2004年4月18日の神鋼ケーソン


土曜日夜、苦手の夜釣り克服のため、アジュール舞子で修行。
しかし、何の反応もなく、半夜で帰宅。夜釣りはダメだったけど、明日はカレイが何とか釣りたいなぁ・・・・
翌日曜、四時に目覚ましをセットして、起床。
暫くカレイを見ていないので、なんとしても釣りたい!たとえ手のひらでも!
と言う事で、神鋼ケーソンに行ってきました。
朝4時半、渡船屋さんに行くとなぜかお店が閉まっていて、乗り場に行けとの張り紙。
乗り場に行くと、船はあって、同じようにちょっと不安な顔の釣り人が数人。
5時になっても、船長は来ません。待ってた釣り人の一人が、渡船店に電話して、一番船が6時であることが判明。
時期により、変わるのか・・・・・
いつも、5時出船の季節にしかここには来ないので、全く知りませんでした。(^_^;)
6時、いよいよ出船。
花見カレイを求めて、地元キャスターが大挙押し寄せています。
何でも、最近一人で7枚上げた人も出たそうで、いよいよ神鋼ケーソンも花見カレイシーズンのようです。
今日は、いつもは行かない外側の神鋼の裏まで船を回すとのこと。きっと釣れているのは、神鋼裏のテトラ護岸でしょう。大半の人がそこに向かう気配。
私は、先端付近のいつものポイントで下りることにしました。テトラ護岸で釣れ始めたなら、先端でも絶対に釣れるはず。
しかも先端は、カレイ以外の色々な魚種が楽しめるし。
先端付近で船を下りた投げ師は、もう一方の渡船屋さんと合わせて4人。私はその中では一番根元側に陣取りました。
取りあえず、実績の高い内向き(播磨新島向き)に3本、外向き(加古川一文字向き)に1本投入。
しばらくして外側の竿を聞き合わせると、魚がついてる感触。
久しぶりの締め込みにニンマリしつつ上がって来たのがこれ。

久しぶりのご対面。21.0cm
20cmを越えると、ポッテリ感が出てきます。

小さいですが、久々のマコに自然と笑みがこぼれます。って、一人でニタニタしてるだけで、他人から見ると単に気持ち悪いおっさんですが(^_^;)
次に、内側の竿に19cm。少しして、外側でさっきと似たようなサイズ。

三匹目は21.5cm

朝マズメでいきなり3枚とは、最近に無く好調に滑り出しですが、如何せんサイズが・・・・・
しかし、カレイボウズ状態から脱したので、このまま一気に勝ちに行く?(「だれと勝負しとんねん!」ククレカレイ氏談)必要があります。どうも外側の方がサイズ数とも良さそうなので、外側3本、内側1本に変更。
今日は松江海岸に入っているククレカレイ氏に、釣れるたびにプレッシャーを掛けようと電話。
しかし、負けず嫌いのククレカレイ氏からは、一枚目を釣った直後に私とほぼ同サイズをゲットしたとの電話、また、2枚目を釣った時には、ほぽ同時に25cmのアイナメをゲットしたとの報告。
セコイ勝負ながらも、一歩もお互い譲りません。
しかし、4枚目(17cm)を釣った頃からは、「どないなっとんねん、えらい調子ええやないか?」と目を白黒させての負け惜しみ?に近い台詞になってきます。(もちろん私の主観的意見です。(^^))
ついに5枚目をゲットし、下記の写真になりました。

これが本当の「花見ガレイ」です。
4歳の娘にこの写真を見せたら、「お花」と言ったので間違い無いでしょう。
(゚O゚)☆\(^^;) バキ!

サイズはサイズですが、5枚は秋の絶好調期でもそうそう経験できない枚数。DB登録サイズはこの内2匹しかいませんが、この際いいでしょう。(^^)
かなり余裕が出てきたので、先端付近の様子などを聞き取り調査。(おにぎりは食べてないよ!(^^)⇒ククレカレイさん)
一枚釣った人がいたものの、15cmとのこと。やはりサイズは出ていません。しかも先端付近ではどうやら私が竿頭。(^^)
その後、今度はブッコミの人が様子を聞きに私の所にやってきたので、5枚釣れたことを教えると、「どないしたら、釣れまんの?(@_@)」と聞かれたので、「いや、カクカクシカジカで・・・・」とちよっと講釈モード。(^_^;)
確かに、神鋼ケーソンには鉄則のような釣り方があり、それをした者としない者には釣果に決定的に差が出ます。
最初これが分からずに、苦労したなぁと自分を振り返りながら、教えてあげました。
その後、下の一枚を追加。

これは、20.5cmです。

これで、合計6枚です。何とかツ抜けてみたいものと、その後もこまめにエサ交換、誘いなど続けましたが、10時を過ぎるとビッタリ食いが止まりました。
その後、ウエノさんの情報とつり具山陽のK店長本人からD社の赤竿の試投会をやるとの連絡。
14時の船で上がるつもりをしていましたが、食いがピッタリ止まったので、12時で切り上げて試投会に行くことにしました。
D社の赤い竿は細身で、空気抵抗少なく振れるとのことで、今は予算的に買えませんが、気になっていた一本。
昼食を取ったあと、渡船乗り場の横の播磨新島の会場に向かいます。
会場には、D社の車と、スタッフ、それに参加者が集まって会場準備中でした。
最も気になる、405の30号を早速振らせてもらいました。
しばらくカレイ用の振り出し竿ばかり振っていて、先日久々に大塩海岸で練習したら、4回も糸を切ってしまい、みなさんが見てる前で切ったらどうしよう・・・と不安一杯。
早速、構えて振った瞬間!
「スポッ」と音はしませんでしたが、まるで聞こえたかのような感じで錘がどこかに行きました。(^_^;)
「あー、やってもた(^_^;)」
「いや、結び目が抜けただけとちゃう?」
と言う事で、スタッフ?のウエノさんが錘を結び直してくれ、再びトライ。気持ち良く7色目後半でした。(^^)

展示された赤竿とサンダウナーコンペティション。
30-405で試投中の管理人。
もう少し2番が曲がって欲しいですね。(^_^;)
投げた感じは、細身で空気抵抗が少なく、ハテラスのような変なクセもなく、扱い易い感じでした。
この後、自分の車からスピンパワーSC425CXを出して来て、比較してみましたが、明らかに赤竿の方が振ってて気持ち良いです。


注:動画から、一旦ビットマップにしたので、画像が今ひとつ不鮮明です。

その後、大量に余ったエサを持って、今度は播磨新島の赤灯台に夕マズメ勝負に向かいました。
しかし、魚信は一回だけあったものの、根に潜られてしまい、取れませんでした。恐らくカレイではなく、アイナメかガシラだったかも知れません。
16:30、風が強くなり、雲行きも怪しくなってきたので、納竿としました。


【釣行日 】2004/04/18
【時間  】6:00-11:30
【対象魚 】カレイ
[ポイント]神鋼ケーソン(加古川市)
[水深  ]不明
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、Power surf QD4000他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス7号、ハリス4号
[餌   ]マムシ、アオイソメ
[釣果  ]マコガレイ17p〜21.5cm 6枚
[備考  ]