2011年7月14日の西伊豆


尿管結石の検査のため、休暇を頂いたので、午後から西伊豆に向かった。
当日は、夏にしては珍しく富士山が良く見えた。

釣り場に到着すると、平日なのに先客が一人。
波止の先端の左右にアジの生餌でイカ狙い。
ちょっと厚かましいかなと思ったが、狙いのマダイが釣れるのはピンポイントなので、全日本サーフの手帳を見せて事情を説明し、無理やりお願いして、夜には真ん中を空けていただくことに。
この釣り場、マダイ狙いの時は、竿は一本で十分だ。例えば三本投げても当たるのはいつも真ん中の一本。
昼間は、オナガテンコチ(ヨメゴチ)が釣れないかと、富士山向きに投げる。

しかし、こちらはトラギスが入れ食い。殆ど着底と同時に食ってくる。
一時間も打ち返すと、すっかり疲れ果て、早めにエサをユムシに変更。
日没からマダイポイントを狙い始める。
イカのアタリが全くなかったこともあってか、真ん中を快く空けて頂けたので、アタリを待つ。
予定の?夜8時前、私は竿先を見ていなかったが、ジジッと音がした。
おじいさん「今、真ん中のオレンジのライトの竿、あたったよ(^^)」
聞き合わせてみると、魚がついている感触。
糸がそんなに出て行かなかったので、小型?と思いつつ、合わせるとドーン。
上がってきたのは、35cmのマダイであった。

おじいさん「本当にあなたの言った通り、真ん中の竿でしたね(@_@)」
おじいさん「本当にマダイが釣れるとは(@_@)」
と、関心しきり。
Tsuchy「いやぁ、サイズがまだまだです(^_^;)」
その後、すぐに打ち返し。と言うのも、釣れたのは潮が動き始めた時であり、ジアイと思ったから。
時間をそれほど置かずに、今度はドラグが「ジャー」とかなり道糸が出て行った。
二回目のドラグ音を聞いてから合わせ、マダイ30cm。

二匹は食べられないので、おじいさんに場所を空けてもらったお礼に差し上げた。
イカが釣れていなかったこともあり、とても喜んでもらえた。(^^)
その後、ドラグがなったものの乗らず。
潮が止まるとあたりがなくなったので、一旦仮眠。
夜明けが満潮なので、四時頃に起きて狙ったが、ドラグは一回激しく出ていったものの残念乗らず。(>_<)
日が昇る頃には、合宿?の高校生がいっぱい来てイカを狙いだしたのと、一気に気温が上がってきたので、早めに納竿。
次回はもう少し大きな針がいるかな?
当日は、丸貝チヌ7号であった。


【釣行日 】2011/07/14
【時間  】15:00-23:00
【対象魚 】マダイ
[ポイント]静岡県沼津市
[水深  ]不明(15m程度)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作仕掛け モトス・ハリス8号、丸貝チヌ7号
[餌   ]ユムシ
[釣果  ]
マダイA2
[備考  ]