2004年10月11日の播磨新島


昨日の興奮さめやらぬ10月11日、さすがに通しに近い釣りの翌日で9時前に起床。
携帯の着信履歴を確認するも、履歴なし。出てないのか?と思って、釣友ククレカレイ氏に電話。
Tsuchy:「出てませんの?」
ククレカレイ氏:「出てるに決まってるやないか!ワシからカレイ釣り取ったら何が残るんや?(^○^)」
Tsuchy:「それで何処ですの?」
ククレカレイ氏:「アジュール舞子や、1時からやっとるんやで。もう悔しーて悔しーて(^_^メ)」
Tsuchy:「で、釣果の方は?(^o^)」
ククレカレイ氏:「大したことないの一枚だけやわい(^_^メ)」
Tsuchy:「それで何センチ?」
ククレカレイ氏:「フン、言わへん(-_-メ)」
と、こちらも昨日の興奮?を引きずったままのようです。(^_^;)

ひげおやじさんとこのお店に行くと・・・
ひげおやじさん:「でかいの釣ったらしいやないの〜(^^)」
Tsuchy:「そうでんねん、今シーズンの仕事半分終わりましたわ(^^)」
ひげおやじさん:「相方さん、えらいはよう出て行ったでぇ〜。悔しい言うーて。あの人興奮したらほんまに声裏返るねぇ(^_^;)」
Tsuchy:「そうでっしゃろ?(^_^;)」

続いて、つり具S陽に寄って、注文していたキス用クーラーの魚投入口フタを引き取り、ついでにパワーサーフ4000を追加購入してから播磨新島に向かいます。昼までで帰る人もいるので、釣り場はそろそろ空き始めるはず。
新マイポイントに行ってみると、空いてました。\(^o^)/
早速4本準備。
しばらくして、一番左の竿を煽ると、底で魚が跳ねる感触。
「あっ、来た(^^)」とつぶやいて、巻き上げると23cmくらいのマコガレイ。
続いてまた暫くして、今度は左から2本目の竿を合わせるとこれまた魚の感触。巻き上げるとサイズアップして25〜6cm。
そうこうする内、アジュールで外したククレカレイ氏が登場。横で竿を並べます。
ククレカレイ氏とウダウダモードで竿先を殆ど見ていませんでしたが、ククレカレイ氏が来てから、またまた25cmくらいのをゲット。そして、こんどは一番右の竿で本日最長寸の29cmをゲット。
その後、ハネ45cmも来ましたが、迷わずリリース。キスも先日よりサイズアップして、23cm3尾と型揃いだったので、もう食べきれません。(^^)


その間のククレカレイ氏との会話は、本日は省略しますが、そらエゲツない口撃合戦が・・・・
えっ、相方の釣果?今日は書かないでおきましょう。(^_^;)

二人の漫才?が生で聞きたい方、もしおられたらメール頂いたら時間が合えば勝負させて頂きます。(^^)

【釣行日 】2004/10/11
【時間  】11:00-17:00
【対象魚 】カレイ、キス
[ポイント]播磨新島
[水深  ]不明(6〜7mくらいはありそう。)
[気象状況]晴れときどきくもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 10000他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス7号、ハリス4号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ23〜29cm4尾、キス23cm3尾、ハネ45cm(リリース)、カワハギ他
[備考  ]エサ取りが少なく、¥3k分のマムシを半分くらい捨てました。