2008年12月14日の納竿大会+延長戦


一年を締めくくる納竿大会です。
淡路島で大会は必然多い訳ですが、大会の時しか行かないからか、もう10年投げ釣りをやってますが、釣り場をあまり知りません。
今年は初心に帰ってポイントの勉強からのつもりで、南淡路のどこかで竿を出してみたいと考えていました。淡路島は北から順にカレイが釣れ始め、徐々に南の方に釣れだすこともあります。
ところが、今大会はいつものカレイ、アイナメを含むではなく、カンダイ・スズキを除く全日本サーフ投げ釣り対象魚の二尾長寸にルール変更されました。
長い魚・・・・そうだエソ!
と言う事で、相方と相談の結果、南淡路市の福良湾入り口にある、じゃのひれオートキャンプ場波止に挑戦することとなりました。

福良湾は前から一回は行って見たいと思っていましたが、なんと今回が初挑戦。相方は何度か行ったことがあるらしいので、私は指示通りに走るだけ。これは釣れるパターンのはず。しかし、初めての釣り場では中々結果を出せていないのも事実。さて今日はどうなることやら。
釣り場には、大会開始の一時間半ほど前に着きました。行った時は波止の先端には一般の釣り人が5〜6人いましたが、直ぐに雨が降り始めたため、パラパラ帰っていきます。
雨は予報でわかっていましたが、気合は十分で全く気になりません。
車からは少し歩く距離なので、濡れても良いものだけを釣り場に残してセットアップ。どちらに入るかの選択は重要なのですが、前回先に選んで失敗だったので、今回は相方に先に選んでもらいます。

私は波止場の東角に入り、相方は西のテトラ上。
雨の中始めますが、反応はありません。
左右に投げ分けると、左はウミケムシゾーンなのがわかりました。
三本の竿に、ユムシ、タイムシを付けて、遠近投げ分け。
しかし、ウミケムシ以外に釣れるものはなく、雨足も強くなり一旦カップメン休憩。
しかし食ってしまうと、一瞬元気になりますが、眠気も襲ってきます。
再び強くなった雨に負け、二時半頃仮眠。

起きるとアラームをセットした5時半より早い5時。気合を入れて突撃です。
空が明るくなり始めたので、徐々に仕掛けを17号の大針からエソ・カレイ両方狙える15号のカレイ針に変えていきます。
エサもマムシとアオイソメに変え始めます。
マムシに変えたとたんに、チャリコとキスが釣れ、小さいものの二尾長寸のルールでは提出可能。
しかし、潮が流れ始めると近投は根掛り連発になりました。なんでも底にはカゴ漁のカゴが何重にも積まれているとのことで、モトスから切れてしまいます。
投げるとあまり引っ掛かりませんが、今度は流れ藻があり釣り辛い。

釣り場の横は、海上釣堀になっており、朝からマダイのランク物やハマチがポンポン釣れてました。
ただ、養殖マダイの価格からすると10匹は釣らないと元は取れないと思われ、10匹持って帰ってどうするの??と言うのもありますが、普段は味わえない大物の引きは堪能できるので人気があるのでしょう。
たくさんの人が来られてました。
釣堀に補充するため、宇和島からマダイ、ハマチなどを運んで来た船。船の排水あたりを狙ってみましたが、水流が強く、流されると一発根掛かりでどうしようもありませんでした。

波止は北向きに伸びているので、強烈な季節風がまともです。これからの時期は辛い釣り場。
ククレカレイ氏は西側のテトラ上から。
テトラは平らな部分の多い、やりやすそうなテトラでした。

風が強くなり、カッパから防寒着に着替えて戻ってくると、相方が27cm(自己申告)のカレイを釣り「リーチ」とのこと。
ククレカレイ氏:「さあ、後は相方や」
ククレカレイ氏:「ちょっとピンギス釣らせてくれる?」
と私の釣り座にやってきました。
で投げたのが、中投。
Tsuchy:「その距離、さっきから根掛かり連発やで(^_^;)」
Tsuchy:「それに27cmのカレイにピンギス足しても、50cm無いから50位入賞は無理やで(^_^;)」
ククレカレイ氏:「いーや、大丈夫や<`ヘ´>」
と据わった目つき。

案の定、一発根掛かりで、今度は自分の釣り場で超近投。
かなーり錘を飛ばされてましたが、相方釣るまでとかなり集中してやっているのがわかります。
しかし、私もいつぞやの大会で40のセイゴにどうしても相方を釣ることが出来ず惨敗した経験がありますが、焦るとクジメも釣れへんのですよねぇ・・・・

