2012年8月16,17日の水島


全日本キスで鹿児島で爆死して以来、梅雨だし、梅雨明け以降は猛暑、それに転勤かもと言う状態になり、釣りから遠ざかっておりました。
8/11、13時間掛かって東京から神戸に移動。翌日は車検。13日から三日間田舎に帰省し、16日にようやく釣りに行くことが出来ました。
今年のお盆は絶対に岡山でイシモチとかなり前から決めており、当初は下見もしてあった牛窓に行く予定。
しかし、エサを買う時に、神戸T魂会のひげ会長に聞いたら、「イシモチやったら、やっぱり水島やろう」とアドバイス頂き、行き先を急遽変更。
しかし、渡船も釣り場も全くわからず、近場なのに釣りを殆どしたことがないので、ポイントガイドも持っていません。
諸先輩に色々と電話、メールで教えて頂き、ようやく渡船乗り場に着いたのは、出船ギリギリの時間。
即準備して、船に乗り、船長にどこに行きたいかと聞かれて、「わからないので、どこかイシモチの釣れるとこに降ろして下さい」と答える始末(^_^;)
結局、一人で通しは危険なこともあり、最後に同じ船に乗ってこられた初対面の神戸T魂会の方にお願いして、ついていくことに。
いつまでやるかと聞かれたので、「みなさんと一緒で良いです」と答えたところ、全員通し(@_@;)
中には小学生の子連れの全サ会員さんもおられましたが、その方も通し。
半夜のつもりだったので、通しだと、エサと飲み物が不足かも・・・

夕闇迫る瀬戸大橋
テジカメが電池切れで、携帯のカメラのため、画像が荒くてピントもイマイチです。
釣り座
幅80cmくらいの防波堤の上の段に何とか三脚を置いて釣り座が確保出来ました。
狭い為、遠投は無理(怖い)
左に写っているのは、有名な下水島です。
下から投げる場合は、梯子が必要です。釣り場にあった木製の梯子は壊れていました。

トビエイが団体さんで泳いでおり、竿を飛ばされる危険性の大きい釣り場です。

エサの量が心配だったので、ゆっくり準備して日没と同時に、戦闘開始。
潮は強烈な上げ潮で、投げると同時に防波堤に張り付く勢い。
で、期待のユムシに釣れたのは、良型アナゴ。
その後、釣っても釣っても、ぜーんぶアナゴ。外道で最後のクロダイBランクを期待してましたが不発。
ユムシに釣れるのは型が大きく、チロリに釣れるのは小ぶり。
潮が潮時よりも一時間近く早く下げ始め、今度は逆に張り付く状態になってから、隣の人とお祭りしながらも何とかコイチの、魚拓ならAランクと言う微妙なサイズをゲット。
周囲で上がっていたキスも釣れることはなく、本当にアナゴばっかり釣っていたので、ホッとしました。

エサの残量が心配だったので、一時過ぎには、下の段に降りて一旦仮眠。
四時から再開して塩焼きサイズのキスを二匹だけ釣りました。
初めての釣り場は基本的に苦手で、釣果は上がりませんが、今回はそれに加えて、自分の飲み物やエサも不足と言う完全な準備不足も祟りました。
次回(来年?)はもう少し準備を整えてチャレンジしたいです。
横に入れて頂き、色々ご教示頂きました神戸T魂会のHさん、ありがとうございましたm(__)m


【釣行日 】2012/8/16,17
【時間  】18:00-5:30
【対象魚 】イシモチ
[ポイント]岡山県倉敷市水島川崎通り
[水深  ]不明(流されて着底は遅かったが、実質は7〜8mと思われる)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン4号、自作仕掛けカレイ針13号モトス8号、ハリス4号
[餌   ]チロリ
[釣果  ]
イシモチ(コイチ)A1
[備考  ]