2001年5月5日の神鋼ケーソン


好調の情報が入っている、神鋼ケーソンに行ってきました。
朝一番の船でケーソンに向かいます。連休とあって、家族連れも多く、たくさんの人。ケーソンに到着後、同行のククレカレイさんとかずさんは、通称「ククレカレイポイント」へ。数的には、ここが好調です。
しかし、サイズに拘りたい私は、爆死覚悟で根元付近に向かいます。昨年秋に神鋼ケーソンで唯一30オーバーの情報が入ったポイントです。「秋好調のポイントは、春も釣れる」と信じての勝負です。
開始早々、ククレカレイ氏が26cmをゲットとの連絡。ククレカレイ氏とのカレイ釣り勝負も5回を数えます。ここまでの対戦成績三勝一敗。(^^)
ここでとどめを・・・・(゚O゚)☆\(^^;) バキ!
と考えていた矢先の先制パンチ。
潮は下げの一本調子。明石周辺ではまず魚が釣れない潮です。しかし、下げ潮に乗って引っ張られて行く穂先を眺めていたら、一瞬だけペコリ。(^^)
巻き上げでいると、魚が泳いでいるのが分かります。しかも横走り。(^^;
重さと言い、横走りと言いまるで鳥取で釣れるサメのような感触でした。しかし、浮かんできたのは。ポッテリマコガレイ。(^^)
肉厚は十分回復し、ものすごく旨そう。

ものすごく肉厚なマコガレイ。久々に瀬戸内海で釣ったまともな大きさ。(^^;

サイズは、28cm。さっきのククレカレイさんのより2cm大きい。(^^) でも、目標には2cm足りない。
その後かずさんも好調にあたり出し、順調に枚数を伸ばしていきます。
しかし、サイズはもうちょっと。

さて、私はと言うとあちこちから携帯電話が頻繁に入り、電話で話しているたびに、キヒトデの餌食。潮はだいぶ緩んできていいて、3分仕掛けが止まると速攻でヒトデ。
かれこれ20匹もヒトデを釣った頃、一番右の近投していた竿が突然海中に突っ込みそうな勢いで竿尻が浮きました。
慌てて、竿尻を掴み聞き合わせると、魚がしっかり乗った感触。上がってきたのは、ジャスト40cmのセイゴでした。
(注:40を越えたらハネ?)

セイゴ40cm。青イソメの房掛けに食ってきました。鳥取以来、青イソメの房掛けファン。

さっきのカレイは2cm足りなかったけど、今度は10cm足りません。(^^;
ええ引きしてたんですがねー。
ここは、外道で色々比較的大きな魚が釣れるので外道も結構期待してましたが、今日は魚拓サイズには縁がないようです。

結局の後テンコチ1尾を追加したのみで、もう上がろうと片付けてたら、ククレカレイ氏から、2匹目ゲットの連絡。
サイズは24cmとの事で、サイズ的には私の方が大きいものの量的にやられてしまいました。(^^;

かずさんは結局4枚をゲット。3人でトータル7枚とまずまずの釣果でした。
尚、私が入ったポイント付近では投げ釣りでのカレイ確率が50%を割っていて、危うく爆死寸前でした。(^^;;

【釣行日 】2001/5/5
【時間  】5:00-11:00
【対象魚 】カレイ
[ポイント]神鋼ケーソン
[水深  ]不明
[気象状況]くもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      Pro Surf 425CX-T、Super Aero FV
      旧Surf Leader 425CX-T、Super Aero EV
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号、固定Lキャッチ30号
      道糸ナイロン5号、ビッグサーフ13号2本鈎、モトス7号、ハリス4号
[餌   ]マムシ、イシゴカイ、青イソメ
[釣果  ]マコガレイ28cm 1尾、セイゴ40cm 1尾、テンコチ 1尾
[備考  ]尚、ウキ釣りでは、チヌが一人4〜5枚。メバル、ガシラの良型などが上がっていました。