私の足、トヨタ ノア


2005年3月26日追記
WサーフK山さんと、ある時電話していると、「車の吸気効率を上げるパーツがありましてね。簡単に自作出来そうだったから作ったら中々良かったので、同じはずですから、作りましょうか?」とのお話。「是非お願いします(^^)」とお願いしていたら、わざわざ自宅まで取り付けに来て頂いてしまいました。m(_ _)m
パーツは、エアクリーナーの後に付けて、空気に渦巻きを生じさせ、吸気効率を挙げるもので、車のパーツショップでは一万円以上するとのこと。
しかし、SUS304の薄板の加工品なので、直ぐに作れるとのことでした。

組み込まれるパーツは、こんな大きさ・形のものです。
組み込み作業中のWサーフK山さん。
エアクリーナーを取り外し中。
組み込まれたパーツ。
売ってるパーツは、コリオリ力*1に反して、右回りのスクリューになっているとのことで、この組み込まれたパーツは、左回りに直してあるとのことでした。

*1コリオリ力(こりおりりょく)
北半球では、台風は必ず半時計回りの渦、お風呂の排水なども必ず半時計回りの渦を作ります。

組み込み後、二人で走行テスト。K山さんのBOXYでは、3000回転での息つきが無くなったとのことですが、私のノアでもストレスなく吹き上がるようになりました。(^^)
ん?、ここって釣りのHPでしたっけ?。((((((^_^;)


2003年8月2日
並継ぎの竿を積んで、あちこち走るには、今までの車(ホンダ アコードワゴン)はどうも狭くて家族から不満タラタラ。
家族会議の結果、思い切って車を買い換えることになりました。

前回アコードワゴンを買った時は、キス釣りなんて全くやってなくて、ただ振り出しの竿が横に入ることと言う事で選んだのですが、その後キス釣りをやりはじめ、並継ぎの竿を使うようになりました。ところがアコードワゴンだと、並継ぎの竿はトランクルームに斜めになんとか入る程度で、荷物の多い時は後部座席に置くしかありません。
さらに、予定外な話で(^^ゞ、家族が増えてしまいました。ベービーシートも積んでいるので、それもあいまって出かける時に家族の不満が出ていたのでした。
従って、今回の車選びは絶対条件として、「並継ぎの竿が難なく入ること」が必須です。
しかし、運転に慣れていると言うとやはりワゴン系、しかし日本製の車で並継ぎが横向きに置ける車など見当たりません。
買えるかどうかは別にして(^_^;)一応これなら入るんじゃないかと言う、ボルボV70を見に行きます。
しかし、あと数センチのところでこいつもアウト。
因みに、条件が条件なので、今回の車探しでは、キススペを持ち歩いて、車に積んでみると言う極めて変な?おじさんしてました。(^_^;)

続いて見に行ったのは、日産。ステージアなら大きいかもと言う事で、日産車を全部扱っているショールムに見に行きましたが生憎展示されていません。営業マンにトランクのサイズを調べてもらうと、やはりボルボ未満。
こうなるとミニバン系かと、最後にトヨタのディーラーへ。
エスィマなら楽々かと思い、三列目シートを上げて竿を入れてみます。すると二列目の下に竿を突っ込めば、一応入りますが入れる時に竿に応力がかかってしまう・・・・・
で、横にあったのが、ノア。この車、昔はタウンエース、一世代前はタウンエース・ノア、そしてFFになった今のはタウンエースが取れて、ただのノアになりました。
竿を入れてみると、何の抵抗も無く二列目シートの下に竿の一部が入り、スッキリ収納できます。スタイル的にも商用車ぽくなくて、今風のミニバン。二列目のドアが両側ともスライドして、使い勝手も良さそう。下の娘(三歳)も喜んで車の中と外を行ったり来たり。
かなり良さそうなので、営業マンを呼んで、見積もりを書いてもらいます。
メーターがセンターなのが、ちょっと引っ掛かります。
下取り車の査定は、年間2万キロ以上の走行距離が祟り、またキズも4箇所ほどあって、標準価格からはかなりの減点。
とりあえずの見積もりを書いてもらい、対抗と思われるホンダのステップワゴンを見に行きます。
問題の竿は、ノアと同じように入りますが、ノアよりも少し窮屈。二列目のスライドドアは片方しかなく、ちよっと使い勝手悪そう。
試乗どうですか?と言われたので、乗ってみると、さすがホンダ図体の割には軽快な加速。
しかし、メータ周りのデザインとかは古臭い・・・・
前のステップワゴンは、二列目の補助シートみたいのがどうしても嫌いだったですが、今のは普通のシートも選べるようになっているので、そのタイプで見積もりを書いてもらいます。
問題の下取り車(アコードワゴン)の査定は・・・・
これがなんとトヨタと殆ど一緒。ここでかなり粘ってみたものの、なんか営業マンも苦しい様子。
これで気分的にはかなりノアに傾きましたが、乗ってないので再びトヨタに戻ってノアに試乗。やはりエンジンはホンダの方がいいみたい。ブレーキはトヨタ車らしく私には軽すぎる踏みごこち。センターメーターもちょっと肩凝りそう・・・・
ここから、値引き交渉開始。
釣りのページなので、価格交渉編は省略。そらもう、えげつない値切りですわ。(^^)

