2010年10月26〜28日の渡波


組合からの「幹部が休まないから、一般社員が休みが取り辛い」との指摘か、はたまた次回リストラ対象者の洗い出しか(@_@;)、幹部社員全員交代で五連休を取るようにとのお達し。
当然釣りだろうとのことで、潮を眺めて、仕事との折り合いがつきそうなところを探し、10月25日の週を休暇にして、中〜小潮で攻めやすそうな渡波を選択。
あまり釣れなかったが、善意の釣り大会の疲れが残る体に、リポDで気合いを入れて出発。
25日の夕方に石巻に入った。
26日、三時に起きて渡波の鉄板ポイントに入る。私が行くのを待っていたかのような冬型の気圧配置に震えつつ、セットアップ。
最初に、寸タラのマゴチ37cmが来たあと、夜が明けるころ、一本だけ投げていたイワシの竿のドラグが鳴った。
実は、以前にここに来た時にイシガレイの魚食性に関して地元の人から聞いていたのと、茨城でもヒラメ狙いの外道でイワシでシイガレイが釣れると聞いていたので、イワシを用意していた。淡路島は由良産の塩イワシの冷凍である。
合わせると、ガツーン。そして強烈な泳ぎ。
上がったのはこいつ。

  マゴチ53cm 

期待のイシガレイではないが、当然号数は一つ進んで幸先良いスタート。
実は、イワシで全サの対象魚を釣ったのは、恥ずかしながらこれが初めて(^_^;)
以前に、生のキビナゴでエソを釣ったことはあるが・・・
しかし、その後は、期待の座布団イシガレイはおろか、小型のカレイさえも釣れず、激しいエサ取りにユムシを激しく消耗。
釣りにならない下げ潮の時間帯は竿を上げていたがそれでもかなりの消費。
初日は、まあこんなもんかと日没頃に納竿。翌日は狙いの中心をマゴチに変えるべく、冷凍イワシを大量仕入れ。塩を振って寝かせておいた。
明日に備えて、9時には就寝。

二日目
三時に起きて、再び鉄板ポイントへ。
前日の状況から主な狙いをマゴチに変更。イワシ中心、ユムシを少なくした。
狙い通り、朝一番にイワシでマゴチ。

  ちょっと小さ目Aランク。但し、アタリは強烈だった。 

しかし、夜が明けると相変わらずの強烈エサ取り。
海に手をつけると、お湯のように暖かい。一体何度あるんだろうか?(木枯らしで冷えた手なので余計に暖かく感じる)
午後、横で一人で釣りに来た地元のおばさんが、「この魚何かわかります?」と言って持ってきた魚を見てビックリ(@_@;)
なんと、キューセンベラのペアである。まさか、宮城県でお目にかかるとは・・・
この魚は、瀬戸内海とか大阪湾とか、四国、九州など南の魚で・・と説明し食べ方も教えてあげたが、「見たことない」とのことで、やはり今年は異常に海水温が高いせいで、こんな魚も釣れるのだろう。もしかしてエサ取りの正体は地元と同じ十円玉クラスのカワハギ??
途中、先端に入っていたRキャスターズのK氏に状況を聞きに行くと、昨日はAランクのイシガレイが釣れたが、今日はそれもさっぱりとのことであった。
しかし、夕方近くになり、エサ取りが少しはマシになってきた頃、51cmのイシガレイが来たとのことで、遠路神戸から石巻まで車で来たかいがあったようだ。
私の方は、やっぱり今日もイシガレイの気配もなく、ユムシの残量も心配になってきた。
日没となり、諦めて片づけ始めた時に、自宅から電話。娘の他愛ない話に調子を合わせて、少し長くしゃべった。
そして真っ暗になったので、電話を切って残り三本の内一本を片づけていると、一本の竿がガシャーンと三脚の上で跳ねた!!
慌てて、明後日の方向を向いてしまった竿を手に取り合わせると、ズシーン。巻き上げに掛かると泳ぎからマゴチであることはすぐに分かった。

  マゴチ55cm 

期待のイシガレイは釣れなかったが、これでランク三匹目。号数も三つ進んだ。カレイは残りDランク一匹なので、号数稼ぎにはこっちの方が良い。
前日のCランクマゴチは何と広島から車で釣りに来ていた人に差し上げたが、これは持って帰って食べることに。(朝のは写真撮ってリリース)
このマゴチ、イワシでなくてユムシに来た。

三日目
今日は、最終日で前日にイシガレイDランクが出たこともあり、ユムシオンリーでポイントも先端に変更。
しかし、前日までと打って変わって、エサ取りがいない。全く何の反応もない。三日続く寒波で若干水温が下がったかも。魚は前日より水温が下がると絶対温度とは関係なく活性が落ちる。相変わらず手を入れるとお湯みたいだったが、相対的には下がったのかも。
これはチャンスかもと、打ち返しを続けるが、天気予報では午後から雨のはずが、なんと8時には雨が降り始めた。
その時点で再度天気予報を確認すると降水確率100%(-_-;)
それ後出しジャンケンやで〜
先端まで約一キロ歩いてしまっているので、今から帰ってもズブ濡れ間違いなし。
どうせ濡れるならと、二時間くらいがんばったが、全くエサがかじられもしなくなり、潮もピタリと止まったまんま。
ついに10時でギブアップ。
濡れたウエアと釣り具をレンタカーの暖房を最高に設定して、走りながら乾かし、何とか手荷物で預けられる状態に回復。
残りのDランクは、マコガレイで埋めるとしよう。(^_^;)



【釣行日 】2010/10/26〜28
【時間  】4:00-17:00(10:00)
【対象魚 】イシガレイ、マゴチ
[ポイント]石巻市渡波
[水深  ]不明(10mはない)
[気象状況]くもり→雨
[水温  ]?℃(かなり高い)
[潮   ]中潮
[水況  ]やや濁りあり
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作孫針仕掛け カレイ針13号 モトス8号、ハリス8号
[餌   ]イワシ、ユムシ
[釣果  ]マゴチA1、C2
[備考  ]マゴチはマゴチ鍋になりました。プリプリして旨かった(^^)