2011年11月12,13日の常磐


■11/12
久しぶりに、Wish291氏と、茨城の大洗港沖堤防に釣行。
殆どの人が、青物とか、ヒラメをルアーで狙っている中、我々は兵庫協会のカレイ魚拓大会のために、虫エサ、一部身エサを投げていると言う、奇異な存在。
激烈なエサ取りで、虫エサは秒殺。身エサも、秒殺。明石の二見人工島北水路級と言えば、分かる人にはわかるだろう。
エサ取りの正体も二見と同じ、ショウサイフグ。
そんな中でも、Wish291氏マコ36〜7くらいのをゲット。あの激烈エサ取りの中では大金星だ。

この周辺には我々だけ。

私はと言うと、身エサで強烈にデカイ、Dランク?のマダ○をゲット
暫くしてから、同型を虫エサでゲット。

二匹とも、ものすごく大きな吸盤でした。
スーパーで売ってる、「インド洋産」並み。(^_^;)

これで、マダ○のDランク終了だ(^_^;)。
○の中が、「イ」だったら良かったが、残念ながら「コ」(^o^;)
どちらも2kgはあろうかと言う、巨大なものだった。タコ釣りを真剣にやった時でもあんなサイズは釣ったことがなく、タモ入れしてもらってようやく上がった。
明日に備え、私は早めに撤収。
青イソメを補充して、身エサもたっぷり用意して、小名浜のいわき健康センターで充電し、早めに就寝。

■11/13
震災前に、三業者あった沖堤への渡船。
小国丸だけが沖堤への渡船を再開していることが、小国丸のブログでわかったので、アイナメDランクを期待して、沖堤に渡った。
渡船は盛況で、一番船では乗り切れず、二番船も出した模様。
私は、多くの人が降りた大大西8番で降りた。
最初二時間は、魚拓大会のためにカレイ狙い。しかし、ヒトデとシャコしか釣れず。
早々にカレイ狙いは諦めて、アイナメのポイントに移動。
すると、移動直後にアイナメのランクを三本続けて入れ食い。

一番上のは、抱卵している模様。
一番下のは、27cmくらいのと一荷釣りで上がってきた。
一瞬Dランクかと期待してしまった。
全て深く針を飲み込んでいなかったので、写真を撮ってリリースした。

ヒットの延長がホームランとDランクを期待して打ち返したが、そこでピタリとアタリが止まった。
次にアタリがあちったのは、丁度昼飯を食べようとしていた時。
箸をもって、まさに食べようとしている時にアタリがあったため、反応が遅れた。結局根に潜られ、ブチッ(>_<)。
30分後、もう一度アタリがあったが、やはり潜られて終わり。
アタリを見ていない方が取れる確率が高い??

エサはまだ残っていたが、夕方どうしてもの用事があり、13:00の船で上がった。

小名浜港は、震災当日、津波が漁港のT字波止に押し寄せる様子がテレビに映し出され、良く知っている場所だっただけに大変ショックを受けたが、水族館も再開し、液状化した漁港の修復工事も始まっており、徐々に復興してきている。
行きつけだった、上州屋小名浜店と釣侍がどちらも閉店なのは、震災の直接被害ではなく、釣り客の激減が原因だろう。
渡船三業者のうち、営業していない2業者の船も、岸壁に係留されており、運行していないのは船が流されたからではない。
早く元の活気を取り戻して欲しいと願うばかりである。