2010年7月17日の西伊豆某所


海の日の三連休、今年は家族で西伊豆に出かけることにした。
家族と一緒では自由に釣りは出来ないので、金曜夜に出発、沼津市の某所を目指す。
ここに決めたのは、ヨメゴチの目撃情報がインターネットに載っていたからで、釣り場としてではなく、ダイビングスポットとして有名な場所である。
ここ数年、ネズッポ類の魚拓提出は激減しているとのことで、釣れたらビッグニュース?
釣れるかどうかわからないが、わくわくする。

釣り場には夜中の0時頃付き、ちょうど上がるルアーマンがいたので、投げ釣りはどこでやれそうか聞く。
左右に波止が出ているとのことから、右の波止を選択。
さて、アタリかハズレか・・・・

開始一時間後、いきなりのドラグ音。チロリを付けた竿だ。
キスを期待したが、ガンガン暴れる。これはキスではない。それほど大きくはなさそう。何の魚かな??

綺麗な真鯛、30cm。
ランクギリギリ(^_^;)

気を良くして、明日使う予定であったタイムシを投入。
時々ドラグが鳴るが、乗らない。本命(夜中はキス狙いのつもり)もやはりいるのか?
しばらくして、タイムシの竿にチョンチョン、チョンチョンと小当たり。大型の前アタリかも知れないので、そーっと竿を取る。何かがついている。巻こうとドラグに手を掛けた瞬間、ジャー。
合わせると、ドカーン。(^^)

青森に続き、期待はしていなかったですが、Bランク真鯛
強烈な締め込みでした。
真鯛は、PEよりナイロンの方がいいかも。

二匹とも同じような方向・距離で釣れたので、どうやらそこが真鯛ポイントだ。
再び、新鮮なタイムシを投入してアタリを待つ。
何度かドラグが鳴るが、チャリコクラスが釣れた以外は、やはり乗らない。
しかし、暫くして、今度はジャーが長かった。

ギリギリ30cm。
しかし、アタリは大きかった。

このあと直ぐに夜が明け始め、エサ取りが急増。
ヨメゴチが釣れないかと、チロリで引き釣りを試みるも、キタマクラと種類不明の小型の赤い魚だけ。
ダイバーの車が増え始めたこともあり、午後からは家族サービスもしなければならないので早めに撤収。

惜しいチャリコを含め合計4匹。
こんな釣り中々出来ませんでした。
西伊豆から見た富士山。
夏は日差しが強いと入道雲が発生するため、朝の方が見やすい?

尚、釣ったマダイは一番大きいものだけ、宿で塩釜にしてもらった。ほんのりした甘みが塩で引き立てられ、何ともいえない美味しさだった。いつもは釣った魚は人にあげるかリリースなので、大満足(^^)

塩釜になった、Bランク真鯛。
ここの宿で用意していたお造りは、その色合いと言い、尻尾のスレ方と言い完璧な養殖マダイであるが、他の宿泊客のテーブルには無いマダイの塩釜、しかも天然物(^^)

おまけ1

宿近くの漁協の直売所に寄ったところ、水槽の中にこんな魚が泳いでいた。

これはタカノハダイ。
大物対象ではないが、特別大物対象で25魚種対象。
これを釣る場所は、和歌山か高知と思っていたが、伊豆でも釣れるのか。いつか釣りたい魚の1つだ。

おまけ2
2日目、土肥からフェリーに乗り、清水市へ移動。
三保の松原近くに宿を取った。秋口にはマゴチの釣れるポイントだ。

羽衣の松付近から見た富士山。

夕食後、時期は違うが一応サンマの切り身で狙って見たが、ウミヘビ以外は釣れず(^_^;)


【釣行日 】2010/07/17
【時間  】0:00-7:00
【対象魚 】ヨメゴチ、キス
[ポイント]静岡県沼津市
[水深  ]不明(15mくらい)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス8号、ハリス5号
[餌   ]タイムシ、チロリ
[釣果  ]
マダイA2、B1、チャリコ1
[備考  ]