2007年6月3日の坂井杯


兵庫協会)和田宮サーフさん主催の「第二回坂井杯」に参加させて頂きました。
この大会は、全日本キスで優勝された和田宮サーフの重鎮、坂井さんの栄誉を記念して昨年から開催されているもので、今年からは一般参加OKのオープン大会とされたもの。
全キス優勝の記念大会ですから、当然ルールはキスの一匹長寸です。
私はいつものおっさんと一緒に、これまたいつもの淡路島南部の某漁港に。
実はあそこは人気が高く、入れないだろうと思っていましたが、行って見るとだれもおらず、二人で貸切となりました。もし先客がいれば、東の浜からやるつもりでした。
0時スタート。竿を徐々に出します。4本までのルールでしたが、ケミホタルが3個しか無かったので、3本でスタート。
一時間くらいはがんばりましたが、何の反応もなく、潮を見ると満潮は7時前。
これは寝るに限ると、ククレカレイさんだけ残して、車で仮眠。(^_^;)
次に気がつくと、あたりはすっかり明るくなっておりました。AM5:00
しまったと思い、朝食のパンを持って、釣り座に戻ります。

Tsuchy:「なんか釣ったぁ?」
ククレカレイ氏:「あんたが寝てからすぐ一匹きたで。小さいけど(^_^;)」
Tsuchy:「ほんで、何センチ?」
ククレカレイ氏:「こまいわい(−−〆)」※1
※1標準語では・・
人に言えるほど立派なサイズではなく、なぜリリースしなかったのか不思議なサイズのこと。

エサを全部付け替えて、まだ起きていない頭でボーッとしたまま、パンをかじっていました。
事件はいきなり起きました。
一番右の竿が、チョチョンと前アタリ。
次にリールシートの位置くらいから竿が
ギュイーンと曲がりました。
息つく暇も無く、ガシャーンと三脚をなぎ倒し、竿が空中を飛びました。

竿は右に飛んでそのまま矢印の方向へ。

キスの場合、ドラグを緩めていると乗りが悪いので、ドラグは締めていました。また、ここではチヌは釣ったことがありますが、それ以外は大きい魚を釣った話も聞かないので、油断と言えば完全に油断。横の竿で引っ掛けようと、何回かトライしましたが、全く引っ掛かってくれません。
見ている間にグイグイと海中に引き込まれてしまいました。(T_T)

竿とリールは確かに勿体無いのですが、魚が取れなかったのが返す返すも残念無念。
早速K山さんに電話して、何と推定するか聞いてみると・・
K山さん:「間違いなく70オーバーのマダイです。そのあたりウロウロしてますから。」
とのこと。
あ゛ーっ(T_T)

この事件ですっかり目が覚め、竿が飛ばされたポイントを集中攻撃開始。
すると、アタリが出始め、キスがポロポロ釣れはじめます。何の反応も無かった夜中とは大違い。
サイズは、大会で上位入賞できるほどではないものの、ええおかずサイズ。
ピタリとアタリが止まる時もありましたが、また、ポツポツ。
どうやら群れで回遊している様子。

日が昇って一瞬日が差すと、お約束のベラにイソベラ。しかし、天気は概ね曇りであったため、そんなには釣れず、釣れたらほぼキス。
結局終了までにええサイズ8匹。今日は塩焼きだぁ(^^)

検寸風景
一位盾。
K山さん作。
和田宮サーフ佐藤会長(右)と、冠大会の祖となられた坂井さん(中央)
釣果は全体に芳しくなく、23.1cmでも、11位。
寝たのに眠そうな眼(^_^;)
ククレカレイ氏18位
その右の戸倉さんは見事4位でした。
参加者53名。来年もその次もどんどん参加者が増えて良い大会になっていきそうな予感。

【釣行日 】2007/06/03
【時間  】0:00-10:00
【対象魚 】キス
[ポイント]南淡路市
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]くもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Power Aero 6000他
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号、固定Lキャッチ30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス7号、ハリス4号
[餌   ]タイムシ、チロリ
[釣果  ]キス18-23.1cm 8尾
[備考  ]タイムシが良かったです。でもタイももちろん好物なのでご注意を。(^_^;)