2001年11月18日の全日本カレイ選手権
(アジュール舞子)


待ちに待った全日本カレイ選手権大会である。
全日本カレイ選手権大会は、この日全国一斉に全日本サーフ所属の会員がカレイを狙う。全国的に好成績を収めようとすれば、東北、常磐、北陸方面に釣行する必要がある。
私は、昨年と同じく明石会場でエントリー。目指すは明石会場No.1である。
朝4時、明石の砂置き場で受付開始。昨年と同じく抽選でスタート順を決定。私のクラブは私がクジを引いて6番スタートに決定。
4:30、いよいよスタート。
目指すは昨年と全く同じポイント。但し、目指すポイントは角地であるためもしかしたら一般の釣り人が先に入っているかも知れないし、スタート順が早い人が先に入ってしまうかも知れない。角地が取れないと、明石海峡大橋下のベランダ護岸は後ろが狭い為、4m25の竿は満足に振れない。だから、万一に備えて今年はサーフリーダー405CX−Tを3本新調した。
駐車場が開くのは6時であるため、駐車場の手前で車を止める。。同じ駐車場に向かったのは実は3台であったが、私は2番目の到着。前の車は二人乗っていたため荷物を降ろすのに多少の時間を要したらしい。その間に荷物を担いで猛ダッシュ。幸い目指すポイントは空いていた。(^^)
この時期、夜明けは6時過ぎ。夜明け前の一時間が夜釣りである。ライトを付けて急いでセットアップ。
しかし、夜釣りの部で釣れたのは、チャリコとショウサイフグだけだった。

夜明けと供に、エサ取りの登場である。しかし、先週程ではなくエサが時々残る。期待出来そうである。
今回、エサ取り対策としては二つ準備した。ひとつは、エサの物量作戦。前日わざわざ尼崎まで渋滞の中半日かけてエサの確保に走った。節約委員会のページでも紹介しているサワムラ。ここのエサは質量ともに県下最高。そして何よりもエサと一緒に入れてくれるヒルイシ?の質。ここのは、とても乾燥していて、エサの水分を徐々に吸い取ってくれる。これのおかげでエサが二日目でも殆ど傷まないのである。マムシの花びら掛けが出来るのはここのエサだけだ。
もう一つは、仕掛け。実はこれまでモトスには、ナイロンラインを使ってきた。サンラインのクインター7号である。しかし、ナイロンの仕掛けは色は私好みの派手なものが選べるが、沈むのが遅い。仕掛けが沈みにくいとハゲとかフグの餌食になりそうである。そこで、今回はモトスも比重の重いフロロカーボンにすることにした。年に一度の贅沢のつもりで。そして、仕掛けは極端に地味に纏めた。少しでもフグ、ハゲの目に付かないように。又、カレイは枝鈎に食っていることが多いので、枝鈎は15号カレイ鈎とし、先鈎は12,13号とする。さて、この結果は??

朝起きて、釣りに行く前に釣れる気がする時がある。今日はそんな日だった。逆に釣れる気がしない時、たいがい釣れない。
まず、7時ごろ複雑に流れる潮の中から、沖向きでマコ24cmをゲット。続けて直ぐに、波止のベランダの延長方向に投げて、アイナメ34cm(拓寸)をゲット。アイナメの自己記録更新である。\(^o^)/

アイナメの自己新記録。34.0cm(拓寸)
「いやいや」の周期が遅かったので、巻き上げ中に何の魚かわからなかった。(^^;
50くらいのアイナメはどんなんだろう???
昨年と同じく、アジュール舞子に釣り座を構えた。実は橋の真下が一級ポイントらしいのだが、そこまで行く体力なし。(^^;;
横から見たら端の下で潮が巻いているのが確認できた。

カレイは提出可能サイズ(25cm以上)に届かないものの、久々魚拓サイズの魚ゲットでもうかなり満足した気になる。この余裕が大切なんである。
良くある話で、賭け事。お金のある時は勝ってしまう。負けたらダメな時は余計に負けてしまう。(^^;;
魚釣りもこれと同じだろうか。

