2011年3月5〜6日の


東京協会さん主催のオープンカレイ投げ釣り大会に参加させていただきました。
この大会、5日の17時から、6日の16時までと言う長丁場。夜釣り+昼間のカレイ狙い。
東京Fサーフのあずさ2号さんに誘われて、夜釣りのカレイ狙い+沖堤防カレイ狙いと言う、本賞ガッチリ狙いコース。

前日、夜釣りポイントに行くと、タッチの差で先客が二人。さすがにこの人数では無理と、後から来られたあずさ2号さんは別のところに転進。
私が投げたかった方向に地元の人二人が投げているので、諦めて別の場所へ。
しかし、入った場所は強烈根掛かりゾーンで、多人数の夜釣りでお祭りはしても大トラブルにならないようにと準備したナイロン道糸がアダとなり、錘を数発飛ばされて意気消沈。そこでは、小さいアイナメ二しか釣ることはできませんでした。
しかし、地元の人二人が帰ったので、東京FサーフのOさんに手伝って頂いて、引っ越し。
しかし、反応がない・・
そうこうする内、風が出てきて、強烈な寒さに。
翌日のボイントにはかなり距離があるのと、夜9時頃からは、暖かいラーメンしか頭に浮かばなくなり、10時半でギブアップ。
Iさん、Oさんを残してお先に撤収。

暖かいラーメンで回復したあと、翌日のポイントに向かい、日付が変わる頃に到着。
仮眠して、五時に起きました。
Iさんに昨日の結果を聞くと、「粘って良かったです。40オーバーの一荷釣りと38が来ました(^^)」。
ゲゲーッ(@_@;)
根性無しには、神様は微笑みません。(>_<)


気を取り直し、今日に賭けるための早上がりと、気合いを入れなおします。
今日は大会なので、さずがに沖堤防は投げ釣り師が多く、10数名。常磐で一つの防波堤に、こんなに全日本サーフの人が集まっている光景は、殆ど見られません。
入ろうと思っていたポイントは、階段の左。
しかし、船長の「昨日は階段の右が良く、左は全くダメだった」の言葉で、階段の右に行くことに。
朝は苦手の下げ潮。それでも大会なので、確率が低かろうと、攻めるしかありません。
私の右に入っておられたCサーフのYさんが私の周辺では最初に釣られました。
続いて、私が船長の言葉を聞く前に入ろうと思っていた場所に、入られたIさんが、強烈な一匹。

デカ(@_@;)!
47cmくらい。
やっぱりそこだったか(>_<) 

その時が時合いだったのか、アチコチで竿が曲がり、次々とカレイが上がり始めました。
そして、私の竿にも待望の一匹が。
しかし、巻き上げ感は軽く、Aランクの抵抗。無造作に抜き上げました。

思わず、「クソー、小さ〜(>_<)」 
このサイズ、初めて地元の明石で釣った10年ちょっと前は、膝がガクガク、心臓バクバクだったんですが・・・

その後もアチコチでポツポツ釣れ続けます。
次は私かと、期待しますが、潮が中々上げて来ません。
Iさんは、その後も良型を二枚追加され、周辺ではあきらかに竿頭と呼んでいい釣りっぷり。もしや優勝??
私も最後まで粘りましたが、今日は、納竿際には来ませんでした。
12時の船で上がって、検寸会場である川崎市の浮島に向かいます。
二時間強かかると思っていましたが、二時間弱で到着。

会場では、NIFTYのパソコン通信の時代(全日本サーフ入会前)にお相手いただいたことのあるDoppoさん(東京Fサーフ会長)に初めてお会いしました。
東京Fサーフさんは例会も兼ねておられたので、検寸の様子を見せていただきましが、やはりIさんの釣果はダントツ。

Iさんのクーラー。
30リットルのクーラーに、C2枚、B3枚、A1枚。
Aと言っても、魚拓ならBかも知れないサイズ。
これくらい釣れば、30リットルクーラーも本望でしょう。
私も30リットルクーラーを持っていますが、その真価はまだ発揮されていません(^_^;)

16時になり、検寸が始まります。
やはり、Iさんのがダントツで続いて、Oさん。
Oさんは前日は同じ場所で竿を出しておられましたが、今日は離れた場所で、しっかりCランクゲットされてました。さすが280号に迫ろうと言う方です。

検寸風景。
38名参加とのことでした。
関東では最大規模の投げ釣り大会でしょう。
伊豆サーフさんが準備されたと言う、静岡産紅ほっぺ。
大粒のおいしそうなイチゴ。
これが、「ストロベリーカップ」のネーミングの所以ですね。

表彰式がはじまりました。やはり優勝はIさんでした。優勝魚を釣り場で目撃できたのは、優勝には近かったと、無理矢理のプラス思考(^_^;)

一位
Iさん
東京協会長のMさんから賞品授与。
二位
Oさん
三位は、先週某ポイントでお会いした、Sさん。
関東の投げ釣り師のみなさんの名前もボチボチ覚えてきました。

私の釣ったのは、どうやらベストテンには入っていたようで、ほどなく名前を呼ばれ、賞品をいただきました。(^^)

せっかくのストロベリーカップなんで、「静岡産 紅ほっぺ」を頂きました。
一人で食べきれないので、小さい方の箱にしましたが、大粒なので、たぶん一日では食べられないでしょう。

釣り小物よりもやはりイチゴが人気で、みなさん釣り小物よりもイチゴを選択されていました。

帰り、浮島から練馬まで、高速は7割くらいの区間が渋滞で、結局着くのが二時間強。常磐よりも時間が掛かります。
折角なので、即日イチゴは頂きました。

粒が大きいために、適切な食器は、ラーメン鉢しかありませんでした。(^_^;)
12個入りですが、やっぱり一回は6個くらいが限度です。

食べてみたところ、イチゴ自体の甘みと酸味が絶妙のバランスで、コンデンスミルクは不要でした。
東京協会方針で、オープン大会は続けるとのことでしたので、是非今後ともこのような「美味しい」オープン大会を開催されることを期待したいと思います。(^^)


【釣行日 】2011/03/06
【時間  】6:30-11:40
【対象魚 】マコガレイ
[ポイント]常磐某沖堤防
[水深  ]不明
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、「カレイも二倍釣れる仕掛け」、針カレイ15号
[餌   ]アオイソメ
[釣果  ]マコガレイ38.3cm(大会公式記録)・・・食ったのは、フロロハリスの枝針でした
[備考  ]