2009年6月6〜7日の坂井杯


和田宮サーフさん主催の第四回坂井杯に参加させていただきました。

金曜日、釣友ククレカレイ氏と相談した結果、今回の釣行場所は、洲本市由良町の内田海岸に行くことに。
二人とも全く初めての釣り場です。
浅いものの、実績的にはマダイも期待できるとのこと。

大会は18時からですが、ククレカレイ氏の仕事終了を待って、夜7時頃出発。
入った場所は、T字形のブロック積み波止。さて、左右どちらに入るか・・・
Tsuchy:「どっちに行く?」
ククレカレイ氏:「選んでくれてええよ。」

さあ、これが問題です。過去、先に選ぶとロクなことがなく、責任回避?のためにお互い先には選びたくない心境・・
ちょっと間をおいて、
Tsuchy:「右にするわ」

しかし、右に行ってみると、海面に岩ではない大きな何かが見えます。
ちょうど邪魔になりそうな位置。
仕方なく、真ん中でセットアップ開始。
ところが、風が左から吹いてくるので、どう考えても左に入ったククレカレイ氏の糸フケの中に投げてしまいそう。夜釣りのお祭りは仲間内でも大変です。

障害物はあったものの、出しかけの道具を持って右端に移動。
仕掛けを用意していなかったので、針を結びながらゆっくり準備。
一本目を潮目の沖側に投入して、二本目の仕掛けを結び、投げようとした瞬間、一本目の竿がキュンと一瞬お辞儀。俊敏なアタリで、本命の期待。
上げてみると、いきなり27cmくらいのキスでした。(^^)v

右を選んで大正解。
ククレカレイ氏:「クハーッ、右かーっ(>_<)」

一投目に、こんなのが釣れたので、いきなり二人ともスイッチオン。
ところが、最初にそれが釣れた後は、おかずサイズがパラパラで、潮が止まってしまうと、ヒトデの入れ食い。ウミケムシよりはマシですが、エサはその度に全て交換しなければならないので、歓迎せざる外道。
潮を見ると、夜明け頃にジアイになりそうですが、アタリエサのタイムシの準備量がこのヒトデの山では、少々不安。

途中あちこちの情報を収集したククレカレイ氏から、どこもあんまり釣れてないから、優勝できるかもとおだてられますが、いつものこの時期、優勝ラインは29cmで、おそらくこれだと5位くらいじゃないかと返事。

夜中は、メインエサをチロリに変えて、ひたすら潮が動くのを待ちます。
結局、夜中はヒトデ以外のものは釣れず、ながーい時間のあと、ようやく夜が明け始めます。
腹ごしらえをして、遠近投げ分け、アタリを待っていると、夜が完全に明けた6時頃、エサ付けしていて、竿先でのアタリは見ませんでしたが、突然一本の竿のドラグがジャー。で釣れたのがこれ。

キスの天ぷらが食べたかったので、朝は入れ食いのはずと期待しましたが、結局朝釣れたのはこれだけで、天ぷらにするには少々大きく、今夜は塩焼きです。
ま、塩焼きも美味しいですし、ランク2匹は上出来でしょう。
他には間違って?タイムシで小さいカレイが釣れました。小さくても嬉しい外道。旬は7月だそうですが、まだ7月には釣ったことがありません。6月はこれが二回目。

大体初めての釣り場は、殆どボウズが多いので、今回はククレカレイ様様です。
ククレカレイ氏:「連れてきて、目の前で大物号数逆転するはずが、逆に離されるかぁ〜(>_<)」

8時過ぎにはアタリも完全になくなり、撤収開始。会場には検寸の一時間以上前に到着。
検寸が始まり、様子を聞くとやはりトップは29cm近くのが出ています。
かなり柔軟体操して(^_^;)、計っていただくと、26.8cm。やっぱり少し縮んでいます。

優勝は三年連続で神戸中央サーフのメンバーから出ました。さすがです。冠大会のご本人坂井さんが四位。
そろそろかと思っていると、やっぱりの5位でした。しかし、一桁台の成績には大満足です。滅多にあることではないので。
賞品で頂いたのは、神戸中央サーフのC谷さん作の細工の凝ったキス釣り用テンビンと私は飲めない(^_^;)発泡酒、それにいざなぎサーフさん寄贈のエサ光商品券でした。

ところが、ランクのキスが釣れずに凹んでいたククレ氏、ここからが実力発揮。
なんと三個だけ準備して順位を適当にバラまいたと言う、K山さん作の自作エサ箱を30位でゲット。この実力、釣りで出せんか〜。


【釣行日 】2009/6/6,7
【時間  】20:00-8:00
【対象魚 】キス
[ポイント]洲本市由良町内田
[水深  ]不明(とても浅い)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス8号、ハリス4号
[餌   ]タイムシ、チロリ
[釣果  ]キスA2他計6匹、マコガレイ23cm
[備考  ]