2005年4月29,30日の某河口


「某」が多くてすいません。(^_^;) いろいろと事情もございまして・・・・・

さて、やっと待ちに待ったGW。昨年は大分城下カレイの計画倒れ、今年はバタバタしている内に何の計画も無いまま、GWに入りました。ただ、釣りの面ではGWは地元もなかなか捨てがたい。今年は安近短釣行で行くか・・・(^_^;)
と言う事で、スズキの数が釣りたいと、ひげおやじさんに相談して、教えて頂いた某河口からのスタートとなりました。
実は、ちょっと前にWサーフK山さんと二人で行って、セイゴ一匹に終わった場所。
しかし、実績はバツグンの場所であり、きっとやり方が悪かったのだろうと再挑戦です。
いつもの相方(ククレカレイ氏)は、29日昼間ヤボ用で釣りに行けない私を見捨てて(>_<)一人鳥取に向かいましたので、今回は単独釣行です。
先ずはエサの調達から。いつものようにひげおやじさんとこのお店で大物専用エサのユムシの調達。
Tsuchy「ユムシ下さい」
ひげおやじさん「何個にする?」
Tsuchy「何個ほど要りますやろ?」
ひげおやじさん「通し?」
Tsuchy「ええ、そうです。」
ひげおやじさん「ほんなら15個くらいやな」
Tsuchy「でも青も買いたいから、10個にしときますわ。」
ひげおやじさん「何を言うとんの、青なんかつこたらセイゴの餌食やで(^_^;)」
Tsuchy「なるほど(@_@)」
さすが、大物師・・・・

と言う事で、ひげおやじさんのお勧めに従ってユムシだけを15個持って釣り場に向かいます。
問題の河口には、明るい内に到着。しかし、目の前を水上ボードを引っ張るプレジャーボートがひっきり無しに往復しています。危なくて投げられないので待つしかありません。
2時間ほど待って、日が落ちようやくそれがいなくなったので戦闘開始。
最初は、残りエサの青イソメから投入。(やはりこの辺りにまだ弱気が・・・(^_^;))
何の反応も無く、底も砂ではなくヘドロ底?のような感触。不安になり、ひげおやじさんにメールで確認。しかし、ポイントも底も問題無いとのこと。信じて魚信を待ちます。
少し眠気がしてきた21時過ぎ、突然一番左の竿が前魚信のあと押さえ込まれます。車の中から見ていたので、音は聞こえませんでしたが、恐らくドラグがジャーと鳴ったはず。慌てて車から外に飛び出し、合わせると乗りました。(^^)

ギリギリですが、Aランクのスズキ\(^o^)/ ユムシ丸飲み。潮が引ききっており、捨石が完全に露出している状態で、スズキの暴れ方からすると、とてもタモ入れは自分でやれないので、抜き上げました。
メールなど打ってると、今度は右の竿が同じく、ククッ。
合わせると乗っています。先ほど釣ったのよりも明らかに良型。エラ洗いで手前に寄って、目前まで来た時、彼は反転して針を外して海に帰って行きました(T_T)。どうやら掛かりが浅かった模様。
一回目のジアイはそれで終了。再び沈黙の時間。トローっと眠くなって来ます。淀江から境水道に転進した相方からも「あかんわー」との報告。
本当に寝そうになっていたのですが、相方からの裏返った声の電話でシャキッ。
ククレカレイ氏
「き、90釣った〜(@_@)」 ※ヘリウムを吸い込んでから出したような声です。(^_^;)
Tsuchy「ほんまぁ?(@_@) やるやないの〜(^^)」
ククレカレイ氏
「間違いなく90越えとる(@_@)」「クーラー入らんし、どないしよ」
Tsuchy「やったなぁ。今日はもお帰って来た方がええんと違う?」
ククレカレイ氏「そうするわ(^_^;) 早く帰って魚拓を・・・」

あっちは一発場、こっちは数釣り場、サイズの違いは仕方ありませんが、これはがんばらねばと気合いを入れなおします。
すると信じる者は・・・・救われずに、魚信があったので、すごい締め込みに期待しながら巻き上げると、太〜いデンスケ。ユムシ丸飲み(T_T)
これは、アカン時のククレカレイ氏のパターンやがなと自虐的な一人笑いをしながらも諦めずに打ち返します。
すると、今度は一番真ん中の竿に激震。

さっきよりサイズアップ\(^o^)/
こいつもハラハラしながら、抜き上げました。スズキは最後まで激しく抵抗するので、タモをまごまごしている間にバラしてしまいそうで、水面もかなり上がってきていたので、一気に抜き上げ。(^_^;)
これは行けるぞと、竿を一本追加、直後に激震。ドラグを締めて大合わせ。「ズシッ」と手応えを感じた瞬間「スポッ」。
上がって来たのは、先がパーマになったハリスだけ。痛恨の極み(>_<)
いつも針を結ぶ時は、4回巻いていますが、巻きが少ないのかもと今度は6回巻いて投げ込みます。
すると、1時間ほどしてから再び同じ竿に激震。今度はバッチリ乗りました。しかし、その引きから、今までの2匹よりもさらに良型は間違い無し。水面はコンクリート護岸から10cmくらいに迫っていたので、ええーいと気合いを入れて抜き上げました。

本日の最長寸。Bランクは取れそうです。\(^o^)/ ※大物申請50号。因みに拓寸は64.5cm
スズキだけを狙って、釣行したのは二回目でしたが、3匹もランクが釣れて大満足。痛恨のバラシと針の結び目抜けが無ければ5匹だったのですが、ま、今回はご愛嬌と言うことで。
その後は明け方に再びジアイがあるかと期待しましたが、静かになってしまい、最後の竿にはやたら重い水を含んで膨れたものが引っ掛かっており、紙オムツかと思ったら、女性が使う「夜用」のナニでした・・・(>_<)
みなさん、川に色々な物を捨てるのは止めましょうね。(^_^;)


さて、件のククレカレイ氏が地元に到着して、ひげおやじさんとこのお店で魚拓を取ってもらっているところに、私のスズキももしかしたらひげおやじさんの手に掛かればCランクで取れるかと、魚を持って行きました。
ククレカレイ氏の魚拓は僅かに90を切る89.6cm(完全に90超えてる?(^_^;))。
しかし、それを差し引いても立派な太〜いスズキでした。今度は私も狙いに行こう!(^^)

ひげおやじさんとこのお店にて。
画面左後ろにこの魚の魚拓。

尚、私のスズキは、「Cは無理」とのことで、Bランクで出すこととなりました。しかし、本日の釣り場に通えば、Cランクまでは、チヌもスズキも夏までにはランクが埋まる(星取表が埋まる)とのこと、がんばって埋めたいと思います。

【釣行日 】2005/04/29,30
【時間  】17:00-7:00
【対象魚 】スズキ
[ポイント]兵庫県某河口
[水深  ]不明(とても浅い)
[気象状況]晴れときどきくもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中、小潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000
      New Surf Leader 405CX-T、Power Surf 4000QD
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      OCビッグサーフ17号モトス・ハリス7号フロロ
[餌   ]ユムシ
[釣果  ]スズキ A2、B1 計3匹
[備考  ]