2002年5月6日の第一回神戸投翔会杯
(Tsuchyの個人的釣行記)


昨年秋の計画開始以来、待ちに待った第一回神戸投翔会杯である。
自分的には、カレイ釣り大会が良かったのだが、一般に分かり易くまたチャンスを広げる意味でもと言う事で、全日本サーフ投げ釣り対象魚全部での一匹長寸となった。
前日は昼寝をたっぷり取って、23時頃に受付場所に到着。朝3時からの会場設営に備える。
会場設営・受付を終了した後、5時過ぎに釣場に出発。狙いはハネである。実は、事前準備で賞品の中に5/2日の釣りでカンダイ?に持っていかれたのと同じパワーエアロ6000を発見。準優勝賞品である。何とかあれをゲットしたいものと、色々考えた末に選んだ場所は播磨新島の赤灯台。
ここは、足場が良くGWの連投疲れの体には持ってこいのリハビリ釣場。人気の釣場ではあるものの潮が速いために釣り荒れも少なく実績的にも十分である。
しかも、今回狙いのハネだけでなく、私の大好きなマコガレイも実績場。(^^)
最も人気が高いのは赤灯台の先端であるが、受付を終わってからでは入れるわけもなく、分かる人にはわかる「さくらちゃんポイント」を目指すことにする。
幸いそのポイントは空いており、強烈な北風の吹きさらしの中、近投勝負で順次3本投入。今日の仕掛けは、マコガレイの自己記録を釣った時と同じモトスが黄色の7号ナイロン、ハリスは大型に備えて5号フロロ、鈎はチョットだけカレイも期待してハヤブサカレイ鈎14号の2本鈎とした。
全長1.8mは2本鈎の一般的な投げ釣り仕掛けよりはかなり長め。チヌののっこみ期でもあり、仕掛けは長い方が有利?との思惑も。
その仕掛けに、青イソメを刺せるだけ刺して、10m付近への超近投で投入する。
準備している途中に大会参加者で、いつもHPを見ていただいていると言う、加古川のOさんに声を掛けられる。
3本投入し終わり、竿を見つめていたら最初に投入した竿のドラグがいきなりジーっと音を立て、ついで海中に突き刺さりそうな大魚信。(@_@)
あんな魚信を見たのは、鳥取でサメを釣って以来である。
先日の淡路で懲りたので、パワーエアロのドラグは緩めていたが、緩め方が少し甘かったようである。慌てて竿尻を掴み、手に取ると竿が重い。
魚信といい、エサから考えてもてっきり狙いのハネ(大型)が食ったものと思って、ドラグを締めて巻き上げ開始。
で、強烈なしめ込みで上がってきたのが・・・・・

マコガレイ33.2cm。(^^)v
昨年の全カレ以来のマコガレイ30オーバー。厚みが十分回復していて、かなり旨そう。
竿は、「爆釣3兄弟(一本水没していまは二人)」のサーフリーダー405CX-T。
当り竿と言うのがあるとすればやっぱりコイツ。(^^)

