2013年7月20,21日の夜釣り大会


東京から三重県に転勤になり、終了時間、開催場所によっては兵庫協会の大会に参加できることになりました。
夜釣り大会は、朝8時〜8時半が検寸なので、参加できます。
先ずはエサ屋。
タイムシ、コウジは全く入らないと聞いていましたが、たまたまタイムシがあったので、\2000分と、チロリを\2000分購入。
タイムシが買えたので、外道でマダイも期待できる淡路島南部に向かうことに。
キスは、Bランク3匹、Cランク2匹、Dランク2匹と空きがあります。
C以上はかなり難しいですが、Bなら実際に淡路島で釣ったこともありますので、がんばるつもり。

向かったポイントは阿万。
西側の波止に入ろうかと思っていましたが、既に海水浴シーズンであったため、空いてた東側の波止に入りました。
先日来、変形性頸椎症の診断で、左手人差し指と親指の先端に痺れがあり、エサ付けがやり辛い状態です。
仕方なく中指と親指でエサを持って付けました。
痺れが出ている人差し指に万が一針が刺さっても、わからないので。

16:00スタートなので、まだ青空で日差しも強い頃からスタート。
竿は4本まで出して良いことになっているので、準備はしましたが、エサ取りが多いので、実際にエサをつけて投げているのは実は右二本のみ。
※この写真はスマホのカメラで撮ったものです。

明るい内は、イソベラの猛攻で閉口しました。
キスも良型が混じりますが、数は圧倒的にイソベラ。

日没後の残照。
こういう風景を眺めながら投げ釣りするたけで気分がスカッとします。

日が落ちると、イソベラの猛攻が収まり、竿を四本に増やして、さあこれからと期待するも、キスのアタリも止まりました。
たまーに釣れると、ピンギス。
干潮が23時頃なので、上げ潮まで待ちましたが、あたりは無く、睡魔に勝てず一旦仮眠。
二時過ぎには起きてしまい、再開。
しかし、タイムシが終わり、チロリに変えるとあたりもなく速攻でエサがありません。
竿数は二本に減らして、細々夜明けを待ちます。
この釣り場、確か夜が明けてからの方が良かったと思うので、ジアイにエサ切れでは話になりません。
そして夜が明けた後の五時過ぎ、突然アタリが出始めました。全て20cm以上の良型。完全に時合いです。
竿二本でも忙しいこと。
六時前、ドラグが
ジャ〜〜〜〜と鳴りました。昔、竿を飛ばされてサーフリーダーとパワーエアロ97が犠牲になったのと全く同じポイント。
ここに来始めた駆け出しだった頃と違い、今ではドラグを緩めるのが一連動作として身についているので、竿を飛ばされることはありません。
充分待ってから、エイっと合わせたら、スカッ。
(T_T)
大型キスだったのか、はたまたマダイだったのか・・・・・
獲れないところがまだまだアマチュアです。ドラグは締め気味で尻手ロープを付けた方が良かったみたい。

それが打ち止めの合図か、ぴったりアタリが止まりました。
ここから検寸場である明石の砂置き場に戻るには、一時間半見ておく方が安全です。
六時過ぎには仕舞い始め、最後の竿についてはピンギスはリリースして、撤収。

検寸場では懐かしい顔のみなさんがたくさん来られてました。
さすがに兵庫協会の大会は盛況です。
検寸には、本賞はキス二匹の提出が必要。一番大きいのを選んで二匹持って行きました。
総匹数も聞かれたので、適当に12匹と申告しましたが、後で数えたら袋には13匹入ってました。最後一匹リリースしたので、釣れたのは14匹。
引き釣りで釣れるものよりはサイズは大きかったので、結構な重量でした。
他魚では、Dランクのマゴチや、Dランクのイシモチなど出ており、とても羨ましかったです。

成績発表では、Bランクに近いAランクのキスを二匹揃えられた方が優勝でした。
入賞するには、二匹で48cm台後半が必要でした。私は46cm台後半なので、あと2cm足りません。やはり一匹はランクを釣っておかなければ。
最後のドラグが鳴ったヤツ、仕留めておけば・・・・(>_<)

ラッキー賞も当たらず。昔はクジ運も良かったのですが、久しぶりの大会復帰はなにごとも無く終了。
また、行ける大物大会には行きたいと思います。


【釣行日 】2013/07/20,21
【時間  】16:00-6:00
【対象魚 】キス
[ポイント]阿万
[水深  ]不明(超浅い)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛け 三越うなぎ13号、枝 カレイ13号、モトス8号、ハリス6号ケプラート。
[餌   ]タイムシ、チロリ
[釣果  ]キス 23.6cm筆頭 14匹
[備考  ]