2007年6月23日の吉崎海岸


地元の大会も一段落したので、この土日は単身赴任となってから初めて鈴鹿に留まりました。
近隣の海はどんな海か試しにキス狙いに出てみました。
食べる人は自分しかいないので、ゆっくり出ても大丈夫だろうと、用事を済ませてからゆっくり出ました。
四日市の石垣釣具でイシゴカイを調達し、何処がつれるか聞いてみると、吉崎〜千代崎までどこでも釣れるとのこと。
千代崎海岸なら、住んでいるところからすぐなので、まずはそこに向かいます。
数投やってみましたが、久しぶりが原因かはたまた向かい風が強かったのが原因か、仕掛けが天秤の上に絡まってしょうがない。(^_^;)
数投してみましたが、あおさがものすごく、仕掛けも絡むし、どこに投げてもあおさだらけ。
これではキスの引き釣りは無理と、四日市の吉崎海岸まで移動。
最初はワッペンサイズのイシガレイ・マコガレイと小さいメゴチの入れ食い。
遠投してみると、4色ゾーンでキスが一匹釣れました。
ここでもあおさは多く、釣り難い状況でしたが、千代崎よりはマシであおさは3色〜2色に帯状にあり、その向こうは何もなし。
恐らく千代崎で仕掛けが絡んだのは、あおさの中に仕掛けを投入していたから?
磯津海岸では、仕掛けも殆ど絡まず、釣りができました。

はまなすが咲き、ウミガメも産卵に来る吉崎海岸。
このあたりでは貴重な自然海岸のようです。

※デジカメを忘れて、携帯のカメラで撮りました。
左のパネルの一番右の写真、アカウミガメです。
鈴鹿川河口の南側に位置します。
鈴鹿川は鈴鹿ではなく、四日市に流れ込んでいます。
北側はすぐに四日市のコンビナート群。

会社のメンバーとキス天バーベキューをするための下見のつもりだったのと、釣りすぎると食べる人は私だけなので、5匹釣ったらやめるつもりでした。
のんびりやりましたが、まっ昼間に一時間と少しで19cm2匹を含む5匹を釣り、終了しました。
尚、昼間だったせいかも知れませんが、ポイントは遠めの4色でした。

海の感じと釣れ方は、地元兵庫県の例えで言うと姫路市の大塩海岸にそっくりです。
ただ違うのは、貝が異常に多いこと。
「桑名の焼き蛤」は関西でも有名な言葉ですが、このあたりの特産品は貝のしぐれ煮。会社の昼食のおかずにも時々出ます。地元だったらイカナゴのクギ煮なんですが、ほぼ同じような味付けで煮た貝もうまい。
あさり、赤貝、はまぐりなど、海岸を掘るとすぐ採れるようです。
実際、天秤に一個赤貝が挟まって上がってきました。
ワッペンサイズのカレイ入れ食いも気になります。あれだけ幼魚がいると言う事は、その分親がどこかにいると言うことですね。
秋が楽しみです(^^)

【釣行日 】2007年6月23日
【時間  】11:00-12:30
【対象魚 】キス
[ポイント]吉崎海岸
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]大塩と同じく、道糸が少し黒くなる。
[タックル]ダイワ トーナメントキャスター405−30、Super Aero EV
[仕掛け ]固定Lキャッチ30号
      道糸PE0.8号、力糸ナイロン14号、ササメ市販仕掛け5本針。
[餌   ]イシゴカイ
[釣果  ]キス 15-19cm 5尾
[備考  ]あおさが多いので、キスが少し緑色がかっていました。