2003年2月9日の初釣り大会
(淡路交流の翼港)


本年初の大会、「初釣り大会」である。
この大会、実は今回が初参加。今までは、参加するチャンスが無かった。しばらく釣りを休んで、先週からボチボチ始動して、今回はかなりの気合である。
大会は0時スタートだが、あいにく雨天で、夜明けからの勝負にする。雨の夜釣りは冬でなくても辛いが今は冬。命あってのモノダネ。(^^;;
先週下見も兼ねて、いつもの交流の翼港に入ったが、完全ボウズ。(もっとも、横で私の釣りを見ていたククレカレイ氏によれば、全く気合不足であれでは釣れるはずが無いとの事でした。(^^;;)
大会ルールは、カレイ・アイナメを含む2匹長寸なので、時期的には大きなアイナメ(ポン)2匹で鮮やかに決めたいところである。
翼港ではアイナメを見たことが無いので、西浦方面に行くつもりだった。明石海峡大橋に差し掛かるまでは。
しかし、橋の上では強烈な西風が吹き荒れていて、とても島の西側では釣りになりそうではなかった。西風と言えば風裏のやっぱり翼港。
しかし、先週いつものポイントで完全ボウズを食らったので、今回はポイントを変更することにした。
暗い内から、セットアップ開始。潮は小潮で遠投向き。思いっきり投げる。久しぶりに気持ちが良い。
翼港の沖向きは水深27〜30mあり、この水温でも色々と期待できそう。
潮はゆーっくりとした下げ潮。これで釣れない訳が・・・・・・・・・
と思ったが、エサはそのまま上がって来る。
夜明け直後潮変わり。突如ククレカレイ氏が太〜いキスをゲット。(@_@) 今は真冬の2月。いるんですねぇー。
測るとなんと、26.5cmの立派なAランク。
で、続いて私の竿にもキス。しかし、明らかにククレカレイ氏が釣ったのより小さい。しかも良く見ると尻尾が奇形。さらに良く見ると、奇形の原因は、寄生虫だった。見た感じはタイノエそっくりなやつが、キスの尻尾の根元にしがみ付いている。
とりあえず相方はゲット。あとはアイナメ(orクジメ)かカレイを釣れば提出魚は揃う。
しかし、その後上げ潮が強烈になり、根掛かり、お祭り連発。しかも乗合の釣り船や個人の釣り船が2〜30mまで近づいて来るので、投げることもままならなくなった。
お互い相方はキープしたので、いつものポイントに移動。ここで、最低クジメをゲットして、あわよくばカンダイか大きなカレイをゲットしたいものである。
移動した第一投目、確実にクジメがゲット出来るポイントに投げ込む。予定通り20cmちょいのクジメをゲット。これで兎に角検寸はしてもらえるはず。
しかし、このサイズではさっきのキスと会わせて合計40cmちょいしか無く、これでは上位は望めない。
一発狙いで大きくエサを付けて、40cm超のカレイを期待して打ち返し。クラブメイトのしおざきさんからは既に40cm近いチヌをゲットしたとの情報。
昨年は何をやらしてもしおざきさんの一人勝ちだったので、何とか一矢報いたい。
しかし、潮の流れに乗って来るホンダワラに悪戦苦闘。巻き上げの重いこと。この時期の淡路島はこれだから嫌いである。

釣れない海を見つめて、攻略法を検討中の管理人。
背中の文字が泣いている?

って言うか、このユニフォームを見ると、普通の人は引いてしまいます。ちょっとイカツイ。(^^;

今回は不参加のM原新会長から電話が入った頃、ククレカレイ氏がタモを用意して欲しいとコール。
ガツンと入ったとのこと。で、タモを用意したら、ホンダワラの塊の下にハリスを切られた仕掛けが・・・・・・
ここでは、私も竿を飛ばされているし、ククレカレイ氏も2回竿尻が跳ね上がる魚信を見ているが、正体を突き止めるに至っていない。今回も又・・・である。たまたま掛かった仕掛けのハリスが3号と細かったのが敗因。
私も太仕掛けでそのあたりを狙ってみたが、結局それ以降魚信は無く、タイムアップ。

検寸場所には、丁度件寸開始の12時に到着。検寸の列に並ぶ。左の列で歓声が上がったので、覗いて見ると明らかに40cmを越えるアイナメ。続けてこれまた30cmを越えるアイナメ・・・・・
本来は私もああ言うのが釣りたかったのだが、結局中途半端に釣りになってしまった。残る望みはこの時期にキスを出した時の周囲の反応。
一番左の列でククレカレイ氏が先にキスを出し、周囲から歓声。私も、続いてキスを出し、ちょっとだけ驚いてもらえた。(^^)
サイズは、24cmを少し越えていて、思ったよりは大きかった。クジメも18cmくらいかと思っていたが、20cmを越えていた。
その後、並べられた賞品を見る。順位はたぷん30〜40位くらいのはず。その中ではカップ麺がダンボール箱ごとあり、34位と38位の賞品。
釣り道具関係はもらっても嬉しくないので、狙いはこのカップ麺か?

いよいよ成績発表。我々神戸投翔会からは今回は4人参加。全員検寸条件は満たしている。クラブの中ではやっぱりしおざきさんがトップ。

見事9位入賞のしおざきさん。チヌ38cmが光る。
今年もこの男は要注意!?

しかし、この賞品は・・・・・・
しおざきさん、磯釣り始めます?(^^;;
22位、ククレカレイ氏。
ランク級のキスを釣るとは、やりますな。
PE2号の糸をゲット。
そして、狙い通りに34位のカップ麺をゲット。
欲しい物は絶対手に入れるヘビの様な性格?(^^;;
タンタン麺は辛いよ〜(^^)
そして、38位(UFO)にロンリーさん。(右)
神戸投翔会は4名参加で4名とも賞品もらえました。(賞品があったのは50位くらいまで? 参加人数は見た感じ200人くらい)
今年は、ラッキー賞でなくて、ちゃんとした釣果で賞品をもらわないといけませんね。(^^;;

写真提供:しおざきさん

狙いのものは手に入ったが、さすがに一箱食べたくは無いので、ロンリーさんのUFOと少し交換してもらい、家路につきました。
来週は、いよいよフィッシングショー大阪。クジ運で勝負!(^^)v