2013年のGW


ゴールデンウィークの釣行をまとめてUPです。

■4/27 三重県の磯
三月の鹿児島イルカウォッチング以来、転勤のドタバタでしばらく釣りを休んでおりました。
GWに入り、神戸に帰る前に、紀東の磯から釣りに復帰です。
以前三重県にいた時は、誘ってもあんまり乗り気でなかった釣友ククレカレイ氏が、私が東京にいる間に磯に目覚めたらしく、久々ククレカレイ氏との漫才釣行となりました。
途中、紀伊長島のサークルKに寄ったら、なんと冷凍エサを売ってます。さすが三重県!コンビニで釣り餌が買える。
はまいちの冷凍イワシを二パック買って、いつも車に積んである塩で締めつつ集合場所の熊野パーキングに向かいます。
ほぼ同じ時間に出発し、私は三時間、ククレ氏は四時間強で熊野パーキングに到着。
三時半に起床して、渡船乗り場に到着。連休初日のためか客は少なく、我々と磯釣りが二人の合計四人だけ。
ポイントに到着して、私が西寄り、ククレ氏が東寄りに釣り座を構えました。
いつも多数の客の最後に降ろされるのと、いつもは来るのが冬で出船時間が遅いため、竿を出すのは7時ころですが、今日は四時半出船で最初に降ろしてもらったので五時から竿を出しました。
しかし、結局釣れたのは7時頃。
最初にターゲットのカワハギを釣ったのはククレ氏。いい型ですが、わずかにランクには足りない感じ。
続いて、私。カワハギ特有のしゃくるような引きがなく、あがるまでカワハギとはわかりませんでしたが、お腹がペッタンコのカワハギが釣れました。

27cm近くあり、これでカワハギAランク終了! (^^)
残りは、B一匹、C二匹、D二匹です。
朝のジアイはそれで終了。数が出ません。
イワシを投げてみたら、ドラグを鳴らして釣れたのは、大き目の方々(ホウボウ)。おいしいらしいですが、家では熱帯魚扱いなのでリリース。
八時過ぎに、弁当が届きましたので、さっそく食べようと開けてビックリ。

いつもみりん干しが入っていますが、今日は驚愕のイセエビ入りです(@_@)
出荷できない小型サイズを弁当に回したみたいですが、豪華〜

最初、マダイを期待してユムシを投げていたククレ氏、フグにすぐやられるので、私が買ってきたイワシに買えて投げてました。
すると、ドラグがジャ〜。
血相を変えて巻き上げ始めるククレ氏。
「あっ、これはウツボや(>_<)」
しかし、水中で茶色の影を見た瞬間、
「いや、ヒッ、ヒラメや〜(@_@)」
で、上がってきたのはこれ。

確かにウマそうなエンガワ、いやヒレ・・(~_~;)
何事もなかったかのように打ち返しを続けるククレ氏

その後は下げ一本調子で、まったく釣れません。
ここはいつも上げ潮でしか釣れません。
途中で私の竿のドラグが一回なりましたが、ククレ氏の「間違いなくカワハギのあたりやった、首賭けてもええ(^◇^)」という言葉とは裏腹に、上がってきたのは二匹目のホウボウ。即リリース。
次にジアイが訪れたのは、ちょうど昼頃。

魚拓なら余裕のAランクと思います。
美味しく食べたいので、墨は塗りません。

直後ククレ氏にもカワハギが来ましたが、小型。「なんでや〜(>_<)」と悔しがるククレ氏。
待ちに待った上げ潮と打ち返しを続けますが、超近投の竿に来たのはこれでした。

良型のガシラかと思いましたが、よく見ると、頭のあたりがヒゲが多くて違います。危うくオコゼと気付かず、つかむところでした。
電話で確認したフグ名人師匠の指示通り、背びれをハサミで切って、お持ち帰りです。カラアゲにしよ(^^)

本日の釣果はこれで打ち止め。
納得の行かない?ククレ氏は帰らずそのまま引本にマダイを狙いに行きました。

後日談
@その後、引本に転進した同氏ですが、さすがのGW、良い場所は全て先客ありで、ポイント確保に苦労したそうです。
Aオコゼですが、姿のままカラアゲにしたところ、超美味!奪い合いでした。こんどから、釣り場にはキッチンバサミ持参しよ(^^)


■5/2紀ノ川河口
本来は、この日は娘の参観日で、翌日から帰省と釣りが出来る日ではなかったはずでしたが、娘が風邪(微熱)で学校を休んだため、帰省も取りやめとなり、暇なお父さんは、釣りに行くことができました。
15時には釣り場に入り、ゆっくり一時間くらいかけて、竿を四本出しました。
昼間はそれほどではなかったですが、夜は日本の上空に寒気が流れ込んでいるせいで、まるで冬のような寒さでした。
防寒着を着ていてちょうどいい感じ。
河口ですので、上げ潮にならないと釣れませんが、小潮だったので、なかなか上げて来ませんでした。
それまでは、全くエサも取られません。
エサが取られ始めたのと、川下の一人置いてさらに下の人がBランクのキビレを釣ったのでジアイかもと、遠投したらこちらもキビレが釣れました。でもAランク(>_<)

これの40オーバーが釣りたかったのですが・・

遠投の方がいいみたいなので、錘を置いて久しぶりに遠投。
すると、ドラグがジィ〜〜とまるでエイのアタリのように鳴りました。
巻き上げ中にも大きくしめ込み、姿を見るまではてっきりエイだと思っていました。
しかし、網を持って待ち構えてくれていた隣の人が「スズキや!」

もしかして、魚拓だったらCいけたかも。
でも、河口の魚は臭いから食べないので、写真撮ってリリースです。

久しぶりに、スズキで号数が進みました(^^)
上げ潮が止まると、あたりがなくなったので、次のジアイは夜明けの上げ潮。
寒いのと、ランク二匹で納得したので、大量に余ったマムシは隣の人に差し上げて、12時前には撤収ました。