周りの釣り人(かなり気合の入った道具立ての非全サ会員の投げ釣り師他)と全日本カレイ選手権の説明などしながら、ガシラを巻き上げていた時、そのおじさんが「おっ、あたってるで。たぶんカレイや!」
ガシラの処理をゆっくりしてから、巻き上げ開始。重い。
おじさん:「ほーら、やっぱりカレイやろ?」
私:「いやー、海草でしょう」と言いつつもしめ込む感触にちょっと期待。
海面に浮かんだのを見て、思わずこぼれる笑み。タモも用意していたが、先日とは180度方向転換の大鈎仕掛けを信じて抜き上げ。30cmは何とか超えているかんじ。しかも今シーズン自己最長寸。昨年も、全カレでシーズン自己最長寸を釣ることが出来たが、今年も全カレでの釣果がここまでのシーズン記録。実は本番に強いタイプなんだろうか。(^^)

さて、完全に余裕。
あちこち電話連絡して状況確認。今日は好調のようで、クラブメンバーはみんな結構釣っている。
めぐりめぐって境水道に行ったロンリーさんと話していると、竿先がブルブル。
「おっ!魚信や切るで。」
で、上がって来たのが、30.0cmの本日2匹目のポン(アイナメ)。これで、拓物3匹である。今日はどうなってるの〜。(^^)
あんまり釣れてない周囲を他所に、少なくとも今日のあそこのベランダでは完全に一人勝ちモード。
新調した竿もボウズグセも付かずにいきなり良い仕事をしてくれた。

本日新規投入。サーフリーダー405CX−T3兄弟。
今度から爆釣3兄弟と呼ぼう。(^^)
キスの時は左巻きであるが、明石で置き竿で釣る時は右巻き。海草が天秤に絡んだとき、左ではどうしても力不足。

その後も、泣きポンと最初に釣ったのと同サイズのマコカレイをゲット。カレイ3匹、ポン3匹。それに、その間にも20cmクラスのアイナメ10匹くらいと、ええガシラ。いつもこれくらい釣れたらねー。

13:00、検寸会場に向かうため、納竿とした。最後の竿に期待したが、20cmのアイナメがついていただけであった。結局エサは半分近くを余らせた。エサ取りが先週よりかなり減った感じである。

検寸会場で、検寸開始。30オーバーなら去年の実績から言って、ベスト5には入っているはず。
しかし、今日の潮と曇天でベラ系がいなかったのと、水温が少し下がったのは、カレイの釣果にはとてもよかったようで、ぞくぞくと出される30オーバー。
結局10位くらいに落ち着いたようだ。自分的にも昨年の記録に5mm不足。年々釣れるサイズが小さくなるなー。(^^;;
結局今年は、明石会場では40オーバーは出なかった。最高は、港内で釣れた37.5cm。最高記録の魚が港内チョイ投げとは投げ釣り大会としては、少々寂しい気もする。

さて、本日の作戦のまとめ。
自分としては、今日は非常に良く釣れた一日だった。少なくとも周りの人より釣ったことが嬉しい。好釣果だったのは、仕掛けとエサそれに狙いのポイントに入れたことかな? 沈みの早い仕掛けの効果の証拠に、今日は釣れたショウサイフグとハゲが一週間前の1/4だった。
しかし、気合の入った投げ釣り師65人を持ってしても、今年は明石会場から40オーバーは出なかった。もう本当に明石周辺のカレイ40オーバーは夢である。
来年は、一発遠征でもしようかな????

【釣行日 】2001/11/18
【時間  】5:00-13:00
【対象魚 】カレイ
[ポイント]アジュール舞子
[水深  ]不明
[気象状況]くもり時々晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Surf Leader405CX-T、Power Aero 6000 ×3
[仕掛け]遊動Hit天秤30号、ジェット天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けモトス7号フロロ、ハリス4号フロロ、枝鈎カレイ15号、先鈎カレイ12,13号
[餌   ]マムシ(¥6K分用意)
[釣果  ]マコガレイ31.1cm(拓寸)、24p×2匹、アイナメ34.0cm、30.0cm(拓寸)、28cm他
[備考  ]

さあーて、来週は一転ハデハデ仕掛けで、某所に出撃。地元じゃないけど、40オーバーなんとか釣るぞ〜。(^^)v