2001年8月19日の宮津湾
(神戸投翔会キス釣り班不定期活動?)


台風が来る前の8月19日、神戸投翔会キス釣り班?のみなさんで宮津湾に行きました。
私の所属する神戸投翔会には「例会」と言うのがありません。従って、みんなで釣りに行くと言うのは大会以外では非常に珍しい機会です。今回は、箱石でBBQと言う話が最初にあり、参加8名と言う盛況。
8月18日土曜日。私は仕事でしたが、夜に会長から電話。「箱石方面はどんぶり返っているらしいので・・・」
と言う事で、行き先は宮津湾に変更、BBQも荒天を予想して中止と言うことになりました。残念(>_<)
夜10時過ぎ、ようやく仕事も終わり帰宅。本来は加古川の山陽釣具にAM2:00集合だったのですが、行き先が宮津湾と言う事と遅くまで仕事だったので、私だけAM3:00に西紀SAで合流と言うことにしていただきました。
しかし、それでも自宅をAM2:00には出ないといけないので、寝る時間は無くて仕掛けを作ってから寝ないで出発。(^^;
西紀SAで合流後は、しおざきさんに横に乗ってもらってなんとか寝ないように現地まで。

最初に入った場所は、獅子。ここは道路から投げるポイントで5色ゾーンで良型が来るとのクラブきっての大物キス釣り師、F原さんのガイド。
しかし生憎3〜4色付近にブイが入っていて、誰かが釣り始めるのをみんなまってる空気。(^^;
F原さんが釣り始め、いきなり良型をゲット。おるやないのと言う事で全員ようやく道具を出し始めます。

道路脇のポイントに並んで一斉に釣る神戸投翔会の面々。
HPの掲示板でおなじみの「しおざき」さん。たった半年ですごく飛ぶようになりました。
M原副会長。別名「夜の帝王」
はっきり言って、ゴッツイ飛びます。最近のお気に入りの竿は、サーフカスタムのDX。それでピンク(7色ゾーン)をさびいてるから怖い。(@_@)
投げ方は、「イチ・バシュ」
その他の写ってなかった人、失礼こきました。(^^;;

最初のが、良型だったのでみんな期待したのですが、あとは小型ばかりとなりキス釣り本来の醍醐味を味わう為に砂浜に移動することとなりました。
最初、田井ノ浜を目指しましたが、海水浴の有料駐車場しか無かったので、栗田浜に向かいます。
栗田浜は、前日の荒れ後で相当濁りが入っており、かなり厳しい状況。
ポイントは手前と言う事でじっくりさびきますが、チャリコにフグ、それにハゲなんかも混じって中々キスが釣れません。
何とか、3匹釣ったところでやる気がなくなりさっさとダベリモード。
みなさんを残して早めにあがりかけようと川沿いのところまで来たところで、川の中にキス?らしき群れが泳いでいるのを発見。チロリをつけて幅3mくらいの川の中に仕掛けを放り込んでみます。
見えてる魚は中々釣れないものですが、ここの魚は警戒心が無いのか簡単に釣れちゃいました。
釣れた魚は15cmほどのボラの子供・・・・に私は見えたのですが、みんなは川魚の???(名前忘れた)だと言うのでたぶんそれだったのでしょう。他にマッチ箱サイズのクロダイの幼魚も釣れました。
さて、再び宮津湾に戻り、獅子の対岸を目指します。ところが、こちらは波が高くいわゆる「でんぐりかえっている」状態。全く釣れそうにないので、天橋立までバック。
天橋立の笠松側の石積み波止に各自分かれて入ります。ポイントは4色チョイと言う事ですが、ぶら下げ+固い竿+向かい風では私には厳しい条件。石積みに仕掛けが引っ掛かりそうなのも気になって、4色カツカツ。(^^;
さびいてみますが、さっそく海草に引っ掛かった感触。取り合えず巻き上げ開始しますが、海草が天秤に絡まり重いこと重いこと。
「明石でカレイ釣りしてるみたいや」なんて、会長としゃべりながらそれでもキスをポツポツ追加。
今日のノルマは15匹だったのですが、ここでようやく15匹に達したので、あとはまたダベリモード。
M原副会長とF原さんが釣ってる横に行ってみると、F原さんがまた良型を上げてました。さすが大物キス師。
私も再び釣り開始して5匹を追加しましたが、結局20cmを越えられず。うーん、こんなはずでは・・・・・
帰りに、みんなでR176沿いの温泉に寄って、楽しい一日を終了しました。もっとも、みんなか温泉に入っている間、私は車の中で爆睡だったんですが(^^;;

[後日談]
寝ないで釣りに行ってしまった為、回復に3日かかりました。HPの更新もせずに当日は爆睡。月曜日の会社も頭クラクラ。
みなさんはご無理なさいませんように。(^^;;