2014年8月23,24日の鹿児島


昨年から、今年の三月頃に掛けて、海外出張が多く、マイルがたまっています。
気が付くと、九月に期限が切れるものが一万マイル強あり、今月か来月にはどうしても使わないといけません。
潮と、釣りになる時間を見て、鹿児島行を予約したのが、一か月以上前の事。
その頃、この夏が、こんなにも天候不順とは考えもしなかったです。
日程が迫るにつれ、天候が不安。
普通の雨は耐えられますが、局地的集中豪雨とか、雷はいけません。
この土日、九州北部〜北海道の広い範囲で、集中豪雨でしたが、鹿児島県は、雨雲の動きの予想を見ても何とかやれそうなので、予定通り鹿児島に向かいました。
今回、このために買ったと言っても良い、バズーカ型ロッドケースを初めて使いました。
空港の移動は、こんな感じです。

普通のロッドケースを預けると、万が一破損の承諾書にサインを求められることがありますが、このロッドケースでは全くそれはありませんでした。
遠征向きのロッドケースです。
竿六本、玉の柄、三脚二台、サーフイチロー一本をゴチャっと突っ込んで乗せましたが、特に破損もなく。
ただ、そこまで入れるとかなり重いので、ストラップが細すぎるのと、やはりバランスが悪くて、持ち重りします。
バランスと細いストラップの対策が必要です。

さて、この時期、釣りたいものと言えば、シマイサギ。
内之浦に向かいます。
砂浜で夜釣りを始めますが、北の空では雷が光っています。太い稲妻が何度も見えました。しかし、不思議と音は聞こえませんし、内之浦の上空は星も天の川も見えるくらいでした。しかし、耐えられなかったのは、虫。
後ろが林の為に、蚊だけでなく、様々な虫が、ヘッドライトの光によってきます。
雨は降っていないとは言う物の、空気はベタベタの湿気たっぷりの空気に、虫の攻撃。
結局、ウミヘビと小型のエイしか釣ることは出来ず、早めに撤収。
翌日は、夜明け前からマダイが狙いたいので、錦江湾のポイントに転進。距離はかなりあります。
12時過ぎに現地到着。とりあえず場所だけ確保して仮眠。
四時に起きて、順次投入。
右に流れると思っていた潮がなぜか左に流れます。
ひとしきり左に流れて、止まったなと思ったところで、プロサーフ(小野小町)が、ジャ〜。
てっきり本命と思いきや・・・・

クロダイ(キチヌ)のBランクでした。
2000年10月24日に、キビレのAランクを神鋼ケーソンで釣って以来、14年。
やっとクロダイのランク終了です。
最後一匹Bランクが残ってからは、狙いに行ってもAランクばっかり。
その後、全く同じポイントでAランクを追加。

八時前になると、日が差して来て、暑さに耐えられず、撤収しました。

【釣行日 】2014/8/24
【時間  】4:30-8:00
【対象魚 】マダイ
[ポイント]鹿児島市南栄
[水深  ]不明(10mくらい)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、PAフリーゲンTD
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛け 丸貝専用チヌ7号 モトス、ハリス8号
[餌   ]ユムシ
[釣果  ]
クロダイB1A1
[備考  ]