2011年10月1,2日の内之浦


この時期、過去にクラブのフグ名人師匠が鹿児島でコトヒキのいい目をしているので、浜岡原発の運転再開目途もなく、近場では釣れないコトヒキを狙いに内之浦に行きました。

天気が心配でしたが、秋晴れ。
着陸時に飛行機の窓から見えた桜島。
飛行機に何回も乗ってると、自然と席は通路側を指定するようになるものですが、国内線はポイントが見たいために、窓側に座るようにしています。
前方なら、通路でも窓でも降りる時間はそんなに変わらないし。

現地には昼ごろに着きました。
狙いのコトヒキは大波止が良いとのことで、大波止にあがります。
勝負は夕方からなので、ゆっくり準備。
波止の上には、地元のおじいさんが一人だけ。
おじいさんが、クエの子供(それでも40cmくらいありました)を釣ったのを見て、二時過ぎから竿二本で開始。
しかし、落とし込み釣りにしている竿のエサはアタリもなくあっと言う間になくなりますが、投げた方の竿のエサは残ったまんま。
船が近いので、飛距離抑え目。
夕方になり、少し船の往来が減ってきたので、遠投開始。
すると、釣れる釣れる。面白いように?コトヒキが釣れ始めました。
しかし、サイズが全部20cm前後。
ひとしきり、コトヒキが釣れると、今度は、ヘダイにチャリコ、エソにキス、そして全く要らないゴンズイのダブル・・・

釣っても、釣っても全部このサイズ。
一時入れ食い状態。

判で押したように、20cmくらいの多様な魚種が釣れてくれます。忙しいことこの上なし。
しかし、それも潮が止まるとアタリが止まりました。
再び潮が動くのは満潮からの下げかと、待ちます。
すると、突然、
ドラグがジャー(@_@;)
もう一度ジャーと鳴り、竿が横を向いてしまいました。
合わせると乗りました。強烈な泳ぎ。ドキドキしてきます。
強烈な引きをかわしながら、慎重に巻き上げ。
いよいよ魚体が見えました。大型マダイか大型コトヒキか、はたまたサメか???

はえ(?_?)

なんと長もの。
しかし、アナゴとかウミヘビではなさそう。とにかく太い。
抜き上げを試みますが、とても上がりません。
糸を持って上げようとしますが、暴れたら手を切りそうです。
仕方なく、買ってからいまだ使っていなかった、タモで掬いました。ここで使いたく無かった・・・(>_<)
揚がった魚は、全長1m50cmはあろうかと言うハモ。タチウオに例えるなら、幅が指五本級(@_@;)
(フグ名人師匠、間違いなくダイナンウミヘビやなくてハモでしたよ(^^))

力が抜けてしまい、写真を撮るのを忘れたので、ネットで拾ったハモの写真。
間違いなくこの顔でした。下あごの鋭い歯に仕掛けがグルグル巻きになっていました。
参考写真:ダイナンウミヘビの頭部。似て非なるもの。
実は、以前に内之浦で釣ったこともあります。2m近かった(^_^;)

単身赴任先に戻るのでなければ、絶対に持って帰ってましたが、残念リリース。
そのあと、結石の痛みが出始めたのと、潮が止まってアタリがなくなったので、撤収。
フグ名人師匠のおすすめに従って、翌朝は砂浜で勝負することにして、一旦仮眠。

翌朝、砂浜で勝負開始。暗くて、昨年の全キスに入った場所が良くわかりませんが、恐らくこのあたりと、感で場所を決めました。
こちらは、チャリコの入れ食いでスタート。たまに、ヘダイが混ざりますが、サイズが昨夜の波止で釣れたのとおんなじ。
しかし、左に投げた竿が突然お辞儀してからジャー。

上がってきたのは、クロダイ(マチヌ)の33cm。
Aランクは終わっているので、特別大物で申請。
どうせなら、まだ釣ったことのないヘダイのランクものが良かった・・

直後、同じ竿で、ドラグが鳴り、キスのAランク。
この砂浜に、全キスで二回入りましたが、ランク物のキスを釣ることが出来ていませんでした。

内之浦の砂浜で初めて釣ったランク物のキス。

内之浦の砂浜でのキス釣りがちょっとトラウマになっていたので、これで来年は釣れるでしょう。
釣れてしまえば、なんで?と言う感じ。釣れた場所にはそれなりに理由はありましたが・・・

最後にもう一度大きなアタリがありましたが、残念ブイに引っかかりラインブレーク。
ひょっとして、狙いの大型コトヒキだったんでは・・・・・・・(T_T)

日が昇ると、釣れてもツバメコノシロになってきたので、撤収。
結果は出ませんでしたが、やはり色々と事件の起きる釣り場です。


■釣れた日のデータ
【釣行日 】2011/10/2
【時間  】4:00-7:30
【対象魚 】コトヒキ
[ポイント]鹿児島県内之浦の砂浜
[水深  ]不明(浅い)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス8号、ハリス5号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]クロダイA1、キスA1
[備考  ]身エサも試しましたが、小さいワタリガニが沸いており、三分持ちませんでした。