2009年2月28日〜3月2日の東海ウロウロ


不景気で会社が引き続き月曜含め三連休です。

■2/28土曜日
静岡県浜岡にコトヒキの群れを求めて、猫オヤジさんと釣行。
ここは、西風の強い、寒い日で満月の大潮が良いとされていますが、あいにく暖かくて東風、しかも行ったら廃水口が片方停止。
なんのアタリもなく、早々に撤収。(T_T)
コトヒキと言う魚、群れで行動しているため、爆釣かボウズかと言うようなバクチ釣りです。
次回はあたるかなぁ・・・・
帰りに、後から合流された千葉サーフのNさんに余りエサ頂きました。

■3/1日曜日
浜岡から戻ったのが1時で、寝たのが2時。ゆっくり出発して、三重県紀北町の引本湾を目指します。
昨年のデータでは、この時期ここでマダイも大きなクロダイも出ています。
猫オヤジさんに教えて頂いたポイントに入ります。
昼間はキスでも来ないかなと、小針で投げてると、横でフカセのおじさんが、何度も大きな魚にハリスを飛ばされています。最後に、マダイ31cmをゲットしたのをタモ入れしてあげました。やっぱり釣れる!
おじさんは日没前に帰宅し、いよいよ本番。
砂地に投げると、御殿アナゴの入れ食い。アナゴのいなさそうなところに投げて待つこと数時間。
そろそろ満潮かなと思っていたら、突然近投の竿が曲がりドラグがジャー。窓を閉めた車の中までドラグ音が聞こえました。(^^)
合わせると強力な引き込み。てっきりマダイを期待して、浮かんだ魚は黒かった・・・・

もらい物の残りエサのマムシに来ました。やっぱり人の残りエサは良く釣れます。なぜかわかりませんが・・・・
針はスピニングB13号、ハリス4号で上がってからすぐ、ハリスがチモトから抜けました。(^_^;)
クロダイは、D、Cランクが終了しているので、47cmですが、Bランクとして申請します。
これで98号です。あとはマダイ2匹・・・・
と期待しましたが、パッタリアタリがとまり、明日の磯に備えて、早めに撤収。

■3月2日
久しぶりの磯です。
渡船の船頭さんに、まだ水温低いで〜と言われ、なぜこの時期にわざわざカワハギ狙いに来るのか不思議がられました。五月六月の方が良いと。
投げ釣りはその時期は狙い物が多く、敢えてみんな狙わないのだろうと思いますが、その時期に来ればもっと簡単に号数を伸ばせるのかも知れません。
水温17℃を越えると活性が上がって来るとのことで、今日の水温は17℃弱。昨日よりは良いとのこと。少し期待。
最初に竿を叩いた(PEラインの為大きなアタリでした)のは、小さめのホウボウ。
見ると、マムシについたウミケムシをマムシと一緒に食ってました。
昨年淡路島でウミケムシを食ったカレイを釣りましたが、ホウボウもウミケムシを食うようです。

次は、大アタリで、期待するも、先日の腰抜けと同じく巨大ヒガンフグ。(T_T)
三回目のアタリが、やっと来ました本命。

大物99号です。
あとひとつになり、本日中大台かと思われましたが、この後、後ろから吹き付ける風が非常に強くなり、花粉ガードマスクの隙間から風(に乗った花粉)が入ってきて、とうとう花粉症の発作が爆発。
釣りどころではなくなり、迎えの船が来る一時間前には撤収して迎えを待ってました。
かなりガードして挑んだのですが、隣の尾鷲はヒノキと魚の町、熊野も山がすぐそこにあり、磯では逃げ場もなく、とうとう今シーズンのスイッチが入ってしまいました。
六月頃までの長く苦しい花粉症生活の始まりです。(^_^;)

さて、今月は海外出張が3件もあり、釣行ペースは大幅に落ちそうです。

 三重県分
【釣行日 】2009/03/01〜02
【対象魚 】クロダイ、マダイ、カワハギ
[ポイント]紀北町引本湾、熊野市磯崎
[水深  ]引本は15mくらい、磯崎は30mくらい
[気象状況]晴れ
[水温  ]16.5℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けスピニングB13号モトス8号、ハリス4号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]3/1 クロダイC1、3/2 カワハギB1
[備考  ]あと一匹で大物100号!