2005年4月10日の3協会合同大会


昨年から始まった、岡山、鳥取、兵庫の3協会合同投げ釣り大会に参加しました。
今回は、ククレカレイさん、ペリカンさん、私の3名での参加です。
本来は良い場所確保のため土曜日朝出発したかったのですが、もろもろあって夜の出発となりました。夜の出発では昨年の実績から言って、境水道では場所の確保が出来そうではなく、最初は日野川河口付近を目指します。雪代が入っていたらアウトかも知れませんがスズキはでかいのがいるかも。
しかし、そこは思った以上に浅そうで、3人は入れそうではありませんでした。
第二案で、もう少し境水道寄りの場所を見に行きますが、波が高くパス。最後に弓ヶ浜展望駐車場前の波止を見に行きます。すると、波はそんなに高くなく何とかやれそう。ここではアイナメは期待できそうではありませんが、イシガレイとスズキは狙えそう。
波止の先端は立ち入り禁止なのでその手前に左右に分かれて入ります。私は迷った末により波の高い波止の右側に入り、ククレカレイさんとペリカンさんは左側に入りました。
夜釣りで全く様子が分からないため、竿2本でスタート。しかし波に仕掛けが打ち寄せられ陸の方に動いていきます。水深は極端に浅そうですが、止まったところは即ち掛け上がりのはず。カレイもスズキもまさかと思うような浅いところにもいるので、期待一杯で最初の2時間はがんばりました。
しかし、全く反応が無いので、3時過ぎに車で仮眠。明日の仕事を考えると全く寝ないのは体に毒(^_^;)
1時間半ほど仮眠を取って、つり座に戻るとククレカレイ氏が中型のガシラを釣っていました。一応他魚の部提出権。
夜が明けた頃、突然ペリカンさんがハネをゲット。写真を撮ろうとしていると、ククレカレイ氏が「アカン!タ、タモや〜」とわけのわからないことを言っています。
「え〜?」といつものことかと、見ていると、竿の曲がりがいつもより大きく、向こうでエラ洗いしているのが見えます。
網を取りに行きかけると、「もおええわ(-_-メ)」と座った目付き(^_^;)
「ちゃんと入れまんがな(^_^;)」と網入れ体制。見た目50は越えていそうなスズキでした。
網を入れかけると、「はよしてえな(-_-メ)」「ヘタやなぁ」と入れてもらうくせになんと言う暴言!。(-_-メ)
ま、いつもの際どい口撃のウチではありますが・・・(^_^;)
どうにか網に収まったスズキは、ほぼ60cm。
「これは5位以内狙えるのとちゃうやろか(^○^) 5位以内やったら泣いてもええか?」とマジ顔で一人悦に入るククレカレイ氏。
「何をボケたこと言うてまんの、80は越えんとアカンでしょう(^_^;)」と力なく笑うしか無い私。
波止に沿って沖に向かって強烈な離岸流が発生しており、そこをスズキが回遊している模様。直ぐ後に、ペリカンさんが2匹目(ハネクラス)をゲット。これは乗り遅れるとジアイを逃してしまいます。二人の間に入れてもらって私も狙いにかかります。

二人ほぼ同時に、ハネとスズキをゲット。

しかし、ジアイはあっと言う間に終わってしまい、私にはスズキは来ませんでした(>_<)
しばらくして、今度はペリカンさんがイシガレイをゲット。悔しがるククレカレイ氏。私も仕掛けを変えてカレイ狙いにチェンジしました。近投で勝負にかかります。

ペリカンさん、初のランクイシガレイゲット。33cm。
今年度新入会員ですが、先日のレインボーキャスターズさん主催のアイナメバトル4位に続いて絶好調(@_@)

流れは益々速くなり、35号錘道糸5号ではあっと言う間にまるで明石海峡のようなスピードで流されてしまいます。距離を1.5色程度に抑えて耐えていると、ククレカレイ氏とお祭りした竿がなにやら魚がついてる様子。煽って巻き上げ始めると久々の締め込み(^^)。

ホント久しぶりにカレイを釣りました。(^^)

