2012年3月3日の小名浜


昨年、東京協会のオープンカレイ釣り大会に参加させていただき、その次の木曜日が大地震。
あれから一年近くになります。

この週末、今年の東京協会のオープンカレイ釣り大会にエントリーをお願いしていましたが、金曜日になって、日曜日が仕事と決定(T_T)。
でもどうしても今週こそは釣りがしたいので、土曜日朝から東京FサーフのOGAさんと小名浜沖堤に渡りました。

潮が若潮であることと、前夜雪が降っていたことなどから、風評被害以上に釣り人は少なく、船に乗ったのは僅かに3人。
ポイントに入り、開始直後、いきなりOGAさんがアイナメゲット。
そしてすぐあと、竿を大きく曲げています。
見ると大きなソイ(@_@)

網で掬わないと上がらない大きさですが、私は網を車に忘れてしまい、OGAさんは、まだ網を組み立てていない状況。
慌てて、網を組み立てて、私が掬いました。

実寸で47くらいあり、魚拓なら50かと言うような巨大なソイ。
仕掛けを落ち着かせている途中に食ってきたとのこと。

※背景秘匿のため、周囲モザイクしています。

これを見た私は、最初に出していた方がウネリで二本とも根掛かりで仕掛けが切れたこともあり、すぐに釣り座を変更。
あたりは頻繁にありますが、潜られてしまうのと、ドンコが多いので、効率の悪い釣りになってしまいました。
それでも、アイナメのAランクを4本取ることはできました。OGAさんはB筆頭に7本くらい上げておられたようです。さすが。

私の釣果

ぜーんぶAランク。
大型はどこに行ったかな??(^_^;)

■事件
OGAさんは魚をストリンガーにつけておられましたが、その紐を括っていたクーラーがいきなり引きずられ始めました。
ぐいぐい引き込むので紐を引っ張り何とか外すことができましたが、直後再び水面近くでひっぱられ出し、何かいると言うので見に行くと、大きな水ダコ(@_@;)
タモで掬えるかもと言うことで、私がやってみると掬えました。デカイ!!
最後のランディングのところで、タモを水平にしてしまい先の所でボキッと折れてしまいました(>_<)。

■教訓
@ストリンガーに魚を掛けておくと、タコに狙われます!
A重いものを掬った時は必ずタモは下に向けて持ちましょう。


【釣行日 】2012/3/3
【時間  】7:00-13:00
【対象魚 】アイナメ
[ポイント]小名浜沖堤
[水深  ]深い
[気象状況]晴れ(強風)
[水温  ]?℃
[潮   ]若潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸PE5号、自作仕掛け 丸貝専用チヌ6号、モトス・ハリス8号
[餌   ]アオイソメ、岩イソメ
[釣果  ]
アイナメA4、寸たら3、ドンコ多数
[備考  ]共栄丸釣具と、共栄丸の渡船も再開した模様です。