開始直後のことであった。これは、ライバルに釣った情報を入れてプレッシャーを掛けておかねば?と、あちこちTEL。聞かされたみなさん、失礼しました。(^^)
この一匹で、殆ど仕事が終わったような心境になる。(^^;
形になる魚は釣ったし、エサは余らせても仕方ないので、惜しみなくこれ以上刺さらないところまで、青イソメを付けて、再び順次投入。
一匹釣った余裕で、先端付近に散歩。先端には先ほどのOさんと、どこかで見たような?と思ったらTABUさんが入っておられた。
ひとしきりお話したり、写真を撮ったりしたあと、釣り座に戻ると3本投入した真ん中の竿の糸が大きくフケている。(^^)
連続ゲットかぁ〜?と一人ほくそえみながら、竿を手に取ると完璧に魚がついてる感触。しかも先ほどより大きな魚。(^^)
で、上がってきたのは本来の狙いの魚であるハネであった。長さは期待には少し足りない約40cm。
※デジカメ電池切れで写真は無しです。
優勝サイズは47cmくらいだろうと推定していたので、チョット不満。しかし、賞品的に欲しいのは準優勝賞品のパワーエアロである。これで何とか2位になれないかなぁ・・・・(^^;)
本日の期待の魚は2種類とも釣ってしまったし、向かい風が益々強くなり、波止が波しぶきを被るようになったのでその場所から撤収を決定。
撤収中に色々入って来る情報によれば、他にはだれもハネを釣っている情報なし。高まる期待。でも優勝賞品の並継ぎ竿じゃなくて欲しいのはパワーエアロなんやけどなぁ・・・・・(^^;)
後半は、車横付けでのんびり釣れる播磨新島の公共埠頭に移動。クラブのがっちょ名人さん、しおざきさん、それにonitikuさんやキューピーさんもここで釣っておられました。
一旦デジカメの電池を買いに走ったあと、検寸係りをやるため早上がりを考え竿2本でスタート。
ここでは、鈎をさらに大きく15号に変更して、またまた青イソメを刺せるだけ刺して投入。トラグをユルユルにして、車の中から監視。
しかし、結局それ以降ドラグが鳴ることはなく、予定より少し早めに検寸場所に向かった。その時点でも私の釣ったのよりも大きいハネが釣れている情報は無し。
続々検寸が始まるが、カンダイの37cm以外には大物は無く、だんだん高まる期待。でも、欲しいのは2位の賞品なんよねー。(^^;)
マコガレイの30.3cmを釣った人がいて、当初考えていたマコガレイだけ勝負だったらその人が2位で私が優勝。しかし、今日は全魚種対象である。
だれか、私より大きいの持ってこないかなーと思ってたら、クラブのPドランカーさんとそのご子息のルフィー君、弟君がクーラーを重そうに抱えて登場。ひよっとして?????
さすがにクラブきっての大物師である、Pドランカーファミリー、しっかりルフィー君がハネ43.6cmを釣っているでは無いか。(@_@)
これで、これ以上のものをだれも持って来なければ、私が念願の2位。一気に緊張が高まる。中学生のルフィー君に勝てなかったのはご愛嬌だが、どうしても欲しい2位・・・。(^^;;
しかし、まだ強豪の地元二見投げ釣りクラブのみなさんが一人も帰ってきていない。あかんやろなぁ・・・・。
と、思っていたら最初に帰って来られた方が、「アカンは、ウチだれもハネ釣ってないでー」
もう殆ど福音のようなお言葉。(^^)
しかし、まだ一三さんとTABUさんが帰ってきていない。ギリギリまで粘っている様子。
と、一三さんが諦め顔で検寸場に到着。
「最初にあんなん聞いてしもたら、もうあきませんわ(^^;」 ん?作戦成功か?(^^)
いよいよ12時が近づき、私の2位が秒読みに。しかし、まだTABUさんが帰って来ない。ロンリーさんが確認の電話・・・・・・
なんと検寸時間を12時からと勘違いしていたらしく、いまだ釣場にいるとのこと。TABUさんが入っていたのは、検寸場所の二見人工島ではなく、播磨新島。どう逆立ちしても、締め切り時間には間に合わない。TABUさんが釣った魚のサイズからすると7位くらいには入れたはず。残念である。
しかし、そのサイズと時間から私の2位がほぼ確定。
いよいよ表彰式。

成績発表するPドランカーさん
テーブルの上には、どうしても欲しいパワーエアロが・・・・・
ついにやりました。\(^o^)/
念願待望のどうしても欲しかった2位をゲット。
こんなこともあるんですねー。(^^)v
淡路の海に沈んだパワーエアロの代わりに、可愛がってあげましよう。(涙)
しかも、釣り大会でカップを貰ったのも初めて。最高の一日です。
おまけに、マコガレイも釣れたし。(^^)

とういう訳で、竿・リールを飛ばされると言う最悪のGWかと思われましたが、最後の一日でだいぶ挽回。
次はサーフリーダーをどこぞの大会で。(^^)

【釣行日 】2002/5/6
【時間  】5:30-7:30
【対象魚 】ハネ、カレイ
[ポイント]播磨新島赤灯台
[水深  ]不明
[気象状況]くもりのち晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針14号モトス7号、ハリス5号他
[餌   ]青イソメ
[釣果  ]セイゴ39.6cm(準優勝魚)、マコガレイ33.2cm
[備考  ]言う事なし!(^^)

ところで、釣ったマコガレイの厚みですが・・

ちっょとピントが合ってませんが、見よこの厚み!
測って見た(^^;ところ、33mmありました。煮付けで頂きましたが、最高!!(^^)