ノアの兄弟車であるVOXYに乗ってるEX−28さんにも、使い心地などを教えて頂きました。
結局、スタイルと使い勝手でノアが良いと言う嫁の意見と、値引き勝負で分があったノアに決まりました。

さて、本日納車された、ノアの「タックル」としてのレポート。

竿の収納状態。二列目シートの下に入れて、尚手前に20cmほどの余裕。
荷物室下の収納スペースには、フタまでは閉まらないものの、11リットルのクーラーがすっぽり入ります。私のは4WDなので一個ですが、EX−28さんのVOXYは2個入るとのこと。
私は、非常停止板、ブースターケーブル、クロスレンチ、シュラフ、錘バッグを収納。あとカッパも入れる予定。
前の車での失敗を生かし、荷物室には、カー用品店で購入した濡れモノ用のシート(バリア付き)を入れました。これで、砂だらけのクーラーを置いても問題無し。キス釣り5人とか、カレイ釣り4人とか余裕で入るキャパシティー。
天井には、7本の竿を収納できるロッドハンガーを装着。つり具山陽さんで扱っている、投げ竿にも対応できるものです。かなり天井が高い車なので、上に付けても問題無し。
尚、純正オプションにもロッドホルダーがありますが、バスロッドくらいしか支えられない華奢な物です。
さすがに最近の設計だけあって、スペアタイアはフロアの下にあるなど、荷物を積んだままでタイヤ交換可能です。良くできてる。
前のアコードワゴンは、そのあたりすごく大変でした。
フロアカーペットの上に、泥汚れ用のお皿状ゴムマットを敷きました。助手席にも同じ物。
キス釣りに行くと、車の中が砂だらけになるので、必需品。
二列目のフロアにも、お皿状ゴムマット。
カーナビを付けるか、最後まで悩んで結局付けず。その代わり、4WDにしました。
ステップワゴンは、フルタイム4WDですが、トヨタのノアはOFFが出来るので、これもGOOD。
4WDの理由は、ただ一つ。冬の日本海を攻めるため。(^^)

ラジオレスなので、MP3対応の普通の1DINのCDステレオとCDチェンジャーを付けました。
ま、ナビは後付けも出来るし。
一応全体の感じはこんな感じ。
メータは私のは白くないです。またエアロも、ナビも、アルミホイールも付いてません。二列目と三列目でフラットなベットが作れます。

■その他、良いところ
・運転席周りの収納スペースがものすごく多い。いつも携帯電話2台を持ち歩く私には最適。
・前のアコードでは、灰皿とシフトセレクターが干渉して使いづらかったが、ノアはコラムシフトなので、全く問題無し。
・ガソリンが、レギュラー(アコードワゴンは、プレミアム指定)。年2万キロは結構違って来る。
・子供と、嫁が気に入っている。(広い)
・車が新車になったのに任意保険料が下がった。(料率クラス、安全装備などの理由で)
・5ナンバー(2000cc)なので、税金もダウン
・良く出来たオートマ。鋭い出足。
・トヨタなので、全国どこでもディラーがある。
・ディスチャージヘッドライトの角度調整が、運転席から出来る。以前のアコードワゴンは良くパッシングされた。

■その他、気に入らないところ
・台数が多い(会社の駐車場にも結構止まっている。)
・センターメーター
・運転席のバイザー裏側にミラーが無い