2005年10月某日のアジュール舞子


10月のある晴れた日、アジュール舞子にカレイ狙いに行きました。
毎年ここでBランクのマコガレイを仕留めており、今年釣るとBランクが終わります。
朝はゆっくり出て、いつものポイントへ。投げ釣りの人や、チヌ、グレ狙いの人はあんまり入らないところなので、楽にポイント確保。
竿2本を出したところで、一投目に投げた竿を聞き合わせると、魚が付いている感触。
巻き上げ開始すると、特有の締め込み。(^^)
ちょっと小ぶりな24CMながら、一投目の竿に釣れたので、かなり気分を良くします。ここのところ仕事がかなり精神的に厳しいものがあったので、釣れることが何よりの薬です。
前回来たときはテンコチがたくさんいましたが、先週の大嵐(その中で波を被りながら夜釣りしていたのはアホの私と相方ですが・・)でテンコチは姿を消した模様。
エサは先日の大会で殆ど残した青イソメ。冷蔵庫で保存していましたが、体が乾燥してアウト寸前のもの。海水を掛けてやったらかなり復活しました。
最初に一匹釣れた後は、音なし。久しぶりに天気が良く、風も爽やか。気分が良くなってきます。(^^)
11時前頃、竿先を見ていると、一番右の竿(遠投)の竿先が微かにビビッと震えました。
エサ取り?と思いつつ、暫くしてから、合わせると、「ズシーン」(^^)v
巻き上げは敢えてゆっくり、締め込みを堪能しながら巻きました。

やはりこの釣り場は私を裏切りません。これでBランク終了間違いなし。(^^)v
←ぬか喜び
早速、相方にメール。悔しがる相方。手が震えて仕事が手に付かないとの返信メール。
潮があんまり良くないので、誘いを掛けることに集中しようと思っていましたが、作戦成功。また、テンコチが姿を消してくれたのもこいつが釣れた大きな要因でしょう。
その後、昼間はなんにも釣れず、15時頃に潮が動き出し、ポツリポツリと追加。
結局納竿時は、5枚の大量?釣果となっていました。食べきれーん。(^_^;)
いつもこれくらい釣れたらいいのですが、そうは中々・・・・

【釣行日 】2005/10/某日
【時間  】8:30-16:30
【対象魚 】カレイ
[ポイント]アジュール舞子
[水深  ]不明(5mくらい)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]若潮
[水況  ]普通
[タックル]New Surf Leader 405CX-T、Power surf 4000QD他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス7号、ハリス4号
[餌   ]マムシ、アオイソメ(圧倒的にアオイソメに分あり)
[釣果  ]マコガレイB1
←A1に訂正、おかずサイズ4枚、カワハギ1(他に外道はいませんでした)
[備考  ]
後日談:魚拓、乾燥したら39.8になってしまいました(ーー;)