2004年2月8日の初釣り大会


今年初めての大会である、初釣り大会が開催されました。
いつもの淡路交流の翼港か、小鳴門か悩んだ挙句、いつもの相方ククレカレイ氏は翼港へ、私はしおざきさんと小鳴門に向かうこととなりました。
今回の大会の審査は、全日本サーフの大物対象魚異種2匹長寸。ククレカレイ氏は去年の実績から越冬ギス+何か、私としおざきさんはスズキ+何かの作戦です。
しおざきさんと集合して自宅を夜9時半に出発。淡路島は素通りして高速道路で鳴門北ICまで走ります。そこから一般道路で小鳴門と言えばここしか知らない大塚倉庫裏に向かいます。両サイドには既に大会参加と思われる車が止まっていましたが、幸い真ん中はガラ空き。真ん中付近に車を止めて、開始時間を待ちます。
0:00、いよいよ大会スタート、場所取り行為が禁止されているので、ここから三脚や道具を出して準備にかかります。
やはり両サイドも同じ兵庫協会のメンバーだったらしく、一斉に準備開始。
私は西から三人目。私の西には、しおざきさん、その西(=西端)はなんとレインボーキャスターズの一本釣り師さんでした。
その後、私の東隣にもやや遅れて大会参加者が二人来られ、大塚倉庫裏は兵庫協会の貸切状態に。
開始30分後、数投しかしていないのに、なんと船が接岸してきます。しかも私の釣り座のまん前。(T_T)
移動を余儀なくされ、しおざきさんと一本釣り師さんの間に入れてもらいます。
一本釣り師さんにお話を聞くと、魚の活性は高い様子とのことで、開始直後に35cmくらいのセイゴ(スズキ)と20cmくらいのチヌを釣ったとのこと。素早い・・・・
一方私は、開始しばらくしてアナゴをゲット。しかし、対象じゃありません。仕掛けがぐちゃぐちゃになるので、チモトで鈎を切って、置いておいたら、ネコが飛び出して来て、持って行きました。(^_^;)
その後、私は車の中から半分ウトウトしながら竿先をボーっと見ていました。しばらくして、真ん中の竿がいきなり激振。
一気に目が覚め、車から飛び出し即座に巻き上げ開始。乗った!(^^)
上がって来たのは見た目35cmくらいのセイゴ(スズキ)。
とりあえずのキープですが、上位を狙うにはコイツの5〜60cmのが欲しいところ。再び打ち返し。
しかし、その後は竿がピクリともないまま、夜明けを迎えます。
その間、投翔会の各メンバー、一本釣り師さんのところのレインボーキャスターズのみなさんも苦戦との情報。
これは、もしかすると、相方が20cmくらいあればかなり上位が狙える可能性ありか・・・・
クジメ狙いに切り替えて場所移動するか、満潮潮止まり(9時半?)まで待つか悩みます。我々より先に一本釣り師さんが移動を決断。クジメ狙いに北淡町に向かうとのこと。

一番奥が移動を決断して撤収中の一本釣り師さん、その次が私、一番手前がしおざきさん。

少し遅れて我々も移動を決断。検寸会場まで比較的近いと思われる一宮町の郡家漁港を目指します。ここの新波止から北向きに藻場に放り込むと、1時間もあれば5〜6匹のクジメが釣れるはず・・・・・
幸い、郡家には釣り人は誰もいませんでした。
早速ジェット天秤+一本鈎仕掛けで、クジメ狙い開始。釣れれば上位間違い無し。(^^)
もう殆ど勝った気に。
しかし、先にクジメを釣ったのは、しおざきさん。夜中に小さいセイゴを釣っているので、審査提出権利がこれで揃ったことに。
一方私は、テトラ一文字の周辺を攻めますが、一回目の魚信があった時は、即合わせしたら魚が乗らず。
二回目に魚信があった時は、少し待ったら根に潜られ、結局根掛かりになってしまい、力糸ごとプッツン。
海苔の養殖船が通る度に仕掛けを急速巻上げしなければならず、結局一回は船に引っ掛けられてプッツン。
そうこうする間にも時間は刻々と過ぎ、ついにタイムアップ。
相方に15cmでもいいから、クジメがいれば。ああっ・・・・・・・・(T_T)
会場に到着すると、検寸締め切までにまだ30分くらいあります。諦めるのはまだ早い・・・・・・
しおざきさんにも励まされ、検寸会場でしおざきさんだけ下ろして、私は竿一本だけ持って、裏の佐野漁港の方向に投げて最後の希を託すことに。
某ククレカレイ氏からのヘンなチャチャ入れ?の電話は保留ボタンで無視して、ギリギリまで粘りましたが、とうとう相方を釣ることが出来ませんでした。クジメ一匹にこんなに苦しむとは・・・・
成績発表を聞いて、目か点になりました。エントリー270名で、審査表が提出できたのは僅かに39名。兵庫協会始まって以来の貧果とのこと(^_^;)
優勝者はさすがに45.7cmのチヌと25cmのアイナメを釣って堂々たる釣果でしたが、合計寸法60cm台でベスト5、合計寸法で40cmもあれば十位以内だった模様。しおざきさんが10位、クジメとガシラのロンリーさんが12位。
横で竿を並べさせてもらった一本釣り師さんは5位でした。
クジメ一匹釣っていれば、私も全サの大物釣り大会で初めて一桁台の成績だったのに・・・・・・(T_T)(T_T)(T_T)

お疑いの貴方?の為に、帰宅後十分縮んだ後で撮影。
私の目分量は、実際よりも控え目なようです。
どうしても25%くらい直ぐに増えてしまう人もいるようですが・・・・
えっ?誰かって?。境水道で「50越えてる〜」って叫んだ人がおったでしょ?(゚O゚)☆\(^^;) バキ!

これに、20cmのクジメさえあれば・・・・・・

世の中うまいこと行きません。また次の大会に向けて精進したいと思います。
尚、39位までしか審査表提出者が無かったため、用意された50位までの賞品は全てラッキー賞に回され、抽選に。
私はクラブの中で一人だけラッキー賞を戴くことが出来ました。本来47位の賞品になる予定だった、フロロ道糸とLキャッチの錘をゲット。このあたりの運はまだ衰えていないようです。(^_^;)
来週はフィッシングショーで幸運を掴みます。(キッパリ)

下は、表彰式ではがっくりして写真を撮ってなかった私に代わり、写真を撮って戴いたロンリーさんから送ってもらった写真です。

しおざきさん、10位をゲット。
「これ、私が取らせた賞品です」と指差す管理人(^_^;)
殆ど負け惜しみ・・・・・・
ロンリーさん、12位をゲット。
ガシラ+クジメでも12位。みんなほんとうに釣れなかったですね。(^_^;)
管理人は、47位ではなく、ラッキー賞の9番目です。(^_^;)
協会広報担当として、前に並ぶ「夜帝」会長。
神戸投翔会参加者スナップ。
シャッターを押したロンリーさんと役員の夜帝会長以外。

【釣行日 】2004/2/8
【時間  】0:00-9:30、10:00-11:40
【対象魚 】スズキ、アイナメ、クジメ狙い
[ポイント]徳島県鳴門市小鳴門海峡、兵庫県津名郡一宮町郡家漁港
[水深  ]不明
[気象状況]晴れときどきくもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、Daiwa Power surf 4000QD他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号、ジェット天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛け 丸貝専用チヌ7号、モトス7号、ハリス5号
[餌   ]アオイソメ、マムシ
[釣果  ]セイゴ40cm、アナゴ
[備考  ]