2004年5月1日の明石港


大型連休3日目、やっと釣りに行けました。
取りあえず手始めは地元から。マダイが釣れ始めた情報がこのHPを始め色々出たのか、カレイのポイントは夜釣りの人で埋まってしまい、場所の選択に難儀。明石港周辺では一回も釣りに入ったことの無い、明石港の白灯台に入りました。
ここは、辿り着くのが結構ややこしく、来てた人は完全に地元の人ばかり。私が行ったのは既に7時前でしたが、ブッコミの人が一人いただけでした。その後直ぐに満員になりました。

タコフェリーの船道西側の白灯台
後ろに明石海峡大橋が見えます。
波止の延長方向には道糸沈めがあれば投げられそうでした。
フェリーが通るとご覧のような状況。
いいですねぇー。(^^)
対岸の赤灯台から内向きも良さそうです。

内向きの船道狙いで最初は投げてみましたが、フェリー以外の船の往来が激しく、手前は沈みテトラがあるため、道糸沈めも使えず力糸くらいまでしか投げられません。従って、外側を中心に内向きは捨て竿のつもりで一本だけ入れて、釣りました。
開始時間が遅かったのですが、丁度満潮の時間だったので、開始してすぐに外向きで一枚ゲット。
ククレカレイ氏もアジュール舞子がさっぱり反応無いとのことで移ってきました。
その後またまた外側でゲット。ククレカレイ氏も外側で一枚ゲット。
これは完全に外向きが良さそうと言う事で、全ての竿を外向きにセット。結局、10時半頃までに私が4枚、ククレカレイ氏が2枚ゲット。但しサイズは・・・・

外向き。
画面奥に、明石港一文字が見えています。二色以上は根掛かり連発。手前も根掛かり連発。いつもは、その上にカゴ網がたくさん沈められてさらに大変だそうです。この日は、ブイは殆どありませんでした。
釣っても、釣ってもこのサイズばっかり。(>_<)
それでも、メチャ嬉しそうなこの人は、根っからのカレイ好きのようです。

ククレカレイ氏が所用で引き上げたあと、食事を済ませ、体の生理的欲求(^_^;)で釣り座を離れ、ついでにエサの追加も買ってきて、釣り座に戻ると、さらに2枚ついてました。これで6枚。
夕方までやるつもりなので、もしかしてツ抜け?
戻ったあと直ぐに続けてさらに2枚追加。丁度干潮の潮変わりでした。コッパを釣り切ったら、良型が来ると信じて打ち返しますが、どうもいけません。
アイナメの新子が出てきているのと、ワカメが多いためクジメも多く、エサはそこそこ消費します。
その後夕方まで粘りましたが、それ以上の追加は出来ず、ツ抜けは無理でした。
さて、大きなカレイはどこにいるのでしょうか・・・・・・(T_T)

※4才の娘には、これも「お花」に見えたらしいです。(^^)

【釣行日 】2004/5/1
【時間  】7:00-16:30
【対象魚 】カレイ
[ポイント]明石港白灯台
[水深  ]不明(5〜6m)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000他計5セット
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス7号、ハリス4号他
[餌   ]マムシ、アオイソメ
[釣果  ]マコガレイ17〜21.5cm 計8枚
[備考  ]

他に、もう一枚20cmがいたのですが、写真取り忘れ(T_T)