10:40、結局私はチャリコとピンギス、相方は相方を釣ることができずで終了となってしまいました。

検寸会場
さすがに、大阪+兵庫協会の合同大会となると人数が多いです。

最後の挨拶で、谷後兵庫協会長から、来年からは釣り時間を昼過ぎて午後までにするとの発表が。
この大会、会終了後に釣れるパターンが多い為だそうです。

上位には、夜釣り中に大きなチヌを釣られたみなさん、エソ・エソを釣った人などで狙いは私もそれだったのですが、今回はラッキー賞もかすりもせず、がーっくりして会場を後にしました。

Tsuchy:「やっぱ泣きの延長戦やな」
ククレカレイ氏:「そやな」
と一発合意で、殆ど寝ていないですが、延長戦。
大会結果から言うと北淡の平林が良さそうでしたが、あまりに風が強いので東浦方面へ。
一度も行ったことの無い釣り場を見て回りながら行ったので、竿を出したのは、二時半頃。

良さそうな波止の先端で釣っている人に聞いてみると、クジメを釣っていました。
「カレイは釣れませんか?」と聞くと、「あっちの人が何枚か上げてた」と言うので、素直にそちらに移動し、釣れてると言うおじさんの横に入ります。
一投目、二本目の竿の準備が終わらない内にいきなり激震。
巻くとアイナメ特有の首振り動作。上げると実寸では少しだけ足りないものの魚拓なら余裕のAランク。
Tsuchy:
「協会長が言うてはったんはこれかぁ〜(>_<)」
ククレカレイ氏:「ワシら
大会ではホンマによう釣らんけど、大会やなかったら釣れるなぁ(^_^;)」

根掛かりの多い釣り場でしたが、竿三本出す暇もなく、あたり続ける特異な状況。
もう一匹ランク級も含み、取れたのは3本。
ククレカレイ氏はあたりが無いと言うので、横に入ってもらいます。
ククレカレイ氏も入って直ぐにランクまで行かないもののアイナメ2本。かなりアイナメの濃い釣り場です。
ククレカレイ氏:「さっきはクジメも釣れんかったのに、これは何(@_@)」
エサは、マムシが人気エサでしたが、マムシは直ぐに無くなり、タイムシとアオイソメに変更。
タイムシも良くなくなりましたが、あたりはあまり出ず、何か魚ではないものに取られていたかも知れません。
アオイソメ房掛けの竿が何度も引かれたので合わせるとズシッ。
首を振らないので、もしやと期待すると、予想通り29cmちょいのお腹パンパンマコガレイ。

Aランクアイナメ+Aランクマコ。釣り開始してから一時間ほど。
あの雨の中の奮闘は何だったんや〜(T_T)


写真:ククレカレイ氏ブログよりコピー

しかし、驚いたのは、このマコガレイの食ってたもの(@_@)

針を外したら、カレイが吐き出したもの。
一瞬タイノエのような寄生虫かと思いましたが、裏返すとウミケムシでした。
カレイってウミケムシ食うの??(@_@)

ウミケムシの毛を取ったらエサに使えるのではないかと以前から思っていましたが、毛もしっかり残っており、全て入口側に倒れていました。カレイは刺されずに食う術を持っているのではないでしょうか?
これはつまり、虫エサにウミケムシが食ってしまっても外す必要はなく、そのまま置いてればカレイが食うと言う事では???
より確実に掛ける為には、極めて間隔の狭い孫針仕掛けの下針だけに虫エサを着け、ウミケムシが食うのを待つと、その内カレイが釣れる??
これか本当とすると、
エサ取りに強い夢のエサと言うことになります。
だれか試してみませんか?

夕方5時、日没になったので納竿としました。

あまりにアイナメの濃い釣り場だったので、次はそれなりの仕掛けを用意して根掛かり対策した上で再挑戦したくなる釣り場でした。


【釣行日 】2008/12/14
【時間  】0:00-10:40、14:30-17:00
【対象魚 】対象魚2尾長寸、延長戦はカレイ狙い
[ポイント]じゃのひれ、某漁港
[水深  ]不明
[気象状況]雨後晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス7号、ハリス4号他
[餌   ]ユムシ、タイムシ、マムシ、アオイソメ
[釣果  ]大会釣果:チャリコとキス、延長戦:
アイナメA2、マコガレイA1
[備考  ]
もし善意の大会やったら、ええとこ行く重量感。