2004年10月10日のアジュール舞子


前回の今シーズン初カレイ狙い釣行は、4枚プラスキスのおまけ付きで、なかなかの食卓でしたが、さてこの週末はどうするか・・・
しかし、生憎の台風で三連休初日は家でフテ寝&仕掛け作り。台風が過ぎ去るとそのまま寝付けずにAM1時前には、出撃してしまいました。(^_^;)
ひげおやじさんのところのお店で、店番しておられたT魂会のM会長と喋ってる間もどっちにしようか迷っていました。
つまり、前回好調の播磨新島にするか、ホームグランドのアジュール舞子にするか。
結局、平日ぶっこいて36cm?をククレカレイ氏が上げた(そこ、ワイのポイントや(^_^メ))アジュール舞子に行くことに。
エサは、夜釣り用にタイムシ、夜明け頃からマムシとアオイソメの体制です。
タイムシはどうせエサ取りは少なく、魚もまず来ないので、¥1K分だけ。
アジュール舞子は、先日来の台風で沖側のベランダが破壊されており、沖側には入ることができません。
仕方なく、コの字の内側で竿出し。沖側はともかく、内側では夜釣りで何か釣れるのか???
しかし、今日は何か大きいのが来そうな気がして、いつになく最初に玉網から組み立てました。
ま、アナゴが関の山でしょうと思って、エサをアナゴが一番食べなさそうなタイムシにしました。
で、順次投入して、一息ついて竿先を見ていると、最初に投入した竿に激震!。
慌てて、合わせるとぐいぐい引き込む力強い泳ぎ。この内側ではマダイではないでしょうから恐らくチヌかスズキ?
で、引き抜くと、チヌ(マチヌ)でした。

チヌは、むしろ30cm台の方が良く暴れます。なかなかのファイトを楽しませてくれました。
大して期待していなかったのに、いきなりランクのチヌが来たので、気持ちがかなり乗ってきます。相方に電話しようかと、ふと時計を見るとAM2時前。(^_^;)
さすがに電話は諦めて、続けて行こうと気合いを入れていると、突然大粒の雨。
慌ててバッグとロッドケースだけは車に撤収して、通り過ぎるのを待ちます。3時頃には完全に雨もあがりましたが、全く反応がありません。
AM4:00には、ククレカレイ氏をモーニングコールしてあげ?、「釣ったよ〜(^^)」
ま先日の彼の平日の出勤前釣果報告電話よりはずーっとマシでしょう。釣りに行くのにモーニングコールしてあげたんやし。(^^)

さて、夜明け前頃から徐々に仕掛けとエサをカレイ用に変えて行きます。昨年ここで釣ったカレイは、夜明け前に来たので油断は出来ません。
しかし、完全に夜が明け、6時半になっても竿先はピクリともしません。
出撃前に私の釣り座を覗きに来て、「この前36のん釣ったんは、そことちゃーうよー(^^)」とポイントは教えてくれずに、播磨方面に向かったククレカレイ氏に電話を入れてみます。
ククレカレイ氏:「アカン、外したかも知れヘン〜(>_<)。エサ取りも何にもおらへんわ」
Tsuchy:「こっちも一緒ですわ。台風のせいやろか?」
てな調子で、マシンガン釣法を覚悟してきたのに、エサが比較的残り、生体反応もなく、いやーな感じです。こういう時は、ようやく釣れたらゴンズイだったと言う様なパターンかも。
しかし、電話を切った直後、一番遠投した竿に針を2本とも頬張って待望のカレイがついてきました。26cm。
とりあえず、ククレカレイ氏に電話を入れてプレッシャーを掛けておきます。
確認したところ、先日ククレカレイ氏が釣ったポイントに近いほうの竿でした。
ククレカレイ氏はついに移動を決断した様子。しかし、三連休の中日、今から入れる釣り場はかなり厳しいものが・・・
「カレイ釣り勝負は先手必勝」とククレカレイ氏自身がいつも言ってるので、少なくとも精神的にはかなりリードしたはず。(^^)
そして、問題の瞬間はやってきました。
いよいよ潮が動き出したのです。

