2009年7月24,5日の夜釣り大会


兵庫協会の夜釣り大会に参加した。
会社が夏休みなので、遠出して・・と考えていたが、検寸が朝8時〜。これでは遠くまで行くのは釣り時間がもったいない。朝のジアイを逃さず釣るには、会場から一時間以内で戻れるところが必須である。
最近ククレカレイ氏が足しげく通っている洲本のポイントは、足場が悪く、遠近両用メガネでは足元がぼやけるので危険かつ、前回トライしたところでは数時間で筋肉キンキンで疲れて手返しもおっくうになるので、私はパス。
WサーフK山さんを追っかけて、鳴門に向かうことにした。
鳴門の釣り場には大会開始一時間半前に到着。K山さんと開始を待つ。
よくある一回くの字に曲がった波止で、ポイントは先端と曲がり角付近と思われるが、先端は取り込みにテトラを降りなければならないので、雨60%の予報で即パス。K山さんは、すべり止めに自作の靴の上からはくわらじを着用。さらにステップの上り下り用に自作のハシゴ。今やすっかり有名になったエサ箱と言い、ほんと器用な人である。
先端にK山さん、曲がり角に私が入った。

徳島県鳴門市某波止にて、準備完了。
実際は空はもう少し暗かったですが、明るく写っています。
電池交換したばかりなのでライトか明るい。

竿先を何度も小刻みにゆらせるアタリで釣れたのはアナゴ。エサをくわえてバックで砂に潜る様がアタリでわかる。
結構良型。その後、釣っても釣ってもアナゴ、アナゴ・・・・ウミヘビ、アナゴ・・・
雨の予報でエサの付け替えが少なくて済むようにとユムシとホンコウジを用意したが、それがアダ?になり、良型アナゴのオンパレード(-_-;)
アナゴが釣れ難いはずのタイムシも全く効果なし。
0時頃にはエサの残量がレッドゾーンになり、エサ補充ついでにK山さんを残して移動決定。先端はアナゴはあまりおらずフグとキスだった模様。
キスの引き釣りで徳島に来ていた頃の記憶を頼りにエサ屋探し。高知に向かう55号線に入ったところでようやくエサ屋が開いていたのでチロリをゲット。
ナビゲーションに阿万をセットして、そこから東の海岸線伝いに洲本まで空いてるポイント探しのつもり。できれば避けたいが、ククレカレイ氏の入っている古茂江のテトラポイントはまだ空いているとのことで、どうしても足場の良いポイントがなければ、そこに入れてもらうつもりであった。
阿万に着くと、ポイントにはだれもおらず、拍子抜け。
早速竿を4本出し、潮が込んで来るのを待つ。3時頃が干潮で、夜明けとともに絶対釣れると信じていた。タイムシを使い果たし、チロリを使い始めたのが丁度夜が白みだす頃。一本の竿にあたりが鋭く出て糸フケ。本命の予感・・・・

徳島市内を走り回り、ようやくゲットしたチロリに来ました。

アナゴを散々釣り疲れ果てたご褒美?(^^;)
本日の大会は、キスの二匹長寸なので、このサイズをもう一匹釣るとかなり良い線行くが、ここまでアナゴ釣りに終始し、ピンギスも持っていない。引き釣りすればピンギスはいつでも釣れるので、時間ギリギリまで置き竿で粘る。
しかし、明るくなると激しいエサ取りの猛攻で、結局二匹目はピンギスを確保する羽目に。
ま、審査票提出できるし、号数もひとつ進んだので、良しとしましょう。
キスは、大小二匹だけで、おかずにもどうしようもないと思っていたが、会場でククレカレイ氏に良型チャリコを3匹もらったので、何とか焼き物にはできそうである。

【釣行日 】2009/7/26
【時間  】3:00-7:00
【対象魚 】キス、チヌ
[ポイント]南あわじ市阿万
[水深  ]不明
[気象状況]曇り時々雨
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 425CX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス8号、ハリス4号
[餌   ]タイムシ、チロリ
[釣果  ]キスA1、ピンギス1
[備考  ]チロリに来ました。