2011年2月26日の常磐某沖堤


実は、前日に久々釣りの為に休暇を取って、某所で夜釣りを目論んだが、急激な天候変化で空気の状態が不安定になり、竿を振ると左手と竿の間で火花が・・・
仕事柄、感電は極度に怖く、早々に撤収。

前夜、風があまりに強かったので、心配していたが、起きたら風は弱まっていた。
渡船の乗船手続きに行くと、千葉サーフのSさんと遭遇。
別の渡船が強風で出なくなったとのことで、五人で来ておられた。

Sさんたちは、最初のところで五人降りられたが、私はいつもの場所へ。
カレイとアイナメ、両方Dランクが狙えるところだが、今日は潮が悪い。さて、どういう結果になるか・・

ここは遠投が良かったと記憶しているので、青イソメを少な目につけて遠投で攻める。
しかし、反応はない。
初めて当たったのは、食べ頃のアナゴ。

二時間もすると、手返しも飽きてきた。
ふと、後ろを見ると、水鳥がじっとしている。なぜここに張り付いているのか不思議だったので、見ていると、落ちた青イソメをつついていた。
良く見ると、自分の後ろには、青イソメが飛び散っていて、切れたのではなく、針から飛んでいた。

錘を置いて、投げていたので外れてしまったのだろう。
道理で、竿先が揺れもしないのに、時々針だけになって帰ってくるわけだ(^_^;)

錘をおいての遠投はやめて、ぶら下げ投法に変更。

しかし、それでも釣れたのは、ドンコとアナゴだけ。
ドンコは25cmくらいだったが、試しに、鳥に投げて見ると、パクリと一飲み。

結構大型の水鳥。名前は知らない(^_^;)

青イソメよりは、お腹にたまって、満足したのか、それでいなくなった。
25cmのドンコが一飲みできるとなると、Aランクのアイナメなどは、寸法測るために地面においてると持っていかれるかも。
さすがにカレイは飲めないだろうが。

反応もないので、横で釣りしてた人に様子を聞きに行くが、まったくダメとのこと。
ここに通い始めて一年以上になるが、大会のとき以外で投げ釣りをやっている人を同行者以外に初めて見た。
なんとも広い釣り場だが、本当にみなさん防波堤の際狙いのような釣りばっかりで、投げている人はいない。勿体ない・・・
後で、横の人がやってきて、東京協会の人であったことが判明。来週参加予定の大会のことなどお話しているうちに昼。

昼食後、釣り座を内向きに変更。アイナメ狙いだ。

しかし、やっぱり反応はなく、今日も納竿際かなとしばらくウトウト。
一時間くらいたっても、ヒトデがついた以外のところはエサはそのまんま。

15時が過ぎ、片づけ始めた。
三本目の竿を片づけようと手に取ると、ゴゴン。
やっぱり今日も納竿際だった。(^_^;)

前回、船を待たせてしまったので、渡船を上がってから写真を撮った。
魚は、Sさんが引き取ってくださった。



【釣行日 】2011/02/26
【時間  】6:30-15:30
【対象魚 】カレイ・アイナメ
[ポイント]常磐某沖堤
[水深  ]不明(25m前後)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作仕掛け カレイ針15号 モトス フロロ8号、ハリス ケプラート6号
[餌   ]アオイソメ
[釣果  ]
アイナメA1
[備考  ]