2003年12月29日の境水道
(納得行かない延長戦編)


鮮やかに40UPを釣って今年を締めくくるつもりでいましたが、OLMでは完全ボウズ。どうしても納得が行かないので、一人居残って前回ククレカレイ氏と来た時目を付けていた森山のラブホ横カーブに入ることに。
OLM用に持って来たカセットコンロがあるので、スーパーで温めただけでOK系の食料を仕入れ、ポイントで夜明けまで仮眠予定。
夕食が終わった頃、ウエノさんから、「今帰るとこですけど、もう一回行くかもです。」と電話(@_@)。
なんでも、今日はどうしても帰らないといけない用事があったものの、今シーズンまだ一枚も釣っていないので納得が行かないとか。気合入ってます。(@_@)
寝る前に錘だけであちこち投げて見て、底の状態と水深を確認。良さそうです。

5時半頃目が覚め、既に到着していたウエノさんと朝メシモード。寒い冬の釣りはやっぱりコンロ持参に限ります。
暖かいものを食べて、元気100倍、戦闘開始。
このポイントは、森山郵便局よりもさらに松江側に行った西日本ドックを過ぎたあたり。ラブホテルを少し過ぎたところのカーブです。ここは潮が緩そうで、いかにもマコガレイが溜まりそうなポイント。アジュール舞子の凹み部分を彷彿とさせます。

夜明けの境水道から大山(だいせん)を望む。
日の出は、丁度大山越しになります。初日の出を釣りしながら拝むのに最適なポイントかも。(^^)

私は、凹みの内側、ウエノさんは、沖側に釣り座を取ります。
昨日は森山側はサッパリ潮が流れなかったそうですが、今日も相変わらずあまり流れません。
このポイント自体は、下げ潮が最高と思われるのですが、潮が動かないとキツイかも。ま、誘いかけまくりで何とかしましょう。
最初に釣ったのはウエノさん、執念のトンボ帰りが効き、今シーズン初物ゲット。

マコガレイ31cm。卵の状態から見ると、まだ境水道は行けそうです。あと一週間くらい。
続いて、私もゲット。27.0cm

予想通り、中型なら数が出そうです。さらに高まる期待。合間に小型アイナメもかかります。
しかし、夜明けとともに、予定が狂ってきます。ものすごいエサ取り。10月の神明間のような状況です。大量にあったと思われるアオイソメがドンドン減ります。残りエサなので、青イソメが細く、まさにエサ取りの餌食。鈎は15号なので、エサ取りの正体もわかりません。しかし、ハリスはザラザラしていないのでフグではなさそう。
これはマムシの方が良かったかも・・・・・
しかも、雨が降ってきます。(T_T)

こういう時は、車の中から竿先監視に限ります。(^_^;)
EX28さん作の巨大エサ箱に入っていたアオイソメが、瞬く間に消費。

その後、ウエノさんが24cmくらいのを一枚追加。私は、登録外サイズ2枚を追加。
昼頃には、追加分のエサもなくなり、雨も全然止まないので、おでんと雑炊を食べた後納竿としました。
今年はこれで終了???????
いえいえ、31日、出られたら再び絶好調との噂の鳥取東部に出撃します。(^^)v

【釣行日 】03/12/29
【時間  】6:00-12:30
【対象魚 】カレイ
[ポイント]境水道(美保が関町森山)
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れ後くもり時々雨
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通(濁りあり)
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、'97 Power Aero 6000他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、市販仕掛けカレイ針15号モトス7号、ハリス5号
[餌   ]アオイソメ
[釣果  ]マコガレイ27.0cm他登録外2枚
[備考  ]