2002年4月21日の房島


だいぶ前から釣行チャンスを窺っていた、鳥取県は房島にやっとこさ釣行出来ました。
今日は、掲示板で「一緒に釣りに行きたい」とカキコして頂いた岡山のへむさん、ククレカレイさん、一三さんと4人での釣行となりました。
「雨でも行きましょう!」と早くから約束していたのが祟ったのか、前夜から降り続く雨。そういや昨年も雨でした。(^^;
しかし、昨年の経験を生かしてブーツの上から装着する簡易スパイク、竿が固着した時用の炊事用ゴム手袋、大きなゴミ袋、いつものバッグではなくボロいリュックサック、竿ケースは車に置いて竿を4本ロッドペルトで縛るなど万全の雨対策。
降水確率90%だったので、前夜一三さんから電話があったときは、止めるかどうかの確認かと思いきや、「今から出ます。」と言うメチャメチャ気合の入った声。昨年雨の房島で好調だっただけに、90%の雨確率は全く意に介さずと言う本日の面々。(^^;;
初対面のへむさんとの挨拶もそこそこに、房島に到着すると昨年のリプレーのような光景。岩に生えた細かい海草が雨に濡れ、表面はヌルヌルのツルンツルン。
しかし、準備した簡易スパイクの威力は絶大で、そういう状態でも殆ど問題なく房島の上を歩き回ることができました。これで\1,380は安い!
さて、沖向きに東から一三さん、ククレカレイさん、へむさんと釣り座を構えます。一三さんとククレカレイさんは昨年と同じポイント。へむさんは昨年しおざきさんが入ったポイント。そして私は一人陸向きに投げるポイントに入りました。
鳥取一文字では既にキスが釣れはじめているので、もしかしたら房島でもおーきなキスが・・・・と甘い期待を抱く私。取り合えずの一本は、カレイ12号に青イソメを付けて投げ込みました。
残り3本は、カレイ16号にアオイソメの房掛けと、ユムシ。こちらは当然カレイ狙い。
陸向きに遠投すると、速攻でエサがなくなります。そこで、近投にチェンジ。
しばらくして、テンコチが一匹、12号のカレイ鈎に食っていました。
しかし、その後は全然釣れない時間・・・・・
暇なので、完全にダベリモード。最近特に集中力が続きません。これが釣れない原因なんだろうなぁ(^^;
へむさんとも、少しお話。

雨の中、熱心に打ち返しを続けるへむさん。クラブ等には入っておられませんが、中々に気合の入った道具立てと釣に対する熱心さ。
まるで、「ぴよぴよさん」のような釣りをしてました。
あのペースでやれば、きっといつか大物を釣るに違いないと見ていた三人は異口同音だったのでした。

がま投げサーフツアラー、がま投げユージスとがまかつの振り出しを2本使用。

昼前、私がテンコチを追加して2匹になった以外は、大きなフグくらいしかだれも釣ってなく、昨年の春とは全く違う状況に、みんなが完全に諦めかけていた頃!

突如、一三さんが大型カレイをゲット。(@_@)(@_@)(>_<)
鳴り響く拍手。

「40超えてるわ!」
「デカイ〜(@_@)」
「あれ?、それマコとちゃうの?」
上がったのは、ジャスト40cmのマコガレイでした。房島のような周りが完全にきれいな砂の環境でマコが釣れるとは(@_@)
しかも40cm!
裏返してみても、尻尾の付け根は真っ白で、また体型的にも完全にマコガレイ。とっても肉厚でした。
他のメンバーに火がついたのは言うまでもありません。私も、一三さん、ククレカレイさんの三脚を間借りして、同じポイントに投入。
でも、上がってきたのはおおきなフグ。(>_<)
結局、へむさんがクジメをゲットしたのみで、時間切れ納竿。
今年に入ってから割りと調子よくカレイを釣ってたのですが、今日は完全ボウズに限りなく近い完敗。
一三さんは実は30オーバーのマコはこれが2枚目で、管理人はそのどちらにも立ち会ってしまいました。(^^;;
はっきり言って、私も30オーバーのマコはもうだいぶ釣ってますが、いまだ40に届かず。でも、一三さんは2匹目が40。
釣る人は釣るんですねー。と言うか、私が釣らせてる????(^^;;
しかし、お誘いしたメンバーがだれも釣れないよりはずっと幸せだろうと納得?して、ようやく雨も緩みだした房島をあとにしたのでした。

本日の主役二人の記念写真。
ところで、一緒に行きながら本日の釣行記に殆ど名前の登場してない人が一人。
カレイはおろか、クジメはおろか、テンコチはおろか、フグさえも釣れなかったその人の名は、ククレ・・・・(゚O゚)☆\(^^;) バキ!

因みに、今日の釣行記は管理人がほぼ完全ボウズに近いので、釣行データはなしです。一三さんのマコは、青イソメの房掛けに食ってました。