写真から波止の左(東)は波があり、右(西)は波が無いのがわかります。なんでこうなるのか良く分かりませんが、とりあえず右(西)の方が水深ありそう。

その後、風がだんだん強くなり、波の飛沫を被るようになってきました。立っていると風でよろける始末。これはもう危険と、9:30に撤収決定。あとはどこかの波止に行って、竿一本でアイナメでも狙いましょうと移動を掛けます。
行った先は、検寸会場に近い中野漁港。行ってみると、比較的空いており、風も弓ヶ浜よりはマシ。
移動直後、超近投の竿にチョチョンとした魚信。20cmくらいのクジメ。
「カレイ・アイナメの2匹長寸やったら俺の勝ちやけどなぁ(^_^;)」と苦笑。「近投のセコイ釣りさせたら上手いなあ。」と褒めてるのかなにか良く分からないコメントのククレカレイ氏。
ま、移動して開始直ぐに釣ったとは言え、20cmのクジメではどうにもなりません。大きなアイナメを期待して、ひたすら近投に徹します。しか〜し、しばらくして信じられない光景が!(@_@)

中野漁港港内から正面に境水道大橋が見えます。あの橋の下にはおおきなスズキが・・・・
「根掛かりかと思いました。」とポーカーフェイスで静かに語るペリカンさん、マコガレイ35.5cmをゲット(@_@)

半分寝ていたククレカレイ氏、飛び起きて真剣モードに。(^_^;)
ランク物カレイ2枚、ハネ2本と本当に投げ釣りを始めて6ヶ月とは思えない釣果。
「魚が釣りたかったら近投です」と教えた私も超ビックリ。(@_@)
投点は一色。

カレイがいる、しかも良型が・・・・と言うことで、残された時間必死に誘いを掛けますが、タイムアップ。検寸に向かいます。
昨年実績から、全員何かはもらえそうかなと少し期待。
しかし、検寸場に行くとやっぱりスズキは強烈なサイズが出ています。カレイも40cm台後半が出ている模様。
境水道は、イルカが入っていて魚が釣れていないとの情報でしたが、どうやらだれかが意図的に流したガセネタ??(^_^;)
森山、外江などの有名ポイントでしっかり大物が上がっていました。
成績発表です。

デカイ・・・・(@_@)
この他にもDランク連発でした。さすが境水道。
私らの釣果。
全てランク級です。こんなこと中々ありません。

他魚の部から順次発表。他魚の部はヒラメの49cmを釣った方が優勝。他に40cm台後半のチヌが数匹出た模様。
続いてアイナメ、こちらも中々の良型揃い。
いよいよカレイの部、ものすごーく期待していましたが、なんと私より4cmも大きいカレイを釣ったペリカンさんでさえも圏外。トップ10に入るには40以上が必要と言うハイレベルな争いに、Aランク前半では20位にも入ることが出来ず、飛び賞も外して惨敗(T_T)。
最後にスズキの部。こちらは、6位くらいから徐々にサイズが落ちてきます。ククレカレイ氏が入賞しそうな情勢。
「まさか自転車ちゃうやろなぁ(^_^;)。当ったら車に載らんから乗って帰ってやー」と冗談を言い終わらない内に・・
「第10位、スズキ61.5cm、神戸投翔会・・・・」と係りの人。
「アホか〜(-_-メ)」と喜び勇んで飛び出すククレカレイ氏の後ろからケリを入れてる私。(^_^;)
「乗って帰るしかないな、車には絶対載らんで(-.-)」と、冷たく言い放つ私。「そうそう」と同調するWサーフK山さん。(^_^;)

後のことは全く考えずに無邪気に喜ぶククレカレイ氏。
ま、しかし、とりあえずおめでとうございます。(^_^)

当日賞として出された自転車3台は何れも兵庫協会会員が持って帰る結果に。
「魚を持った写真を」とお願いしましたが、ペットボトルを構えるWサーフのみなさん。チャメッ気たっぷり。(^^)
つまり釣果は?・・・・(^_^;)

結局、車の後部座席のヘッドレストを外して、何とかノアに積み込み、会場を後にしました。
それにしても、レベルの高い争い。ランク物のカレイで入賞できないとは・・・・
カレイで提出した人は約45人と参加者全体の10%程度だったようですが、釣れたら大きかった模様。来年は何とか早く出発して良い場所を目指したいと思います。

おまけ

私の自宅前で、自転車を積み込んだククレカレイ氏の車。
パンク寸前。(^_^;)
ドアを強引に閉めると、窓ガラスが「ミシッ」と音を立ててました。(^_^;)


【釣行日 】2005/04/10
【時間  】0:00-11:30
【対象魚 】カレイ、アイナメ、スズキ
[ポイント]弓ヶ浜展望駐車場前、中野漁港
[水深  ]不明
[気象状況]晴れときどきくもり(強風)
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]うねりあり
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、Power surf 4000QD×3
[仕掛け ]遊動Hit天秤35号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けOCビッグサーフ17号モトス7号、ハリス5号
[餌   ]アオイソメ、ユムシ
[釣果  ]イシガレイ31.5cm
[備考  ]