2003年10月26日の善意の釣り大会
(全日本サーフ兵庫協会)


恒例の善意の釣り大会です。
昨年は大きなアナゴ6本が効いて、20位のキリ番ゲットでリールを頂き、又、イシモチのランクも釣ることができたラッキーな大会になりましたが、さて今年は?

0:00前、いつものように釣友ククレカレイ氏と供に、いつもの翼港に入ります。まずは、大きなアナゴ狙い。
しかし、生憎いつものポイントにはグレ狙いの人が入っていて、仕方なくいつもより南に釣り座を構えます。南に行くに従ってウミケムシの危険があるのですが、致し方無し。
最初潮は下げていました。中投でスタート。しかし狙いのアナゴが中々釣れません。やっと釣れたと思ったら翼港らしくないサイズ。
次に釣れたのは、もう一つの狙いである良型キス。しかし、ランクには遠く及ばない22.5cm。(T_T)
ククレカレイ氏は、アナゴの太いのもゲットし、総重量で大きくリードされてしまいます。
私の方は、釣っても釣っても、エンピツ級とは言わないまでも、ウインナーくらいの太さのヤツばかり。
やっと、太いのが一匹釣れて、さあこれからかと思った頃に、潮が激流になり、100%根掛かり状態。これはここまでかと、アナゴ釣りを諦めて、我々のメインテーマであるカレイ釣りの為に、津名港に転進しました。
昨年は、カレイ間違い無しと読んだ久留麻で外してしまいましたので、何とかカレイを釣たいものです。
しかし、淡路島に入ってすぐの鵜崎にあるエサ屋さんで聞いた所では、カレイはまだ本調子では無いとのこと。果たして釣れるのか??

津名港で開始した時刻には、まだ暗く、アナゴも期待できそうでした。港内なので潮は殆ど動きません。
開始直後から、チャリコの猛攻が始まりました。一息付く暇も無くあたり続けるチャリコ。そしてキビレの幼魚。
チャリコは15cmに満たなく、全てリリース。しかし、キビレは19cmあったので、キープ。これは本日の対象魚です。
善意の釣り大会は、全日本サーフ大物対象魚から、エソ、イシモチ、スズキ、カンダイ、テンコチを抜いて、アナゴ、タコ、タチウオを加えた変則ルール。キスとベラは10cm以上、その他の魚は15cm以上が提出出来る魚で、それらの総重量で競われます。
例年勝つ為には、夜釣りでどれだけアナゴを釣るかと言う、アナゴ釣り大会の様相を呈しています。(^_^;)
夜釣りのアナゴに、夜が明けてからベラとかキスを引き釣りでたくさん釣ると、かなり良い線に行けます。
しかし、今日の我々のと言うか、我々二人は、10月になるとキスを釣ってる場合ではなく、どうしてもカレイを釣らないと気が済まない状態。そこで、夜明け以降は、カレイ狙いの為、津名港を選んだ訳です。
私は、さらにここで外道として良く釣れた、タコも狙うつもりで、タコ用のテンヤも用意してきました。

それにしても激しいエサ取り。夜中はチャリコ、夜が明けるとフグ、ハゲ。たまにハゼが混じります。ハゼはもちろん対象魚なのでキープですが、いかんせん重量が軽い。マシンガン作戦しかありません。
そんな中、まずはククレカレイ氏がマコガレイ22.5cmをゲット。
しばらくして、私も同サイズをゲット。

右:ククレカレイ氏釣果
左:Tsuchy釣果

負けず嫌いですな。(^_^;)

その後は再び、エサ取りとの戦いが続きます。追加出来るのはハゼだけ。これでは埒が・・・・・・
何とかタコを釣るしか無いかと、タコテンヤで狙ってみますが、以前より底の変化が少なくなっていて、タコ壺は入ってましたが、本当にタコ居るの?と言う感じ。しばらくやりましたが、タコはゲット出来ず。
10時半を過ぎると、さすがのエサ取りたちも、食事時間終了。エサが残りはじめます。これは絶好のカレイを釣るチャンス。
ここで潮が動けば釣れるのは間違い無いところ。以前はここは高速船が発着していて、高速船の出発ごとに、水流が発生し、その時カレイが釣れていたのですが、今は船は全く運行されていないので、自然に潮が動く時を待つしかありません。
潮が僅かに動きだした頃、釣ったのは・・・・・・

ククレカレイ氏、25.5cmをゲット。

その瞬間、しおざきさんから携帯。
「ウチのクラブ、テントの設営に当っているので、11時には会場に来て欲しいとのことです・・」
ガーン・・・・・(>_<)
エサ取りはやっと減ってきて、やっと潮が動き始め、これから逆転するところやったのに〜(T_T)
と言っても、役回りはやらないといけないので、泣く泣く納竿。
最後の一匹、どうも総重量でもやられたくさいなぁ・・・・

大会本部。
釣られた魚たち。全て兵庫県下の施設に寄付です。
大会久々参加の「ミナミの帝王」さん。
見事8位。アナゴ+ベラ狙いの正攻法。
しおざきさん15位。
K野さん、17位
ククレカレイ氏42位、私46位。その差、65g。
参加人数、約250名だったので、まあまあの位置ですが、42位賞品の三脚、私が狙っていたのにぃ(T_T)(T_T)(T_T)
チャリコ、リリースしないで置いとくべきだった・・・・・・

と言う事で、来年は、是非とも大きなカレイを釣って、会場で魚拓を取ってもらいたいと思います。

【釣行日 】2003/10/26
【時間  】0:00-11:00
【対象魚 】全日本サーフ投げ釣り大物対象魚(−エソ、イシモチ、スズキ、テンコチ)(+タコ、アナゴ、タチウオ)
[ポイント]淡路島翼港・津名港
[水深  ]不明(翼港は30m以上、津名港は3〜5m)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、Super Aero EV他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス7号、ハリス4号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ22.5cm他、総重量1640g
[備考  ]

かれい杯用写真(ククレカレイ氏)


Tsuchy