上は、今日の明石周辺の潮の状況です。アジュール舞子は神戸市ですが、明石の方がイメージが近いので、いつも明石で見ています。最初にチヌが釣れたのは、AM1:30頃で、潮位差は無いものの一応潮変わりの時間帯だったわけです。
で、カレイの釣れる方程式、即ち満潮から潮が動き始める瞬間。上のグラフでは、AM7時頃からかなりの速度で下げるはず。
黄金の時間帯です。
他の竿は潮に合わせて動き出したのに、一本だけ止まっています。竿を手に取ると、重い!
合わせると、何かが乗った感じ。しかし、ここは石付きのワカメというような事もしばしばあるので、早トチリはいけません。
たぶん誰かさんならこの段階で既に「タ、タモ用意してくれるか!」と言ってるでしょう(^_^;)
徐々に手前に寄せてきます。すると一回軽くなり、次はグイグイ下に潜る力強い泳ぎ。これは完璧にカレイです、しかも良型間違い無し!(^^)
で、やっと魚体が浮いて、魚を見た瞬間から心臓がバクバク状態に。上から見ると、40以上ありそうです。(@_@)
2年も続けて、同じような時期に同じようなサイズを同じアジュール舞子で釣るとは、自分でも驚き。しかも、このあたりではあんまり釣れない良型!ちょっと信じられません。
これは、自分的には、
10月10日は「カレイの日」と命名したい心境です。(マジで)
ここでようやく隣の夫婦に、「すいません、タモ取ってもらえませんか?」とお願いし、自分で入れようとしましたが、柄が長すぎてうまく入れられません。良く考えたら、淡路島で壊れたヤツの替わりに買った網のデビュー戦です。前回と同じく鳥取一文字に合わせた長さ。瀬戸内海では長すぎです。(^_^;)
「入れよか?」との横の夫婦のご主人のお言葉に甘えて、網入れしてもらいました。かなりのベテランそうに見えたのですが、やはり慣れておられたのか、一発でランディング成功。(^^)
実寸で39は越えています。上からメジャーを沿わせるとBランクの魚拓は取れそうです。\(^o^)/
もうこれで、今シーズンの仕事の半分は終わったような気に・・・(^_^;)
後は、魚が縮まない内に魚拓を取らないと・・・・
今日のマムシはとても太かったですが、残しても仕方ないので惜しみなく長めに付けて打ち返しますが、9時頃からは、完全にエサが残る状況に。いつもの年なら、錘が着底してから一分は持たないと言う強烈なエサ取りの巣窟(特にコの字の内側)ですが、台風の影響なのかエサ取りがあんまりいません。先日の播磨新島でもエサを半分以上捨てました。播磨新島は、北水路を除くともともとあまりエサ取りはいませんので、先日の釣りではこんなものかと思ってましたが、やはりアジュール舞子でも今年はエサ取りが少ない様子。先日の平日釣行のククレカレイさんも同じことを言ってました。
そして、今年釣ったカレイの特徴として、胃の中が殆ど空っぽと言う共通項があるような?。
台風でエサがどこかに行ってしまってエサ不足?
何れにしても、今年はカレイは当たり年かも知れません。
その後、釣り場めぐりをされてきた、Rキャスターズの人と話込んでいる間に10時近くに。その間も竿先はピクリともせず、誘いを掛けてみても、エサはまだ残っている感触。
結局、その後は何の生体反応もなくなり、まるで日本海のカレイ釣りみたいと思いながら、納竿。
急いで自宅に戻って、魚拓に挑戦。

見事、40.5cmの魚拓を取ることができました。\(^o^)/
三年連続、アジュール舞子でこのサイズ(Bランク)を釣る事が出来、神様に感謝です。
(特に支持宗教団体はないのですが・・(^_^;))

■アジュール舞子注意事項
現在、沖側ベランダは台風の高潮で手すりがグニャグニャに曲がってしまい、立ち入り禁止です。従って釣り場はコの字の内側に限定されますが、非常識にも横から投げ釣りをする人もいたり、家族連れが非常に多く超過密状態です。トラブルになる覚悟で行かないと行けません。(昨年は殴り合い?のケンカも発生。警察も登場)
平日釣行がお勧めですが、コの字中は釣り荒れも早いので、上のサイズが何匹もはいないと思います。(^_^;)
ま、明石周辺では、上のサイズは毎年各ポイント一枚くらいなので、まだ40オーバーの情報の無い釣り場を目指した方が無難と思います。

【釣行日 】2004年10月10日
【時間  】1:30-10:00
【対象魚 】カレイ
[ポイント]アジュール舞子
[水深  ]不明(5〜6M以上はありそう)
[気象状況]雨のちくもりのち晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]やや水潮気味
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、Super Aero EV他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号(ハヤブサ)、モトス7号(シーガー)、ハリス4号(トヨフロンLハード)
[餌   ]タイムシ、マムシ、アオイソメ
[釣果  ]マコガレイ40.5cm(拓寸)、チヌ35.0cm(拓寸)、マコガレイ26cm
[備考  ]