2009年2月12,13日の紀ノ川


前回、キビレのランク2匹とバラシ2であった紀ノ川に再びチャレンジしました。
今回は、大きなボケとユムシを準備。
バラシの原因は針かもと、針はスピニングBからカレイ針とチヌ針に戻しての挑戦です。
エサ取りは相変わらず激しく、ボケが大きいため余計に切れ易い模様。
何とか一匹は確保しました。

その後ぱったりアタリがなく、つい車でウトウト。
二時過ぎにめが覚めて、一度竿の様子を見に行こうと釣り座に戻ると、突然一番右の竿がドラグを緩めているにも関わらず、大きく胴から曲がり、その後ドラグがジャーと鳴って、道糸が一色以上出て行きました。(@_@)
ドラグを緩めているので、深呼吸してから巻き始めます。グイグイ引きこむ強烈な泳ぎ。
今まで経験したことのない反応です。
そして、上がった魚がこれ。

何と50cmもある(@_@)マゴチでした。
これって夏の魚では???
何しろマゴチは10年くらい前に煙樹ヶ浜で23cmを一匹釣っただけで、狙ったこともなかったので全く期待もしておらず驚いた以外の言葉がありません。
しかも、いきなりのCランク。ユムシに食いついていました。
しかし、写真を見るとわかりますが、右の方スケールのピントが合いません。
これでは写真申請は無理なので、魚拓申請することに。
後で調べたら、カメラのピント調整機構が壊れていました。(T_T)
こんなものが釣れてしまったので、同じところにユムシを投入しましたが、その後は何の反応もなく、朝を迎えました。

【釣行日 】2009/2/12〜13
【時間  】20:30-7:00
【対象魚 】キビレ
[ポイント]和歌山市紀ノ川河口
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス7号、ハリス4号
      マゴチは、丸貝専用チヌ7号でハリス8号通し
[餌   ]ボケ、ユムシ
[釣果  ]キビレA1、マゴチC1
[備考  ]