2004年5月22〜23日の
島根、鳥取プチ遠征


今年初めてダイワのキス釣り大会が開催されることになり、あんまり出番の無いZ−45Cを使うのと、キス引き釣りシーズンインにもってこいと言う事で、エントリーしました。
折角行くのだから、前日は境水道で置竿で今シーズン最後のカレイ狙いでもと欲張りダブルヘッダー計画。
車の中は、置き竿の道具と、キス釣りの道具、それになぜかBBQの用意から、防寒着まで積んでて荷物室は満杯(要するにズボラして下ろして無いだけですが(^_^;))。愛車ノアの三列目シートは全く使われること無く、釣り道具置き場と化しているのでした。

■5月22日
本当は金曜日の夜から出るつもりでしたが、急遽会社関係の宴会に行く事になり、宴会の後はやっぱりしんどくて(注:私は下戸なので飲酒運転はしたくても出来ません(^_^;))土曜の朝立ちになりました。
米子には昼頃到着。弓ヶ浜の様子をチラチラ見ながら境水道に向かいます。シーズンインしてたら、竿が乱立しているはずの弓ヶ浜に、見える範囲にはキス釣り師の姿無し。どうやら、明日の大会は厳しいものになりそう。
下見釣りを少しでもしようかと思ってましたが、だれもやってないのは釣れてないと判断して、そのまま最初の計画通り境水道に向かいます。境水道では、森山岸壁に向かいましたが、一級ポイントに船が係留されていて、入ることが出来ません。
仕方なく、森山郵便局裏に向かいます。
郵便局裏は、先客ありで、釣果を聞くと釣れるのは主にキスとのこと。カレイは?の問いには、「小さいですわ」と関西弁。
横に入らせてもらうことにして、準備していると、「二枚目ゲットですわ(^^)」と見せて頂けましたが、24cmくらい。
少し離れた所で釣ってるお連れの方も同様サイズとのことで、少しがっかりしました。
なんでもこの方、GWは隠岐まで行って散々な目にあっとか。隠岐も行けば釣れると言う事ではないようです。(^_^;)
潮が満潮潮止まりとのことなので、絶好のジアイかもと、急いで準備。
2色前後に3本投入。ここではなぜかいつも水深は浅いのに手前で魚は釣れます。
三本目を出さない内に、早速大魚信。あわせると「スカッ」。
どうやらキスがたくさんいる模様。やはりカレイを狙うにはちょっと時期遅れ?
その後も魚信は頻発しますが、中々魚が乗りません。道糸を少し緩めて置いた結果、やっと乗ったのは、やはり21cmくらいのキスでした。12号のカレイ針に一杯刺したマムシを頬張って上がってきました。
しばらくして、今度は竿をひったくるような魚信。23cm。近投で全遊動仕掛けなので、物凄く大きな魚信が出ます。
針サイズをもう少しだけ小さくしてやれば、キスはたくさん釣れそうですが、翌日キス釣り大会なので、ここでキスを釣っても楽しくありません。時期的には厳しいかもですが、しつこくカレイ狙い。
その後ジアイが終わったのか、キスの魚信も出なくなりました。しかし、潮は止まったまんま。これが動けばカレイが釣れるはず。
潮が動くのをひたすら待ちますが、止まった時間が物凄く長く、退屈してきます。エサ取りもいなくなりました。
ようやく、少しだけ下げ始めたかと言うとき、またまた魚信は見てなかったですが、一本の竿を手に取ると重い!
巻き上げを開始すると、あの魚特有の締め込み。巻き上げますが、全然浮いてきません、これは間違いなく良型です。
いよいよ、魚体が見えようかというその時、巻き上げが急ブレーキ。手前の藻に入ってしまいました。
強引に引っ張り出そうと、合わせを入れた瞬間「ブチッ」。(T_T)
市販仕掛けの下針が2本とも無くなって錘だけがこっちに飛んできます。何とか避けましたが、危うく自分に当るところでした。(^_^;)
しかし、あの感触と重みは絶対にカレイだったはず。しかも40は越えていたかも(>_<)

結局その後は魚信も無く、潮は再び止まったまんまとなり、空腹になったので18:00納竿としました。
腹ごしらえと、明日のための買出しを終えて、大会準備に入ります。しおざきさんに頼んでいたチロリ入手完了の連絡を受け、安心して夢の国へ・・・

