2012年12月1日の富津


土曜日。
先ずは、洗濯をしなとどこにも行けません。単身赴任生活も板付き。
全自動洗濯機が入ったはいいが、一気に洗濯すると干す場所が不足。結局こまめにやった方がいいような。

前置きはさておき、12月に入ると、浅場に乗っ込みで寄ってくるスズキを富津で狙う季節です。
生憎の強風波浪注意報ですが、富津の公園の釣り場はベランダがあり、足場は良いし、風さえがまんすれば、むしろ荒れ気味の方が良く釣れます。
現地につくと、いつもと異なり右、すなわち、やや東寄りの風。
植え込みのところに釣り座を構え、風を防ぎながらスタート。
いきなりドラグがジャ〜と鳴り始めましたが、巻き始めてすぐエイだとわかりました。
フグの猛攻でハリスはボロボロ、髪の毛のような緑色の海藻が多く、極めて釣り辛い。
時合いは満潮からの下げで7〜8時と読んで、5時半頃飯を食ってる途中に、いきなり一本の竿がピクッ。
聞き合わせると、明らかに魚がついてます。
エラ洗いを楽しんで、強引に抜き上げたのがこれ。

スズキ66cm。
71cmまでは抜いた実績がありますが、その時のより体高が高く、ドキドキものでした。

人間が飯を食いたいとき=時合いだったのね(^_^;)

ちゃんと置かないとCランクにならないので、4〜5枚写真を撮り直しました。これで、久しぶりに号数UP。スズキはあと、C1匹、B3匹です。
すぐ手返しすれば良かったのですが、飯食ってる途中だし、とにかく写真も撮って、飯食ってから手返し。
その後、セイゴクラスがポツポツ釣れ始め、近投していた竿を手に取ると、何やら魚がついてる様子。
ドラグを締めてさあ巻き上げ・・・ようとした瞬間、グイッと竿を持っていかれました。
超近投だったため、ナイロンラインの伸びが足りませんでした。「ブチッ」と音がして、高切れ。力糸の結節部分の力糸側が切れていました。手応えは明らかにスズキ、しかも高切れするようなサイズ・・・・(>_<)

その後、45cmくらいまでのセイゴは釣れるものの、ランクは結局これ一匹。高切れがなければ・・・・
エサ取りが激しく、次回は対策が必要です。


【釣行日 】2012/12/01
【時間  】15:30-21:00
【対象魚 】スズキ
[ポイント]千葉県富津市新富
[水深  ]超浅い
[気象状況]くもり後晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、モトス・ハリス8号フロロ、オーナー丸貝専用チヌ7号
[餌   ]赤イソメ(マムシ)+青イソメミックス掛け
[釣果  ]
スズキC1
[備考  ]