2011年9月23〜25日の室蘭


ホームページの更新が長らく途絶えておりました。
今月前半は米国・ブラジルへの出張やら帰省してのアジ釣りなど忙しくしておりまして・・・

言い訳はこれくらいにして、久しぶりに気合いを入れての北海道遠征。
去年は、九月は確か鹿児島に行って、残暑でへばってしまいました。今年も鹿児島を計画していたものの、台風で延期。
月末は、北海道なら九月でも大型カレイが狙えるだろうと、北海道二泊三日の旅。
目指すは、前回ショートタイムで後ろ髪ひかれる思いの室蘭。東京からは二時間弱で、鹿児島に行くのも変わりません。

白鳥大橋たもとの道の駅で。
初日は最初はものすごくいい天気。

この近くにある屋台村で、室蘭名物「やきとり」丼を昼飯に食べて、準備完了。
室蘭の「やきとり」は、なぜか豚のバラ肉です。
ネギと交互に串に刺してあり、塩かタレで頂くと言う、全く作り方は焼き鳥ですが、豚肉。
焼き鳥だと思わなければ美味しくいただけます。

初日は、前回と同じ崎守埠頭の港内狙い。
しかし、前回とは全く異なり、何の反応も無し。夕方から天気急変の予報通り、西から雷雲が近づき始め、太い稲妻が見え始めるまでさして時間はかかりませんでした。
這う這うの体で、退散。
釣り場めぐりをしてから、もう一つの室蘭名物、「カレーラーメン」を頂きに。

室蘭では、旭川の醤油、札幌の味噌、函館の塩に続く第四の味として、街興しでカレーラメンが名物となっています。
最初に入ったお店のカレーラーメンは、スープと言うより、カレールーを掛けた感じで、自分にはいまいちでした。
翌日別の店で食べてみたら、スープが多めでルーが薄く、私にはそちらの方が旨かった。
室蘭カレーラーメンの会には、24店舗が加盟していますが、店によりかなり異なる仕様です。

初日は、何の成果もなく、ホテルで爆睡。
翌日はポイントを変えて、挑みます。ある方から教えて頂いた場所。前日に下見をしていました。
夜明け前に到着したら、釣り場にはだれもいませんでした。
竿を順次セットして、アタリを待ちます。
小さいソイが良く釣れます。ソイは室蘭の市の魚になっており、たくさん養殖されているとのこと。
正面に投げた竿がモゾモゾっと動きます。何度も動くので、またソイの子供かと思いきや・・

クロガシラ32cm。
アオイソメの房掛けに来ました。
水深は20m近くありそうで、根掛かり多く、大物が潜んでそうな底。

その後、今度は突然に右の竿が引っ手繰られるようなアタリで横に持って行かれました。ドラグはやや締め気味だったので、ジッと一回鳴っただけ。
しかし、合われるとスカッ。ハリスが見事にブチ切られていました。何やったんやろ???(@_@;)
10時を過ぎると、アタリは全く無くなったので、潮が動き出すと思われる夕方まで休憩。
三時半頃から再開しました。

予想では、16時から17時の間に釣れるだろうと考えていましたが、釣れたのは17時20分頃。潮時グラフよりも実際の潮の動きは少し遅かった模様。
隣の人に、別の竿の道糸をひっかけられてお祭りの処理をしている間に釣れてしまったので、アタリ見られず(^_^;)

クロガシラ43cm。
地元の人の話では、まだ時期が早いとのこと。
最初に釣った方の話がすぐに伝わって、次々と地元の人が見に来て色々教えてくれました。
次回攻めるポイントもバッチリです。
しかし、北海道の人は親切です。どこどこから、こっちに向けて何メートルと、ポイント情報を懇切丁寧に教えて頂きました。地元では考えられないことです。
(松茸山と同じく、大型カレイのポイントは秘匿がふつうですが・・)

でもなんか、クロガシラに賭ける情熱が、ここの人たちはとても熱そうです(^^)
裏側。
まぎれもなく、クロガシラ。
しかし、ここはタカノハガレイと言う60cmになるカレイの稚魚を放流しているはず。
クロガシラでもタカノハガレイでもいいから50オーバー釣りたい・・
自己記録のキヒトデ。
40オーバーは初めてと思います(^_^;)。
型もさることながら、数も半端ではありません。
釣ったヒトデのごく一部。
このあたりでは、肥料にするために、釣り人が上げたヒトデを専門に集めているおじさんがいます。
従って、これはおじさんがごっそり朝の分を持って帰った以降に釣れた分。
上の写真のヒトデが真ん中やや左上のヤツ。数もアベレージサイズも大きいことがわかって頂けたでしょうか?(^_^;)
腕パンパン。

その後、ドラグを鳴らすアタリで、25cmくらいのクロガシラと、おなじくらいのソイを追加。
完全に暗くなってからはソイの小さいのしかあたらなくなったので、撤収。

翌日、釣り場を再び崎守埠頭に戻します。前回来た時は、朝アタリが集中したので。

しかし、前回とは異なり、アイナメも釣れません。何のアタリも無いので、周囲を見ていると・・・・

私の釣ったヒトデを水たまりの水で洗ってから食べるカモメ。
この後、一気飲みして、首のところで引っかかり、首が五角形になってました。(^○^)
思わず声を出して笑ってしまいました。(笑い過ぎて写真撮れず)

しかし、生まれ変わっても、カモメにはなりたくないですね。あんなもん食べたくない(^_^;)

結局、湾奥はまだこの時期は早すぎて、カレイは中には入っていませんでした。
奥に入ってくるのは、やはり10月以降でしょう。


■釣れた日のデータ
【釣行日 】2011/9/24
【時間  】4:30-19:00
【対象魚 】クロガシラ
[ポイント]北海道室蘭市某所
[水深  ]不明(20m近く)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス8号、ハリス5号
[餌   ]アオイソメ
[釣果  ]
クロガシラB1、A1、寸たら1、他にソイ幼魚多数
[備考  ]エラコも準備しましたが、ヒトデには人気でしたが、魚にはいまいち。ソイの大型にはいいそうです。