2004年6月20日の全日本キス選手権
(淡路会場でエントリー)


全日本キス選手権。完全に鬼門であり、過去一度として本賞(キス)はおろか、他魚も釣れてはいない。
今年こそは何とか検寸台に魚を持ち込みたいものである。
ひげおやじさんところのお店でエサを調達。チロリの太めを¥2Kと、ユムシを6発。
キスにユムシは全く無意味だが、キスが釣れたら、ユムシで一発大物でもとの魂胆。
相方ククレカレイ氏と、夜10時自宅を出発。
食料調達後、受付会場に行くと、今年は少し遅めに出たので、車は15番目。淡路島会場はいつも先着順スタートである。
台風が接近し、一時激しい雨の予報であるが、今日は絶対翼港と決めている。あそこでなんとしても大きなキスを釣ってみたい。
実績的には、冬でもランク物が出る実績場である。
一時半、先頭の車から順次スタート。
東浦方面に向かう車では4番手につけている。先頭集団4台のうち、翼港に入ったのは我々だけ。早速いつものポイントへ。
今日は、大潮後の中潮で、潮はかなり飛ぶことが予想されるため、竿はこの日この場所の為に用意したとも言える旧プロサーフSF425BXの3本体制。遠投有利であることが分かっているのと、根掛かりが多いのでしっかりしたタックルがどうしても欲しいところである。
先ずはキスを釣る必要があるため、針はカレイ12号でエサはチロリをハリスまでたくしあげ。まるでカレイ釣りの時のマムシのようなエサのつけ方である。いつもの砂浜引き釣りなら、針8本分が余裕で賄えるような量のエサを一本の針につけている。
これで何とか大型を・・・・
幸いにも、一投目に投げた竿にいきなりキスがついてきた。水深が30m以上あるのとナイロン道糸のため、魚信は全遊動でもかなり小さい。
しかし、その後は翼港名物のアナゴとシログチ(イシモチ)に苦しめられる。
イシモチの32cmと太〜いアナゴがダブルで来た時は、てっきりチヌかマダイの大型と勘違い。(T_T)
しかし、忘れた頃にようやくキスを追加して、ついに23cmの壁を突破したかしないかのサイズ。やっと検寸にもっていくことが出来るかも? しかし、キスは縮むため、もう少し大きいのが欲しいところである。
その後もパラパラとイシモチ、アナゴに混ざってキスをゲット。
朝7時頃から潮が強烈に左に流れ始め、釣りにならなくなった。全ての竿を上げて休憩モード。翼港では、潮が左に流れる時は根掛かり連発で、まず魚は釣れない。ここは下げ潮(右流れ)が最高である。
駐車場が開く時間になったので、じゃんけんの結果負けた私が車を移動させに。いやな予感がしていたが、やはりその間に相方は40cm級のシログチ(イシモチ)をゲット。
その後、私も完全に23cmを越えたと思われるキスをゲットしていたので、余裕で休憩モード。と言うか上潮が激烈になり、釣りにならなくなった。台風接近の影響で、翼港のベランダも波しぶきがかかるようになってきた。
9:30、安全第一と考えて納竿。
津名港フェリー乗り場で軽く腹ごしらえをしてから、佐野新島の検寸会場に向かう。
到着した時は、検寸開始まで1時間以上あったので、それまでの間佐野新島北波止で引き釣りをすることにした。
行って見ると、日曜なのにだれもいない!(@_@)
以前は佐野でキスが良くつれたが、ここ最近は釣れない情報ばかりが入って来るお寒い釣り場である。
しかし、引いてみると、意外や意外、連で上がって来る。置き竿よりも当然サイズは極小であるが、同寸の場合には匹数がものを言うので、かなり集中して引き釣り。
結局3投で16尾をゲット。内1回は8本針に7連であった。佐野も復活したようである。
検寸してもらう時、23cmあるかかなりドキドキしたが、結局23.6cm、立派に?提出サイズであった。

【釣行日 】04/06/20
【時間  】2:00-11:00
【対象魚 】キス
[ポイント]淡路交流の翼港、佐野新島
[水深  ]不明(30m以)
[気象状況]くもり時々強い雨。
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf SF425BX、Power Aero 6000(置き竿)
      G社スーパーキャスティング27号、Super Aero EV(11BB) 引き釣り
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号他
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス7号、ハリス4号
      道糸PE0.8号、PE力糸5号、モトス3号フロロ、ハリス1号ホンテロン
      オーナー キス競技用5号、8本鈎
[餌   ]チロリ
[釣果  ]キス12-23.6cm計21尾(内5匹が下の写真)
[備考  ]

ミニまな板の上に並べたキス。
淡路産のキスはこのサイズだと百貨店で一匹数百円(千円近い)とか。
でっぷり太った魚体と甘味。日本海産にはない魅力。(^^)
検寸会場風景。