を分けているので、最初に予定した14時ではなく2時間延長には、みなさん即時合意。雨の降る中、ご苦労さまです。
さて、それからしばらくして、本日のクライマックス。最初の位置から少しだけ動いただけで、ずーっと粘っていたしおざきさんが、いきなり竿を大きく曲げています。彼の慌てふためいた様子から、大物であることは間違いなし。しかも超高速巻き上げ。「あかん〜、ゆっくり巻いて〜」と私を含めて見ていた3人から飛ぶ声。しかし全く聞こえている様子なし。(^^;
で、上がってきたのは実寸38.2cmの本日最長寸。「デカイ〜、デカイ〜」とハモる声。しおざきさん、満面の笑み。

釣りでは、初参加のしおざきさん。本日最長寸ゲット。見てやって下さい、この笑顔!
おめでとう!!

ビキナーズラックと言って良いでしょう。何しろ投げ釣りを始めてまだ数ヶ月。ビキナーは怖いで〜。
魚拓にすると40cmは行くかも知れない大物でした。ユムシでゲット。

納竿時間が近づき、そろそろ片付けようかとしていたら、私の竿がズシッ。(^^)v 最初のよりは少しだけ小さいものの、これまたAランク。ユムシと青イソのミックス掛けに食ってました。

2枚目ゲーット!!
30オーバーを一日に二枚も釣ったのは初めてなんです〜(*^^*)

「納竿間際のTsuchyさんは要注意やと思ってました。」とククレ氏。たまにはね。(^^ゞ 今度から、納竿間際の魔術師と名乗るか・・(゚O゚)☆\(^^;) バキ!
結局、7人でランク物ばかり6枚の釣果。雨の中がんばった成果と言って良いでしょう。実寸40オーバーは出なかったけど、次回のお楽しみ。(^^)

いよいよ帰る時間が近づき、竿を片付けていると雨に濡れたサーフリーダーが固着してしまって仕舞うことが出来ません。何とか仕舞おうとしますが、どうにもこうにも動かず。仕方ないので伸ばしたまんま帰ることに。(^^;;
ククレさんに貸してたホリデースピンも同じ状態になっており、3本の竿を仕舞い寸法2mくらいで持って帰るハメになっちゃいました。
並継ぎ3本欲しいよ〜。

【釣行日 】2001/3/25
【時間  】8:30-15:00
【対象魚 】カレイ
[ポイント]鳥取県房島
[水深  ]不明
[気象状況]一日中雨
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero FV
[仕掛け ]遊動Lキャッチ30号他
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針16号モトス7号、ハリス5号
[餌   ]青イソメ、ユムシ
[釣果  ]イシガレイ31cm、32cm 計2尾
[備考  ]

シャッターを押してもらったかずさん以外のメンバー。
又、行きましょう!

尚、当日滑って転んだ人たちだけが釣れなかったと言うジンクス?が生まれました。(^^;;