2001年5月1日の鳥取港赤灯台


鳥取でサメに翻弄された翌日の29日、Onitikuさんから40オーバーのイシガレイをゲットの報告。
本来、5月に入ったら地元でカレイ狙いをしようと思っていましたが、この連絡は、再び気持ちを鳥取に向かわせるに十分でした。もともと今日行くと言ってた、かずさんとククレカレイさんに連絡を取り、昨夜(4/30)のうちに鳥取入りしました。

一番船で、鳥取県賀露港の赤灯台波止に上がります。赤灯台で降りるのは、我々3人だけで貸切状態。早速思い思いのポイントに入ります。
内、外各3本づつ投入する準備を終わり、外向きの海を見ると、海面になぶらが立っています。
しかも、バシャッ、バシャッと大きな魚が海面付近の小魚を捕食している様子。鳥も一杯集まって、小魚を取っています。
最初、2本鈎仕掛けを投入しましたが、ウネリが入っていて、仕掛けが絡みます。そこで、3本目の竿は、先日の大会(夜釣り)でクラブの鎌野氏からもらった一本鈎仕掛けにし、先日の鳥取釣行の残りエサ(青イソメ)を6匹房掛けにして、投入。
内向きにも3本投入し終わり、外向きの一番左の竿を聞き合わせると、魚の手応え。巻き上げてる最中に今度は、一番右の竿に激震。
横で釣ってたククレカレイさんとお祭りでもしたかと、氏の方を見ると、座って竿先監視中。と言うことは、つまり魚信です。
最初の竿には、21cmのチャリコが食っていましたが、右の竿の激震が気になるので、チャリコはほおっておいて、右の竿を手に取ります。
ググッと言う強い引き。明らかに大物。(^^) 巻き上げて海面に浮かんだのは、スズキでした。
抜き上げようとしますが、重くて上がりそうにありません。ついに、一回言って見たかったあの台詞を言いました。
「タモー、タモー」
しかし、だれもタモの準備をしていない!!
かずさんが私のタモを組み立てて、タモ入れ成功。拓寸60.5cm、初めて釣った「スズキ」です。一本鈎の青イソメダンゴがしっかり口の奥にかかってました。\(^o^)/ 海面でバシャバシャと音を立てて、小魚を追っていたのは、スズキだったようです。
これまでの自己記録は、キスの引き釣りをしていてたまたま釣れた44cm。大幅に記録更新。

初めて、スズキを釣りました。嬉しい外道。イシガレイ50オーバーが目標でしたけど、違う50オーバーが釣れちゃった。(^^ゞ
サメやなくて良かった〜。(^^;;

サイズを測って、〆てクーラーになんとか押し込み、さっきのチャリコの竿とスズキが釣れた竿にエサを付け直して再び投入。5分くらい待って、さっきのチャリコが釣れた一番左の竿を聞き合わせると、再び重い!!
巻き上げ中にもググーッとしめ込み。海面に姿を見せたのは、良型のイシガレイ。抜き上げようかと思いましたが、もう一回言ってみたくなり、「タモー、タモー」
「えっ、まさかカレイやないでしょうね」とタモを持ってククレカレイ氏。
「カレイですよ(^^)」
「うそーっ、どないなっとんの???」
で、上がったカレイは自己記録を3mm更新する35.3cmのイシガレイでした。ここまでの経過時間が、一本目を投入してから、約30分。今日は、爆釣の予感です。

スズキに続けて、イシガレイ35.3pもゲット。調子最高!!
嬉しくて、つい舌を出してしまいました。(^^;

すわ時合いかと、打ち返すメンバー。
しかし、ウネリはだんだん強くなり、一本鈎仕掛けも完全にダンゴになって上がってきます。道糸がウネリで動かされるので、仕掛けが絡んでいる様子。(こういう場合の対処方法は・・・・・??だれか教えて下さい。)

取り合えず、ランク物2匹をゲットしたので、ウネリの無い内向きに全ての竿を投入します。狙いは、マコガレイ。
しかし、その後はだれにもなーんにも釣れない時間が過ぎていきます。
気持ちに余裕の出た私は、先日と同じく再びスプールをPEに変えて、キス狙い開始。5色くらい投げて引いて来ますが反応なし。2色を切ったところで、ブルブル。
ところが、投げた所がかなり段差のあるテトラだったため、簡単に降りる事ができません。そのまま抜き上げようとしましたが、テトラにぶつけてバラしてしまいました。
船着き場の所はテトラが無いので、そこで投げて今度はキスを一匹ゲット。しかし、いつ船が来るか分からないので、キス狙いはそこで中止。再び置き竿に集中します。

間隙を衝いて、ククレカレイ氏「デンスケさん」をゲット。この後も氏は、ウミヘビなど長物専門に狙って?はりました。(゚O゚)☆\(^^;) バキ!
かずさん、マコガレイ34pをゲット。自己新記録達成で満面の笑み。

12時頃、かずさんが34cmのマコガレイを内向きでゲット。
私もと、懸命に誘いを掛けたり、エサを点検したりと、いつになくこまめな釣りをしましたが、その後4時間でつれたのは、カレイ13号鈎に刺したマムシに食ったキス1匹のみ。
16時の船で、釣り場を後にしました。
朝の3連発が無かったら、キス3匹で終わっていたと言う、おそろしーいお話です。(^^;;

尚、帰ってからチャリコを捌いていたら、口の中になにやらうごめく白いものを発見。爪楊枝で引きずり出すと、足が8本くらい生えた白くて、丸いムシ。
あれって、タイの寄生虫??
見てしまったせいか、チャリコの塩焼きがいつもより美味しくなかったです。(^^;;
そういえば、鳥取で釣れるイシガレイの無眼側にも小さい白いムシが良くついています。瀬戸内海で釣れるマコガレイにはそんなものついてませんが、食べる分には問題ないのでしょうか? (^^;;チョットキモイ

【釣行日 】2001/5/1
【時間  】6:00-15:30
【対象魚 】カレイ、キス
[ポイント]鳥取(賀露)港赤灯台
[水深  ]不明
[気象状況]くもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通、沖向きは大きなウネリあり。
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Super Aero FV
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号、遊動Lキャッチ30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けビッグサーフ13号モトス7号、ハリス4号他
[餌   ]マムシ、青イソメ
[釣果  ]スズキ60.5cm、イシガレイ35.3cm、チャリコ21cm、キス18cm 2匹
[備考  ]

本日の釣果です。まな板からはみ出す魚を始めて釣った気が。(^^)v