2001年4月15日の明石海峡大橋下
(まだまだ低い水温)


土曜の夜、本来は次週の大会の下見に某所に行くつもりでした。しかし、雨の予報で戦意喪失。一緒に下見に行く予定だったククレカレイさんと相談し、土曜の夜釣り下見はパスして、日曜日に最近ようやく上がりだしたと噂のマコガレイを狙いに明石海峡大橋下に行く事に。

AM4:20現地到着。コーナー部分にライトがチラチラ。やっぱりククレカレイさん。二人並んで釣り開始。
夜明け直前のひと時、シーズンインしたと噂ののっこみチヌなんかも期待してたりして。(^^;
しかし、潮はピタリと止まったまんま。何事もなく夜明けを迎えます。来週の大会、大丈夫かなー(^^;;
夜が明けてからは、ガシラ、クジメ、ガシラ・・・と結構釣れます。先日来気に入っている、青イソメの房掛けを中心にしたエサ構成。でも、今日の青イソメはイシゴカイ並の小ささでした。(^^;
で、上がって来る魚をさわると冷たい体。水温はまだまだ低いようです。こういう水温の低い時は、青イソメの方がアピールするのか、マムシの方は、そのまんまの形で上がって来るケースが多かったです。
ガシラ、クジメ合わせて5匹釣った時点で、ククレカレイ氏0匹。「ヒットの延長がホームランですよ(^^)」と余裕をかまします。
9時半頃になると、青イソメが殆どなくなり、それと同時に魚信も遠のきます。
日本海方面に向かったはずの会長にTel。賀露港赤灯台で、エサ取りもおらん状態とのさみしいお言葉。(^^;;;
その直後、同じく鳥取に行ってるかずさんから、29cmのイシガレイGETの報告。
しかし、それを最後に鳥取メンバーからの連絡は入らず。すると、日本海と相性の悪いあの二人は・・・・・・(^^;;;;;;;;;;
一方、明石海峡大橋下。潮は一瞬左に流れて、直ぐに右に流れたのが一回あっただけで、その時釣れたのは小さいクジメのみ。
この界隈、低水温の為?先日来チヌが浮いてきていたそうですが、本当に水温が低くて釣れる魚が根魚ばっか。たまたま目の前にエサが落ちて来ないと、自分から探す気合は全くない様子。
ククレカレイさんによる釣果調査の結果、このベランダでは、完全に私が竿頭と言う寂しい状態。それでも結構たくさん来ている投げ釣り師。
みなさん、「花見カレイ」が釣りたいらしいのですが、いう事を聞いてくれない海・・・・・
結局、昼を過ぎた頃に私がクジメを一匹追加しただけで、ククレカレイさんエサ切れで先に納竿・・・・してたらククレカレイさんの最後の竿に手のひら以下サイズが、ヒラヒラ・・・・。ククレカレイ氏、完全に勝利の笑顔。しかし、サイズがねー(^^;;
私は、その後も一時間半ほど続けましたが、近投の竿には魚信はあるものの潜られてしまい、取り込み出来ないのが2回ほどあっただけで、結局カレイは釣れず。
ククレカレイさんとのカレイ釣り勝負。あのサイズでは、今日はドローでしよう。(^^;;
と言うことで、通算戦績1勝(育波OLM)1敗(早場カレイOLM)2分け(年明け神鋼ケーソンと今日)かな?

【釣行日 】2001/4/15
【時間  】4:30-15:00
【対象魚 】カレイ、アイナメ
[ポイント]明石海峡大橋下
[水深  ]不明
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃(かなり低い。去年も水温上昇が遅かったがそれよりさらに2〜3週間くらい遅い気がする。)
[潮   ]中潮
[水況  ]濁りあり
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Super Aero EV
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸フロロ3号他、市販仕掛けカレイ針13号(オーナー)
[餌   ]青イソメ、マムシ
[釣果  ]ガシラ3匹、クジメ3匹(同行のククレカレイ氏:手のひら以下のマコ1匹)・・・目くそVS鼻くそ(゚O゚)☆\(^^;) バキ!
[備考  ]来週の大会、本当に夜釣りで魚来るのでしょうか?(^^;)