■5月23日
周囲のざわめきで起床。既に受付開始30分前でした。(^_^;)
慌てて朝食を済ませ、準備にかかります。
昨日の状況からすると、弓ヶ浜はまだシーズンインしていないか、してても北の方だけと思われるので、入るなら本部より北側かなと考えながら、受付場所に行くと、なんとエントリー番号の奇数偶数で釣り場が南北指定されるとのこと。(@_@)
私は偶数だったので、本部から北に行く事になりました。南に行った奇数の番号の人と、北に行く偶数番号の人からそれぞれ約20名が二次予選に進出する仕組みです。弓ヶ浜は広いので、釣れる場所、釣れない場所のムラが激しく、これは良い試みだと思いました。もう少し細分化してもいいくらいかも知れません。
同じクラブからの参加メンバーでは、しおざきさんとF原さんと私が大会本部よりも北に、K野氏と、それにF原さんの車で一緒にやってきたウエノさんは南に行くことになりくました。
大会本部前は竿の試投会のため空けると言う事なので、巻き爪が悪化してそんなに歩けない私の狙い目は北に行く組の一番手前端。
しかし、そう考えた人は多く、シマノの大会よりは参加人数が少なかったにも関らず、過密状況はシマノジャパンカップと同程度。
6時試合開始。キス釣り用のキャスティング練習すら今シーズンは全くやっていないので、最初は3色以下で勝負することにします。オーバーヘッドキャスティングで三色半に投入。さびいてくると、三色ゾーンでキスの魚信(^^)
追い食いさせてから上げてくると、キス4連+テンコチ。まあまあのスタートです。
しかし、三色以下のキスはそれこそ「あっ」と言う間に散ってしまい(いや、キスの数自体がすごく少なかった)あとは、たまに回ってくるキスをパラパラと拾う釣りになりました。
たまに連で来ることもありますが、殆ど一匹ペース。三色ゾーンの底がかなり波打っていて、キスの魚信と間違うような錘の挙動。
でも、確かに魚信ではなく、錘が跳ねてるだけです。
審査委員長を勤められる、全サ鳥取協会の前島協会長が回ってこられたので、聞くと釣況は芳しく無いとのこと。これはひょっとすると一回線は突破出来るかも。
後半、手前では全く魚信が無くなり、遠投勝負。
しかし、シーズン初めてのキス釣りということで、硬いニューキススペCX+は思うように曲がらず。たまに6色ゾーンに入った時だけキスを追加。しかも遠投すると、仕掛け作りで腱鞘炎になってしまった右手親指の付け根が痛んできます。
あっと言う間に9時になり一回戦は終了。早めに検量してもらった結果は、396g。途中で一匹波打ち際で外れたのがいて、あの一匹を取っていれば400g超。周囲では比較的釣っていたほうだったのですが、なんかあの一匹がボーダー臭い感じかなぁ(^_^;)といやな予感がしてきます。
検量が終了して、予選突破者の発表。最初は南側の入った人から発表されます。釣況は芳しく無かったようです。私の成績が南で出ていれば、余裕で予選通過レベル。次に北側に入った人の予選通過者発表。トップはなんと1.2kg(@_@)
これはダメか・・・・・
しかし二人目でドーンと700g台に落ちたので、もしかして?と期待してきます。しかし、400g台の人数が多くて中々下がりません。やっぱりあの波打ち際の一匹でアウチかなぁ・・・(^_^;)と思い始めた時、「15位、**さん402g」。
おっ、期待出来そう!(^^)
で、16位に私と同グラム数の西宮Tクラブの方がコールされ、ついに私が17位で呼ばれて、一回戦通過となりました。
とりあえず目標達成。(^_^;)

二回戦、釣り場は一回戦で使ったどこに入ってもいいとの発表に大きくとまどい。みんな釣果の良かった北側に入るのは間違いなさそう。過密になりそうな予感。裏をかいて南????
出発が一回戦の順位順なので、たぶん良い場所は取れそうもないなぁ・・と迷う迷う。
結局一回戦の時よりわずか北に入ったところに入りました。なんか中途半端そうな位置です。
しかし、ここはいつもシマノJCで一回戦敗退したあとに(^_^;)、クラブメンバーで2回戦の時間帯に遊んでいる付近。
ここでは10時過ぎたら、釣れるのは絶対に黄色(5色ゾーン)です。
のっけから遠投勝負・・・・のはずが、2回戦開始までの間に展示してあった赤竿を素振りした際、右手親指に激痛。腱鞘炎を悪化させてしまいました。そのせいで、4色しか飛びません。(T_T)
何とか飛ばさないとと、錘を27号のLキャッチから、トップガン30号に交換し、仕掛けも4本針までカットします。
何とか6色目に入れることが出来、予定通り5色ゾーンでブルッ。(^^)
ところが錘を交換して2投目、錘が跳ねてしまい、力糸が緩んでプッツンしてしまいました。トップガンは一個しか持ってなかったので、代わりの錘を付けますが、向かい風も若干吹き出し、どうしても6色ゾーンに入れることが出来ません。
仕掛け作りで傷めた手の為に投げられないのは、完全にキス釣り師としては失格者です。(T_T)
飛ばないなら交通事故的でもいいから手前に集中しようと、3〜2色作戦に徹しますが、キスはおろか、テンコチもフグもなんにもいない状況。結局終了10分前には、完全に諦めて納竿。一番で一匹だけ釣ったキスを検量してもらいました。24g。
かくして、私の第一回ダイワスーパーバトルカップは終了しました。
しかし、2回戦の結果発表を聞いて愕然。優勝者は南に入った人で、釣れた距離が主に2色だったとのこと。ガーン・・・・(T_T)
お楽しみ抽選会では、一回戦を勝ったしおざきさんとわたしだけがなーんにも当らず、F原さん、K野さん、ウエノさんがラッキー賞をゲット。そっちの運もそろそろ尽きてきたようです。(T_T)

さて、クラブ対抗戦に向けて今シーズン最初のキス釣りでしたが、目標とした一回戦突破はできました。
シマノJCまでには、腱鞘炎を治して、調子を上げていきたいと思います。


【釣行日 】04/05/23
【時間  】6:00-9:00、10:00-12:00
【対象魚 】キス
[ポイント]弓ヶ浜(鳥取県米子市)
[水深  ]不明
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]New Kiss Special 405CX+、Daiwa Z-45C
[仕掛け ]固定Lキャッチ27号
      道糸PE0.6号、PE力糸6号、モトス2.5号フロロ、ハリス1号ホンテロン
      がま投げキス5号、8本鈎他
[餌   ]チロリ
[釣果  ]一回戦:キス396g、2回戦:キス24g
[備考  ]